2017年02月19日

行くぜ東北2017-豪雪地帯縦走編

さて、帰路はどうする?

そんな会話の結論が出たのは、宿に入る寸前だった。

6:00只見線に乗る。5:40ロビー集合。

意味する所は、6:00の列車乗るよ〜一応集合はココに5:40だけど、来ないと放置だよ〜ん。

そう、FL旅団は単独行の複数形なのだ。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

続きを読む
posted by lantur at 14:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

行くぜ東北!2015冬 Day-3

鉄分満載の年末旅行も、今日は帰還日…
東北線と違って、上越線は国境を越えるのが本当に難しいのだ。
良い接続の列車は昼間には僅かに2便…
無事に関東へ辿り着くのだ。

続きを読む
posted by lantur at 14:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

行くぜ東北!2015冬 Day-2

さて、初日に山寺を堪能した。
今日は山形のローカルを堪能しちまうべ…って感じか?

tohoku (112)

続きを読む
posted by lantur at 14:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

行くぜ東北!2015冬 Day-1

例年の東北をしゃぶり尽くす旅。
今回は山形〜新潟を楽しもうと思う。

tohoku (120)

続きを読む
posted by lantur at 14:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

超低速スノータートル

hokuhoku1 (79)

新潟には上越・妻有地方を結ぶ、ほくほく線という地方鉄道がある。
急峻な地形の豪雪地帯を結ぶ故に、自然に山岳随道が多く、在来線最速を誇る高速鉄道だ。

そんなほくほく線に、とにかくゆっくり走って楽しんでもらうべ…というイベントが開催されるとの話、早速応募して無事に参加することができた。

続きを読む
posted by lantur at 14:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

近所の気になる鉄道車両

私は鉄ヲタではございませんし、乗り鉄でも、撮り鉄でもありません。
物心ついた頃から、10m先に現在のJRだったり秩鉄だったりの線路があって、無人の遮断機の無い踏切があったりして、歩くのもままならない頃から、行方不明になると、線路脇に座って、通り過ぎる車両を見るのが好きだったようです。
そんな頃から鉄道が身に染みついていたんでしょうね。
無骨な昭和の車両に心動かされます。

PA170231PA170232

秩鉄のデキ
格好いいだろぉ〜?
昔のカラーリングと違って、松尾カラーになりましたが、コレはコレで良い!

PA170234PA170237PA170238PA170239PA170245

昭和を引っ張る牽引車であるデキ。
今も、セメント工場に原料を運ぶ仕事を担っている。
哀愁感じるぜよ。

PA170257

して、八高線のキハ

PA170279PA170296

荒川の鉄橋を渡ると、急勾配区間。
エンジン全開で白煙を上げながら、加速していきます。
う〜かっちょええ…

とお子様状態ですわ。 ははは。

posted by lantur at 13:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

秩父往還(みたいな所)を辿ってみる。

P8300223

熊谷から遠く甲斐の国まで続く国道140号。またの名を秩父往還道
この道は、古くからの往来の道として多くの人が利用してきた。
現在、車社会の台頭で、多くの人馬が往来していた痕跡や道そのものが違うルートに変更されていたりで、昔を偲ぶ事が難しくなってきているが、道端にあるお地蔵様や馬頭様、そして多くの寺社仏閣は、主に昔の往来のあった道端にあったのだそうだ。

小雨確定のこの日曜日。
そうだ、そんな道を辿ってみよう。
雨でも、レインウェアを羽織れば大丈夫だし、ギブアップしても鉄道がある。

そんな事で、車を秩父にデポして、秩父鉄道の終点「三峰口」に降り立った。

続きを読む
posted by lantur at 13:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

避暑をするなら奥福島−後編

014P8150186

さて、避暑を楽しんだ後は、帰途につきます。
どんなルートで帰りましょうか。

続きを読む
posted by lantur at 14:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

避暑をするなら奥福島−前編

003P8130315

お盆前の数週間、熱波を通り越して連日35℃を突破。
文字通り、現場のオッサン達は身を削ってお仕事に邁進していた訳です。
朝体重を量って、飲んだ飲料の合計とゴクゴクと飲み干したビールの重量を足しても、数キロ足りない過酷さ…まぁ、夜中に戻しますけどねww

そういう事で、お盆休みですが…この界隈に居ては、全く身体が休まりません。
ですので、避暑地へ行こうではありませんか。

そこで、候補にあがったのは、あの只見線でお馴染みの奥只見・奥会津
こりゃ、楽しまねばなりませぬ。

続きを読む
posted by lantur at 11:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

愛しの八高線

都心近郊で見られる非電化路線である八高線
歴史は東上線の方が古いんですけどね。
結局、上州まで繋がったのは、八高線でした。
交通機関として、重要な地位を占めていた時代と違って、乗車客の減少と共に、ダイヤが徐々に寂しくなって行った訳ですが、いつまでもその勇姿を見せて欲しいものです。

最近では、モーター駆動の気動車も徐々に投入されてきていますが、私的にはディーゼル機関が絞り出す湧くような力強さはモーター駆動気動車には無いなぁ

なので、現有キハ万歳なのです。

続きを読む
posted by lantur at 12:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

迦葉山弥勒寺の御開帳を有り難く拝んでみる。

迦葉山弥勒寺さんでは、今年10年ぶりに4月28日(火)〜5月28日(木)の期間、中峯堂奥殿の厨子が開かれ、普段は立ち入ることのできない本殿に入り、「お天狗様」を拝ませて頂けるとか…
このお寺…高尾山薬王院や鞍馬寺などと並ぶ、日本三大天狗寺なのだとか。
巨大な天狗の面が多数あり、見所満載の群馬の観光スポット、迦葉山を体験してみる。

P4290175

続きを読む
posted by lantur at 14:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

噂の深夜バスに乗ってストーブにスルメの旅

P3211541

昨年夏に訪れた津軽鉄道
アテンダントさんの誘惑『冬のストーブ列車に是非!』
この言葉は非常に魅力だった。
今年の冬も終盤を迎え、ストーブ列車は3月末までの営業だそうな。
ここは一つ…と思いたいが、青森までの道は遠く…そして高い…ww
そう、そうそうホイホイと訪れるには遙か遠い地なのだ。

何か良い方法はないだろうか…
ふと目にした過酷を絵に描いたようなトラベルドキュメント…
『水曜どうでしょう』
それも出演者からは忌み嫌われ…視聴者からは支持の高い企画
『サイコロの旅』
そこに映し出される映像を見てフト思った…
東京から金曜の深夜発の深夜高速バスに乗って早朝の青森着。
一日津軽をしゃぶり尽くして、これまた青森深夜発の高速バスで戻る…

我ながらナンと素晴らしい思いつきだろうか?

と、思いながら、ん?待てよ。
場所は青森だろ?大丈夫か?出来ればストーブ列車の始発である五所川原駅に到着するなんて虫の良い話は無いだろうなぁ…と、ググってビックリ!

弘南バスが運営する東京−五所川原便が存在するのだった。

しかも…水曜どうでしょうでは、キングオブ深夜バスのはかた号と対比される東日本の女王ノクターン号として堂々と紹介されておりました。

これは乗るしかないしょう!

怖い物見たさに…チケットをゲットして、さて行ってきます。
ちなみに、帰りはパンダ号…ww

続きを読む
posted by lantur at 05:55| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

鉄がたりねぇ

って偶に思ったりする訳です。
カリオストロのルパンVは、血が足りねぇって…でもワシは鉄だよ。。。
別に貧血ではなく、慢性金欠ですが…ww

続きを読む
posted by lantur at 14:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

行くぜ、東北2014年末編

NCM_3294

毎度ながら2月の旅程を実行に移すと、何故か豪雪・強風とかちあって、まともな旅行を出来ずに気をもむ事幾度か…

ならば、年末にそのプランを実行してみようじゃないか…と思った次第。
年末は週末パスは使えないので、今回は青春18切符でトライである。

続きを読む
posted by lantur at 14:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

今年もわ鐵で紅葉を楽しんだのだ

PB300364

去年の初折り畳み輪行はこのわ鐵だった。
今年も行くべと考えて、連休に合わせて調整してみたが、紅葉+連休=混雑
との事で、車内への自転車の持込は難しいとの事で、翌週に移動したのでした。

posted by lantur at 14:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

紅葉のコキアの丘

コキアと言えばひたち海浜公園。
昨年も見たいなぁと思いつつ、人手が半端ないとの噂にビビり症なワシ的には、人酔いしちまう怖さが手伝って行くのを躊躇っていたが、今年は秘密兵器である解体号がある!

ここは一発、開園ダッシュで、紅葉のコキアの丘を楽しもうという算段なのだ。

続きを読む
posted by lantur at 07:40| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

銚子にのるハズが、ダイアンレイン

P9287384

身内で、小径折り畳み洗脳の嵐が吹き荒れるなか、追い打ちを掛けるべく銚子への輪行イベントが極秘裏のうちに計画されていた…
しかし、この非合法行為は天の導きにより、中止…(台風余波の降雨や風の心配とも言う)

そこで、比較的影響を受けない関東北部〜甲信地方にその活動場所を移動させて任務を遂行させる動きが…

そう。 銚子を雨で中止を余儀なくなれた代案…
オペレーション ダイアンレインである。

続きを読む
posted by lantur at 14:28| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

行くぜ、東北。みちのく旅情Day2

さて、東北も最果て、五能線にゆられて訪れた「みちのく温泉」に宿泊。
初日はしっかり乗って呑んで食ってぐっすり眠った。
さすがに21時なんて信じがたい時間に就寝したせいか、まだ夜も明けきらない午前4時に起床。ヲッサンは朝が早いのだ!

続きを読む
posted by lantur at 14:26| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

追憶の安比奈線

P5111286

西武鉄道安比奈線
1925年の開業から1967年の休止までの間、入間川産の砂利運搬の為に営業していた貨物線だ。
震災復興の旗の下、首都に近いこの砂利採掘場は栄華を極めたなんだろうな。
相鉄や東急の母体と言われる砂利運搬貨物路線。西武鉄道とて例外では無く、ドル箱路線として客車運用のそれよりも重要視されていたのだろう。
開業から32年…川砂利採取禁止の嵐は入間川でも吹き荒れ、最大の積載物である砂利の採取ができなくなった入間川に於いては、その路線の役割が終演を迎えた瞬間だった。

続きを読む
posted by lantur at 14:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

春はあけぼの

春を待たずしてダイヤ改正で姿を消すあけぼの

高崎線でトレインマークを掲げた機関車を見るのは最後なんだとしみじみ…

P3140132-2

posted by lantur at 13:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする