2007年10月27日

素材ってどうよ?

自転車の素材の話をする時、スチール素材の耐久性に於ける優位性と、その振動吸収性による優しさ、アルミバイクの隙のないカッチリ感、カーボン素材の造形性の良さ、振動吸収性の良さ等々、それぞれの素材が持つ一面のメリットから想像される話がまことしやか展開される。


まぁ、素人の私が思うところの素材による自転車の性格って、


スチールバイク:重いけど、身体に優しい(何が?)、細身のシルエット?
アルミバイク :軽いけど、硬くて身体に厳しい(何が?)、力強いシルエット?
カーボンバイク:軽量:身体に優しい(何が?)、自由自在の造形?


ははは、かなりいい加減だ。
実際、全く違うと思ったよ。


確かに傾向はそんな感じなのかも知れないけど、特に何だっていう程のもんじゃないって。


アルミバイクが硬いからって、それに乗れないくらいの硬い乗り心地って訳じゃない。

むしろタイヤやホイールの方が乗り心地と決定する要素が強い気がする。


それに、一昔前のスチールバイクと見間違うようなシルエットのアルミバイクは、実際乗ってみるとかなりヤワかった。


スチールだって、硬いの柔いの…色々あるね。




って何だよ!と、自問自答。


結局、格好つか、造形に憧れて買うのが自転車だな。

きっと。



ワシにとって素材なんか、好きな造形に付随する要素であって、素材ありきではないのかも。


硬ければ硬いで乗るのだろうし、柔ければ柔いで乗ると思う。


よくよく考えれば、ジブンの車選びと一緒だ!(爆)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

追記

そうそう、クロスケに乗る前…一番悩んだ選択。

Anchor RML7 だったりする。
マグネシウム製のバイクにぞっこん。
特にダウンチューブのどえりゃ〜ごつい造形に一目惚れ。
おまけに、荒々しい溶接痕にもハートたち(複数ハート)だったのだ。

でも何故か、クロスケに…藤田さんの影響は強いのだww。


造形と自己満足による自転車選びの最大の敵…

高名な方のアドバイス…これには負けるな。。。(笑)













posted by lantur at 00:04| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
って、何をたくらんでるの?
まさか黒アンカー君に浮気でも・・・?
Posted by パークラ at 2007年10月27日 01:15
つまるところ『何でもイイ』んですよ(爆)

乗れて走れれば。

長距離やらダッシュやらでは素材特性の差は出るかもしれないですけど 僅かですね

自分の場合はこけても大丈夫で重く反応の鈍いクロモリフレームですがコレにばっかしのってると他の自転車にのったとき新鮮です。

アルミやカーボンで一踏みの軽さが…(笑)

ライトウェイトスポーツ⇒アルミ
GTカー⇒カーボン
RV(笑)⇒クロモリ
みたいな対比ですね

Posted by LEMOND乗り at 2007年10月27日 01:20
>パークラさん
いやいや。浮気なんてトンでもないッス。
やるなら仲間を増やす事は…藁

>LEMOND乗りさん
そそ
何でもいいんです。
自分の琴線に触れるものならば。
理由は後から付いてくるって事ですね。
Posted by らんた at 2007年10月27日 18:38
ワタシも素材はなんでもいいと思います。
モチベーションに影響するので見た目は大事ですけど。

最近は輪行が楽なので軽いのが好きです。
Posted by bicirosa at 2007年10月27日 19:35
僕なんかはスペックよりも「見た目」要はデザインですよね。
素人には、速く走ると言う目的より、所有する喜びの方がウエイトが重いような気がする。
僕位ならきっと、10万円のチャリだろうと100万円のチャリだろうと100km走って1分も変わらない気がする。。。
結局は、自分がカッコイイ!と思えれば何でもいいと思っていますよ。
Posted by baian at 2007年10月27日 20:46
>bicirosaさん
素材って、乗った自転車が気に入ればそれが自分のお気に入り素材になったりするんでしょうね。
しかし…軽いのは輪行で壊れやすいんですよね。困ります。

>baianさん
そうですね。造形…デザインもそうですが、スペックもそのうちの一つでしょうか?惚れて買うなら何でもいいです。(笑)

でも、10万と100万…は、変わりますよ。自分で払うならなおのこと…。

モチベーションアップで100kmで3分は違うハズです。(爆)
Posted by らんた at 2007年10月27日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック