2008年02月09日

久々に釣り

榛名湖の朝

さて、久々に息子と共に魚と戯れてみる。


早朝訪れたのは、群馬県の榛名湖

ワカサギの穴釣りが先日解禁され、太公望達が極寒の中を恵比寿顔で釣りをしているのだ。友人と待ち合わせをして、久しぶりのアイスバーンをツルツルしながらカルデラへと下りていく。

レイクサイドの施設『四季亭』にて、久しぶりに友人と再会。

6時半の開始を待って、テントを借りていざ出発。

マイナス10度越え…おそらくマイナス12〜3度かと。


テント村

さて、全くワカサギ釣りを知らない人には全く分からないこの楽しさ。

とは言うものの、ワシの過去の対ワカサギに戦歴は散々たるモノなので、楽しさを知っているかと言われると…そうでもない鴨。

普通、ワカサギという魚は老若男女が楽しめる遊びのハズなのだが、初めて穴釣りを始めた5年ほど前から、一回に10匹以上釣れたことがないという…のが、ワシww

ワカサギは、多くは1年程度で成熟して繁殖が一生の最後となる魚なのですが、沢山産んで沢山育って、どんどん釣れる…らしい。

因みに、奴らは群れで泳いでいて光やエサを追って回遊しているのだが、水底の変化等によって効率よく魚を狙える場所があり、広い湖の中でも、太公望はそこに集結する。

ちなみに、テントとは、ビニールハウスの素材と骨組みで作ったダンゴムシ状の風除けである。






魚探

ワカサギは泳層を釣る事が必要になりますので…。
魚群探知機で魚が居る(泳いでいる)層を探して、そこに狙い打ちします。

まぁ、気まぐれな魚ですから、目の前にエサがあっても必ず食うとは限らない所が釣りなんですが…w





穴

まぁ、テントの中はこんな感じで、開けた穴に魚探のセンサーやら、釣り竿をセットして、腰を折ってじっくり魚が来るのを待ちます。

魚探の魚の反応に一喜一憂したり、エサを細々と交換したり、誘いをくれたりと…結構忙しい釣りだったりします。





初ワカサギ

今年のワカサギは好調だったようで、穴釣りへの期待も大きかったのだが、ウチの息子に仕掛けとエサをセットして釣り方を教えて一段落。

ワシの用意をしているうちに…もう。釣れたとよ。。。

父ちゃんのワカサギデビューは一日やってアタリ一回だったのに、かなりコイツはラッキーだな。。。ちぇ…。






スナップ

そして、6時間に渡る魚との知恵比べは終了。

両者健闘を讃えてご満悦。




天ぷら

翌日は、天ぷら三昧でした。
いやぁ…ワカサギ( ゜Д゜)ウマー


posted by lantur at 22:00| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ボーダーレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イイ笑顔ですね。
釣って楽しく、喰っておいしい。
ワカサギはボート釣りしかやったことがないので、いつかは穴釣りをやってみたいモノです。

Posted by ふぉあぁ at 2008年02月11日 05:35
良いお父さんしてますね
今の内に一杯思いで作りましょうね
私も今日榛名行ってきました
榛名湖まではいけませんでしたが
良い景色を堪能出来ました
Posted by 3K at 2008年02月11日 18:21
>ふぁあぁさん
今度は是非とも氷の上を息子さんと共に如何デスかぁ?

>3Kさん
榛名は寒かったでしょう。
今度は自転車で行きましょうか?笑
Posted by らんた at 2008年02月11日 22:28
いやー良い笑顔(^^
地元にいた頃は良く海釣りしてましたが、上京してさっぱりですね。ちょっとやりたくなりました(^^;
Posted by やまぐち at 2008年02月11日 22:41
1度やってみたいと思ってるんですよね〜!
楽しそう!^^
Posted by katsu at 2008年02月12日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック