2008年05月25日

第1回檜枝岐ヒルクライム1日目

檜枝岐村で行われた第一回檜枝岐ヒルクライムに行ってきました。

まず先に…

■競技運営に尽力された檜枝岐村の関係者の方々。
■イベントに快く協力頂いた村民の方々。
■協賛企業の皆様

多くの方に支えられて、楽しく過ごす事ができました。

皆様に厚く御礼を申し上げます。

 

 

 

001

福島県南会津郡檜枝岐村
聞いたことはあっても、実際訪れるチャンスはなかなかありません。

一昨年昨年と新潟県の枝折峠ヒルクライムに参加しましたが、 枝折峠から見える奥只見の山々のその奥が此処檜枝岐村です。

西那須野ICから2時間半…那須の山は、南会津の山になり、最後には残雪を抱いた山へとその姿を変えます。
尾瀬の国定公園の看板が目立つ頃にようやく到着です。

奥の奥の奥…昨年の武尊GFの坤六峠から見えた尾瀬の反対側…

とても…遠くへ来た感慨に浸ります。

 

 

002

その感慨に耽る暇もなく、早速檜枝岐HCの第1ヒートのTTが始まります。
天候が良くない予報でしたが、何とか曇り時々晴れのまずまずの陽気です。

 

 

004
005
006
007
008

レース前にコースの下見です。
この道路は冬季閉鎖中で、このレースの為に特別に解放されているようです。

所々に降雪による土砂の堆積の跡がありましたが、綺麗に清掃されており、 地元の方々の努力の跡を伺い知る事ができます。
提供企業の幟も立ち、地方の小規模の大会とは思えないようです。

初日のコースは、このあたりで言えば定峰峠へ登るような感じでしょうか?
約6km程の比較的なだらかな勾配が続き、ヒルクライムが初めてと言った人にもうってつけのコースだと思います。

私的にも大変気に入りました。

 

009

途中、残雪残る沢筋に咲くガクアジサイの白く可憐な姿にウットリ。
こんな綺麗な景色は、一人で眺めるのは勿体ない…。

 

 

010

白い化粧の駒ヶ岳もくっきり!!
なかなか景色に目を奪われます。

 

さて、本番のレースです。

檜枝岐HCの初日は、30秒刻みのTT形式となります。

見栄を張って、ギャラリーの見える場所だけ頑張りますが、2kmも行かないうちに後続のスタートの方に抜かれます。

また抜かれます。そしてまた…。

う〜ん。心はサンドバッグだぜ。。。

 

全く振るわずに終了。。。。

 

 

 

posted by lantur at 23:24| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう所はレースじゃなくて、ツーリングで行きたいです(^^;
Posted by BENNY at 2008年05月26日 18:27
ここはツーリングにはいいですよね。
結構気に入りました。
Posted by らんた at 2008年05月28日 22:10

画像入りでデータとランキングをまとめちゃいました
http://datamatome.web.fc2.com
Posted by sel at 2008年05月29日 00:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック