2008年05月18日

バリアスコート…使ってみますた

巷では噂のWako'sバリアスコート

少し前に入手して使ってみました。

この手のコート剤は、効果についての疑問符が多いので、実践試験を含めて忘備録です。

 

ワコーズ商品は、私の私見よりも、 事業系の工場や整備関係者が安心と信頼をベースに少々高い商品にも拘わらずに相当の実績があることが品質の裏付となっています。

そんなワコーズが満を持して発売した塗装系のコーティングワックスが、このバリアスコートです。

いち早く、例によって某所より入手して早速使ってみました。。。(数週間前に…)

 

CIMG1458
CIMG1460

能書きは、ワコーズのサイトで確認して下さい。

ポリマー系のワックスというか、コーティング剤ですね。

ぁゃιぃ通販の市販品と違うんでしょうか…| 冫、)ジー

 

CIMG1457

今回は、比較対象に、あのカーラックさんと対決です。

もはや、この手の品に手を出した人の中で、知らない人はいないであろうロングセラーのコーティング剤であるカーラックです。

ヌメヌメ感といい、長期的な耐久性といい、こいつは一級品です。

賛否両論ありますが、コヤツは私の中でナンバーワンです。

果たして、ワシの琴線に響くかどうか…

 

 

CIMG1456

施工前…

左がカーラック。

右がバリアスコートを施工する予定。

 

CIMG1461

んで、ヌリヌリした後です。

カーラックはヌメヌメ感がありますねぇ。

バリアスコートもなかなかの輝きです。

 

施工性ですが…

カーラックは液体ワックスを塗る要領で、塗って乾いてふき取って。

バリアスコートは、スプレーで噴いて、付属の布で伸ばして、ムラを拭いて終了。

目茶簡単…

 

 

CIMG1462
CIMG1463

がしかし、バリアスコートには致命的な欠陥が…

汚れ…水垢は取れません…orz

上記2枚のお写真にある通り…

ムラムラ…しちゃってます。(爆)

なんじゃこりゃの世界です。

 

黙って、最初は水垢なりを取ってからコートする方が良いですね。

因みに、カーラックは汚れもバッチリ除去できて、大変綺麗になります。

 

 


 

 

時は流れて数週間…

 

 


 

 

 

CIMG1455

昨日の夕立の直後です。

カーラックは撥水性が無くなって、水がへばり付いています。

しかし、バリアスコート!!!

撥水性は持続して、汚れも浮いています。

こりゃ…なかなか優秀じゃないですかぁ…

スプレーを噴いて伸ばしただけとはとても思えません。

 

CIMG1454

でも、欠点もあります。

水玉のできる撥水があるという事は、ウオータースポットが出来やすいという事でありまして…。

カーラックの撥水性の無いところは、水が均等に蒸発して綺麗に汚れておりますが…

バリアスコート施工場所は、水玉に埃が溜まっちゃいます。(爆)

 

まぁ。これは高撥水能力を持続している証拠なので、仕方ないでしょうか?

洗車は水洗いぐらいしなさい…と、いう事ですね。

 

ちなみに、自転車への塗布は…

シリコンスプレーを噴くような効果がありました。

昨日も帰宅して、アンダー周りに水を掛けただけで泥も落ちてバッチリでした。

油には無力でしたが…ww

 

と、いう事で、この効果検証は秋まで続くのだ…!!(半年効果持続という謳い文句なので…)

 

 

posted by lantur at 11:08| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バリアスコート気になって読んでみました。
面白い検証ありがとうございます。

で、3ヶ月後くらいの状況って水弾いてましたか?
コート作用(テカリ)は持続するのかな…。
Posted by kenji at 2009年05月20日 16:57
>kenjiさん
一年以上に渡ってバリアスコートを使い続けた結果ですが…
水弾きは、2ヶ月以上持続しますが、洗車の頻度にも影響するようです。
あまり汚れが付いてから洗うと、撥水性も落ちますね。
まめに水洗いをしてあげると、比較的ツヤも撥水性も持続すろかと思います。

でも、あまりに塗布が簡単なので、その前に塗っちゃうんですよ…綺麗になるし簡単なので…笑
Posted by らんた at 2009年05月21日 07:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック