2016年05月01日

川島ってば、やるじゃんか!

前から時間があったら是非とも訪れたい場所があった。

「鷹や」「遠山記念館」

せっかくですから…歩いて行ってみましょう。

続きを読む
posted by lantur at 12:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 先人の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

「秩父34」−5 再び!

土曜日は所用で出撃不可という事で、日曜はまたもや散歩の旅なのだ。
今回は、秩父34の中でも最長を誇る区間を改めて歩いてみる。
何故か?…ふふ、漢のロマンだよ…な訳ではなく、この区間、実は江戸古道と呼ばれる旧道が数ルートあり、贄川宿から小鹿野に向かう区間は、前回贄川上郷の阿弥陀寺を回って贄川対岸を渡ったルートを通ったが、今回は贄川宿側からのアプローチを取って、違った景色を楽しもうと思う。

続きを読む
posted by lantur at 11:14| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

行くぜ東北2016春−二日目

さて、桜たっぷりの初日でしたが、今日も春を堪能します。

続きを読む
posted by lantur at 14:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 飽食紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

行くぜ東北2016春−初日

今年も東北へ…今回は車で福島の会津地方を巡ってみた。(ダラダラ長いよww)

続きを読む
posted by lantur at 14:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 飽食紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

「秩父34」−0

さて、秩父札所巡りをする上で、秩父市が作成した江戸古道MAPというとても為になる資料があります。
そもそも秩父札所巡りは江戸時代からの観音信仰の高まりから始まったとされているようで、当然人口の多い江戸からの巡礼者が圧倒的に多かった事でしょうし、その為のルートもその当時…
■@現在の17号→140号で秩父に入るルート
■A川越(河越)から安戸(東秩父)→粥新田峠経由で秩父に入るルート
■B吾野→正丸峠→横瀬から秩父に入るルート
の3ルートが主流で、特にAルートである河越→粥新田峠経由が人気だったようです。と、いう事でここを制覇してしまうべ…という今回。
ここを経由せずに結願はあり得んだろ?と言う事で、東秩父と札所1番の四萬部寺を結んでみました。

続きを読む
posted by lantur at 11:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

桜巡り小径オフ

お久しぶりの小径に跨がって、春の風物詩「桜巡り」に行ってきた。

P4031568

続きを読む
posted by lantur at 11:53| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 折り畳み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

「秩父34」−6

秩父34−5からの続きとなります。

続きを読む
posted by lantur at 14:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

「秩父34」−5

秩父34−4の続きとなります。

続きを読む
posted by lantur at 14:33| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

LSベルハンマー

最近、自転車ケミカル系を色々試して、ある程度コレってモノに出会った訳で…
でも、モニター的に頂いた物を粗末にする訳にはいきませんので、ナンバーワンからランク外まで、少しずつ使っておりました。

で、この度…また、怪しい製品を入手…

スズキ機工(株)さんという工業用機械の製作会社さんなんですが…
工業機械と言えば、摩擦の低減は必須科目、まぁ摩擦による摩耗なんて百害あって一利なし。
それを低減させる潤滑は大事な役目です。

で…コレなんですが…

KIMG0547

LSベルハンマー
平たく言えば、潤滑オイルに区分されるこの商品…

何だかアレに似ていない?って思ったのは、私だけではないハズ…

しかし、アレは潤滑油独特の香りがします。
こっちは全く無臭…に近い。
ひょっとすると、塗布しているか全く分からないくらい香りがしなし、しかも粘りというか粘性も低いのが、サラサラです。

マジに性能あんの?って疑心暗鬼になったりして…
まぁ、本家のサイトにはデモ動画もあったりして、更に怪しい…
怪しすぎる…

デモ動画っては、不都合乗せませんから。
普通の潤滑油って何ですか?
普通ってまさかCRC5-56じゃないでしょうね?
アレ…ケロシン(灯油みたいなものですな)って書いてありますから…油ちゃぁ油ですけど。
アレに潤滑性能期待したらダメでしょ?

まぁね、使ってみて、ウダウダと言えよ!って事ですな。

で、解体号…ロードより悪路走破しますので、チェーンのメンテはとても大事です。
今まで、muonだったり、グレサージュだったり、はたまた魅惑のナスカルブだったりを取っ替え引き替え使ってみました。

基本的に、高耐久の極圧潤滑剤というのは、総じて耐久性・耐水性が高く、少量でもその性能を維持できる性能があるので、少量塗布・浸透させて、殆どを拭き取ってしまう事で、埃・泥を寄せ付けず、実に良い性能を維持できる事が上げられます。

さて、こいつはどうでしょう?


まず、チェーンを取り外して、恒例の脱脂を行います。
チェーンを取り外し、瓶入り灯油に一晩放置…既に2年越しの劣化灯油ですが、大丈夫でしょう…はは。
次に、パーツクリーナー漬けして放置…乾燥。
一コマ一コマ丁重にオイルを吹いて…最後に全体にあっさり吹いて…
ウエスで余分な油を拭き取って完了!

KIMG0548

使った感じは、サラサラ感がmuonに近い気がします。
muonも臭いが殆ど無いですので、よく似ています。
ナスカルブと比べてもサラサラ度は上回っています。

で、どうなの?って思うでしょ?

結果的には、がっつりと音がしなくなって、とても快適…しかも、表面にあったオイルの殆どを拭き取ってしまったので、埃が付かずに表面はとてもクリーン。
なかなかよろしい。

少し放置してからノーメンテで乗ったり、降雨等の時に乗って洗い落とすような条件で乗って、比べてみたいと思います。

muonは、ドライの日には良いのですが、雨の日にはすっかりと消えて無くなって、キコキコという感じになっちゃいますから… 楽しみですわ。

posted by lantur at 14:08| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

「秩父34」−4

posted by lantur at 11:09| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする