2007年10月14日

王子、ミサトン、永遠なれ

071014_1039~01.JPG

この時、二人は永遠を誓い、同じレールを歩むトレインになった。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

自転車仲間の王子ことKNIDerさんと、コビトことミサトンの爽やかカップルがめでたくゴールする事になった。

このようなめでたい記念の日に、陰ながらお祝い出来ればいいなぁなどと考えていたが、なんとご招待頂いて、それも厳かなチャペルウエディングからの出席となった。


馴れない一張羅の礼服を着て望んだが、あまりのダブダブさにウエストを絞って冒険少年シンドバット状態w(知っている人はおやぢだぜ)

式は本当に厳かに…そして感動だったよ。
涙腺の弱い牧師さんの頬を伝う雫にもらい泣きだぜ。
さすがにシクシクと泣けないので、ワイシャツの袖で拭き拭きw

何故か発光する十字架をバックに、幻想的にシルエットのお二人を見ていると、エヴァンゲリオンを思い出すワシ。
でも、同じ事をワニさんが思っていたと知って一安心。

式も無事に終わって、一服…(-.-)y-゜゜
このところ、この礼服を着る時に合わせるネクタイは圧倒的にダーク系が多かったので、ホワイトは久々だ。
あと何回、友人としてこの白いネクタイを締めるのだろうか?

そして、披露宴…。
様々な指向を凝らした演出の数々に感動したが、バブル時代のようなゴンドラから新婦登場とか、エレベーターからドライアイスの煙と共に現れる花嫁のような趣味を疑うようなモノではなく、あくまで手作り感溢れる粋な演出にかなり心を揺さぶられたでした。
もっとも、一番揺さぶられたのは、同じ円卓に居た某氏のようだったが。

最後に、いつもワシの涙腺を壊したのは、新婦の父親のスピーチだったよ。
ああ…ナプキンにでっかいシミを作っちまったよ。

いやぁ…いいもんだ。



そして、結婚披露ぱーちぃ。
いわゆる2次会ってヤツだけど、これも仲間の手作り。
フラッシュ上映やら、プレゼント抽選やら…

お二人の他に、おめでたい方々をお祝いさせて頂いたりして。

ホント自分の心もほのぼの温かくなって、とても良い休日でした。


お二人さん…末永く…お幸せに…!!

posted by lantur at 10:42| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | モバイル投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおお、おめでとうございます〜(^o^)丿
・・・私にもこんな時があったな〜・・・^^;
Posted by オリオン at 2007年10月14日 20:12
>オリオンさん
確か自分にもあったのですが…
すっかり忘れました。ww
Posted by らんた at 2007年10月19日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック