2007年08月26日

直江津まで

神奈川のmasaさんプレゼンツ

『直江津集合!』

に、参加して来た。

いわゆるオフ会ってヤツではあるものの、参加してから楽しむものではなく、参加するプロセスを楽しむのがミソ。

つまり、勝手に直江津にきやがれ!って訳である。


 



0825 0230 直江津に行くべく、先ずは腹ごしらえ。

すき屋

のっけから牛丼だよ。
食わないと走れませんからねぇ。




陰

県道と農道、そして国道を駆使しながら、先ずは高崎を目指す。
時折通り過ぎるナトリウムランプが作る自分の陰…。

なかなか頑張っているおやぢがいる。

そういえば、初めての本格的なナイトランです。
20kmとか30kmはありますが…

CAT EYE HL-EL520とパナソニックのNL-843Pの2灯体制で行ってみましたが、エリア点灯のパナとスポット点灯の520の組み合わせはなかなか良いです。





カンナ川

0400 R17で神流川を渡って群馬へ進出。
この頃から小雨が頬を濡らすようになる。

高崎環状道路を通ってr35へ入る。
R17は夜間のトラック天国ぶりを知っている身としては、是が非でも避けなければならない道路だ。
遠路より参加された方の中には、やむを得ずR17を行かれた方も居るだろうが…Goodluck!!

R35を北上し、高崎・榛東・吉岡と通過、渋川へと入る。

夜道の県道…通りも少なく路面も比較的良好で、アベレージも比較的上がる。う〜ん。理想的だ。

渋川市内で、r35からr25へスイッチし、馴染みのニコニコ亭の裏手を北上。

こんな所で知っている場所に来れたのは嬉しかった。

渋川市内を抜けて、吾妻橋を渡ってR353を右折。
とうとう吾妻川沿いを走る登りルートに突入だ。


ここで、既に空きっ腹な私…orz


小野上のイレブンで早速補給。
補給が終わってさて…と思っていると、第一村人発見!!
ではなく、初めての『直江津集合!』の参加者と遭遇。

奇しくも、masaさんと共に昨年ソロで直江津を目指したyuzitoさんである。
氏とは、今年の3.10『三浦半島一周、決して無理をしないオフ会』でもコースのかなりの時間を共に過ごした。

いつものLEMONDではなく、細身のアンカーで登場だ。

聞けば、同じルートを選択しているようでもあり、お互いペースが合えば付かず離れずで行きましょうと言う事で。

あくまで、自分の予定とペースが大事なので、千切れても恨みっこ無しで…ww


しかし、のっけから先行して曳く事になったワシ…可哀相じゃ。。

吾妻峡に到着すると、写真を撮りたい口実をエサにピットイン。
もうすっかりヘロヘロだ。yuzitoさんの巧みな策略にすっかりと乗せられた気がする…爆

吾妻峡看板


そんな疲れも吹っ飛ぶ吾妻峡の景色…


吾妻峡






草津道路

しかし、ついに大津手前のR145で力尽きる…。
足は攣りそう、膝は微妙にシクシク痛む、軽量化の欲求が…
言い訳はてんこ盛りなんですが…
情けない。

yuzitoさん、既に200km近く走っているハズなのに…



ようやく大津に到着。草津道路の入口になります。
ここから30kmのヒルクライムです。

しかし、足の違和感が…

朝食をたらふく食って、麦茶を1L飲んで〜軽量化。

よしーし、体調戻って来たぜ。。。


と、目の前を赤ギサロが…キューシートをハンドルに取り付けておりましたので、参加者に違いありません。

yuzitoさんと共に、後を追います。



が…ww

右膝…死亡です。

最低限の負荷を掛けていてもミシミシ言ってます。


こんな事最近無いのになぁ…と、色々考えて…

(!o!)オオ! ペタルを『SPD−SL→SPD』にしたじゃん。
その分が5mmぐらいあるから…少し下げとくべ…

これが決定打になりました。


草津まで約10km…


ますます痛みは増してきます。
右足を踏み込むと挫けてしまいそうな痛み。
仕方なく、右足を踏み込む時に、左足の引きを強くして騙しながら登りますが、次第に左足の脹ら脛がヒクヒク…
今度は痙攣かよ。。。


あ〜ん、八方塞がり…orz


いつもなら何でもない登りがエラくきつく感じます。

たいがい膝の痛みが出るときはサドルを下げるが原則と言われてますが、下げたのに…かかわらずかえって症状悪化なんですが…。


と、次の瞬間…冷や汗がダラリ…とマジ出ました。


もしかして、1cm以上低いサドルで乗っていたかも…?
SL→SPDは、シューズ+クリートでペタル軸から足裏まで距離が伸びた訳ですから、その分サドルを上げなければいけない所を…

下げました。。。。ガ━━(゜Д゜;)━━━ン!!

急いで15mm上げました。
何となく足がしっくり…。
クリートも6mmぐらい爪先寄りに変更。

乗った感じも良好。
すっかりひねくれてしまった膝だけは、そのまま。
あと、20kmの渋峠に…辿り着けるのだろうか?



草津イレブン

0900 おいちゃんさんと道の駅で合流。
草津のイレブンまでご一緒
朝飯を取られるとの事で、お別れ。


いよいよ草津から白根山へ向けて上り始めです。


3km地点
ほぼ、3km地点。

5km地点
ほぼ、4km地点。

頻繁に写真を撮影する口実で止まっております。
かなり膝…深刻です。

景色に助けられて、一瞬痛みを忘れます。


風景1

風景2

風景3

段々、高山系の植物体系になってきた頃には、真剣にDNFを考え始めました。

踏めない…

と、言うよりも休憩の時に外したクリートをステップインするだけで脂汗…ヤバイくらい痛くなって来ました。

でも、DNFにしても…

帰る手段ねぇよ!!

って事で、渋峠まで這ってでも行く事にしました。


勾配のキツイ所は基本『押し!!』
それなりの所は、ノロノロと激坂を上るようにトロトロと…。

白根山の山頂が見えてきた頃なんざ、半分以上押しだったよ。


寄りによって、今日のジャージはFL『マイヨブランアポワルージュ』だったりする…。

泣けるぜ。


R0011080.jpg

白根の弓池を過ぎて、さて下り?と思いきや、まだよくよく考えると、渋峠ではない…

でも、ここは周りよりより高い…

げげ…(|| ゜Д゜) 下って…


R0011081.jpg

そう、登るのだ!!
山田峠の辺りは、道路工事で片側交互通行だった。
そんな所を…『押し』だよ。

観光客の車が、交互通行の信号で待っている脇を…押し…。

屈辱じゃ!!


そして、ようやく。



国道最高標高

1140 (*´д`*)ハァハァ
やっと来たよ。
いやぁ、酷い目にあったもんだ。
自業自得ってヤツだから文句言えないんだよね。
いっそ誰かが仕掛けてくれれば文句も言えるのに…笑

記念碑の所では、先行していたyuzitoさんも待っていてくれた。

高原を渡る風は清々しく、秋の爽やかさだった。




少し休憩したが、膝は相変わらずで、少し熱を持った感じ。
本当にヤヴァイって、こういう事を言うんだろうな。

冷やしたらもしかして良くなる?
と最後の望みを託して、志賀草津道路20kmのダウンヒルに掛けてみる事にした。

下り

ヒャッホー 下り最高〜
高原の風を切って一気に下るダウンヒルは、例えようのないくらい爽快だ。
荒れた路面も奥武蔵のタイトでコーナーの読みにくい道路と違って素直でトリッキーな事は無かった。

何より、踏まないでいい コレに尽きる。



292

1300 さて、下界は…

さっきの高原の清々しさを帳消し…というより、記憶から拭い去りたいようなムッとした暑さだった。

湯田中温泉入口あたりのコンビニでこれまたyuzitoさんと昼飯。



自分自身足の事を考える。

−勇気ある決断−

■幸いにして飯山線があるので、輪行OK。

−欲張りな自分−

■もしかして、斑尾高原さえクリアできれば、完走?
 途中でヤバそうなら引き返して輪行でもいいじゃん。


まだ、時間はタップリあるので、当然後者を選ぶ事にする。



中野市から飯山市までは、炎熱の日干し街道だった。
直射を遮るモノの無いまさに灼熱地獄。

かろうじて、平坦路ではペタルを回せる事が唯一の救いか。
飯山市内に入り、補給も底を付いたので、裏道を徘徊する。

ここで、再度トラブル発生。

クリートを外しそこねて、慌てて右足を捻る…。
激痛…orz
騙し騙し寝た子を起こさないようにしてきたのに痛恨。

市内の少し寂れた感じの薬局に補給食と飲み物、そして消炎剤を買いに入る。

目論み通りに人なつこいオバチャン登場。(笑)
訳を説明すると、サロンパスかバンテリンとまぁ、模範的な薦めです。(ひとまず2時間ぐらい持ってくれればいいのでサロンパス)

ついでに、麦茶飲んで休んで行きな〜って事で、奥のクーラー効いた部屋で麦茶をガブガブと飲ませて頂いた上に、お菓子までも頂いて休憩させてもらいます。

う〜ん。

足も少し良くなった気がする。。。



1400

テツ会長も既にフィニッシュして公園で首を長くして待っているようです。

さて、R292飯山街道で一気に高田平野まで行っちゃいましょう。

yuzito情報では、
『R292の涌井峠越えはそのへんの丘を越えるようなもんですよ〜』
って事ですので、ホクホクとしながらR292を北上。

で、やっぱりね。

あるんですよ。延々と登り…
地図を良く確認すると、飯山市内からトンネル3つを含んで県境まで約10km…orz
今、上り始めまで1.5km…残り8.5km…ガ━(゜Д゜;)━ ン !!!

最初はそんなに厳しくなかった。
途中から、登坂車線とか出てきちゃって…。ハハ。
登坂車線…押して歩いたよ。
もう、歩くのも膝曲がらないからペンギン歩き…格好悪いぜ。

しかも補給のボトル、たった30分で2本全部飲んじゃった。
これから、まだタップリと登りがあるってのに…。

渋峠を上がっている時よりも敗色濃厚なDNFの文字が頭に浮かんでは消え、浮かんでは消えしている。

でもなぁ。
あと5km。5kmだけ頑張れば、残りは下りと平坦路。
坂を全部押しても時間は何とか間に合いそうだ。

怪しげな湧水を汲んでボトルに詰め込んで、頭に身体にジャブジャブ掛けて、やる気充填。

目先の登坂車線を押し上げたら、多少の平坦路が続く。(^_^)v
乗車して、ヘコヘコと進むと待望のトンネル(1個目)

トンネルは涼しく最高〜
しかも、下りだぜ。

県境まで5kmも残っているけど、もう1mでも先にペタルを漕がずに進める事が嬉しい。

集落を過ぎても、次のトンネルを過ぎても、県境を越えても、高田平野が見えてきてもその下りは続いた。


思わず『新潟最高〜』と人が居ないのを良いことに叫んだよ。


妙高市に入るとさすがに下りは無くなったが、代わって追い風が背中を押してくれた。
上越市に入っても同様。
驚愕の35km/h巡航だよ。

この役立たずな膝には最高のプレゼント。

いよいよ線路を越えて、日本海に出る。


到着

おお〜日本海だぜ〜

不覚にも、ちと泣きそうになったわい。



船見公園

公園で取り敢えず記念撮影。



tora&DEE

続々と仲間集結。

沈む夕日をバックにtoraさんDEEさん…

充実してますねぇ。




sunset


そして、夕日が沈むのを拝みます。
三浦の時は不発でしたからね。


1900少し前、tanyさん到着。
お昼に大津を通過している訳ですから、やっぱり凄いですわ。
仲間と完走を讃え合う。



記念写真

到着した仲間と。




夜は、温泉センターでゆっくりした。
仲間と飲んで騒いで心ゆくまで楽しんだ。

いやぁ楽しかった。

零時を回る前に撃沈…orz

有意義な一日でした。




走行距離229.95km(意外と近い?)













posted by lantur at 14:56| 埼玉 ☔| Comment(27) | TrackBack(3) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完走おめでとうです!^^
膝の痛みに耐え、よく頑張った!
感動した!(古)
海に沈む夕日が最高っすね!
Posted by katsu at 2007年08月26日 17:51
おめでとうございます
長引かせないように
養生してくださいね
Posted by 3K at 2007年08月26日 18:19
いやぁ 膝マジで痛そうでしたが ^^;
人間けっこうやれるもんっすね

お疲れ様でした。
次回は2日間で走破を目指します(笑
Posted by テツ at 2007年08月26日 19:11
膝痛を克服しての完走は素晴らしいですね。
私にもその根性を分けてください。
Posted by きーじぇい at 2007年08月26日 22:08
すげ〜(@@
『新潟最高〜』って叫んでるらんたさんが目に浮かびましたよ!お疲れさまです!
Posted by やまぐち at 2007年08月26日 22:31
お疲れ様ッス。
そこまでの状況とは知りませんでしたよ。
タフっすね。
そしてDNFをしないでよかったと思えるような夕日!

ちっくしょーと言いたいッスよ。

また何かやらかしましょう!
Posted by masa at 2007年08月26日 22:37
完走おめでとうございます。
激走って言葉がピッタリ。
さすが山岳賞!
Posted by シャウラ at 2007年08月27日 09:20
お疲れ様でした。
どこかで会えるかと思ってましたが、あまりにも時間差がありすぎました。
走り終わって感じたことは、「直江津って意外と近い」ですね(^^
Posted by tany at 2007年08月27日 12:29
ジーンッ 感動です!
うー、日本海に沈む夕日がきれいじゃ(^^)
一生忘れないでしょうね!
それに日本海見たときの感動は想像を遥かに超えてるでしょう♪
とにかく脚が心配です、お大事にしてください。
Posted by よっち at 2007年08月27日 12:31
よくぞ、完走されました。
それも渋峠。
膝が心配ですね。
私も最近シクシクがヒドイのですが、なんか気候とか関係するんでしょうかねぇ。
お大事にして下さい。
Posted by ワニガメ at 2007年08月27日 15:26
完走おめでとうございます
あの 渋峠をほんとに登ってしまわれたんですね〜〜 ・・頭が下がります

膝 お大事にしてください

とにかく お疲れ様でした〜〜!
Posted by やじ at 2007年08月27日 18:40
お疲れっす!
膝の痛みを耐えての完走はすごいです。
とにかく膝はお大事に!
Posted by rully at 2007年08月27日 19:56
通り過ぎた赤いギッサロです。
草津への登りきつかったですねぇ〜。坂はきついし直線は多いし、といいながらも道の駅でお会いした時は本当にうれしかったです。
お〜、一人で走ってるんじゃなかった、みんなで直江津だと実感しました。
直江津でお借りしたサロンパス、気持ちよかったです。ありがとうございました。
Posted by おいちゃん at 2007年08月27日 20:56
らんた さん
完走お疲れ様でした。
膝はどうですか?慢性化しないと良いですが。

自宅から自転車で15分くらいのところを通られたのですね。
通過時間が分っていれば伴走させて頂きたかったです。
Posted by washiro at 2007年08月27日 22:01
>katsuさん
いやぁ…夕日…最高ですよ。
行きますか?
ガイドしますよ。

>3Kさん
長引かないように…頑張って治します。
でも、養生嫌いなんですよね…orz

>テツ会長
マジいてぇっすよ。
でも、何とかなるもんですね。
(あと5km登りだったらDNF確実…汗)

>きーじぇいさん
根性ですか?
そんなもの大事に家に置いてきました。
直江津の温泉センターのビール…これがモチベーションでした。(爆)

>やまぐちさん
マジに人気のない山奥のトンネルに響きましたよ〜
『新潟さいこぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ〜』って。

>masaさん
夕日最高(笑)
膝は最悪(泣)
でも、やっぱ仲間最高かな。

>シャウラさん
激走…って、そんなたいそうなものじゃありませんよ。
押して歩いた時間が長かったですから…
激歩かも…爆

>tanyさん
うちからは確かに近いんですよね。
往復460kmでしょ?
向こうで温泉入って帰れば丁度っすよね?

>よっちさん
日本海の夕日は掛け値無しに見て下さい。
結構ラクに行けますよ。
膝は…放置進行で…(笑)

>ワニガメさん
渋峠…は、大弛より大分緩やかです。
そのぶん車が多くて走りにくいです。
膝は、様子見ます。

>やじ様
完走…押上げ付き…(笑)
いや〜お恥ずかしい。
赤玉ジャージ着て押してますから…。

>rullyさん
膝が痛いと本当に萎えてしまいますよね。
想定外のトラブルに始終ドキドキでした。

>おいちゃん
同じ所を痛められたみたいですよね。
片足を庇うと両方がダメになっちゃいますからご用心ですよね。
また、ご一緒させて下さいね。

>washiroさん
膝は未だに芳しくありません。
数日ローラー封印です(笑)

そんなご近所でしたかぁ?
今度昼間走ります。
ご一緒して下さいませ。
Posted by らんた at 2007年08月28日 00:49
お疲れ様〜!
膝の痛みに耐え、よく頑張りましたね。
私も以前、SPDシューズを履いた時、膝の痛みが凄かったです。
それ以来使ってませんが...。

それにしても日本海の夕日最高に綺麗ッス。
感動物です!
Posted by ピユキ at 2007年08月28日 23:57
今回もあまりお話できませんでしたが直江津でお会いしたhiroです
膝の不調にも関わらず完走立派です
また何所かでお会いしたら宜しくお願いいたします。
Posted by hiro at 2007年08月29日 10:47
お疲れさまでした。
ひざは大丈夫ですか?
ゴールでは痛がっていましたが、ぜんぜん元気そうでしたので、ひざさえ痛くなければ余裕のコースだったんじゃないですか?
またよろしくお願いします。
Posted by ゆとも at 2007年08月29日 19:12
お疲れ様でした!
ゴール直後話しかけて頂いて(しかも覚えていて下さって)凄く嬉しかったです!膝がとても辛そうでしたがその後如何ですか?

また是非ご一緒させて下さいね(^^)/

PS:ブログのリンクさせて頂いてよろしいですか?
Posted by tetsu at 2007年08月29日 23:05
らんたさん、膝の痛みをこらえてのゴールおめでとうございます。宴会の時の笑顔が達成された満足が現れていました。頑張った渋峠も魅力的ですね。何時か走って見たいです。また、何処かでお会い出来ましたらよろしくお願いします。(゚▽^*)
Posted by あるちゃん at 2007年08月30日 11:35
らんたさん、膝もう大丈夫ですか?

小野上からはずっと曳いてもらっちゃってすみませんでした。巧みな策略でした(笑)。というのはもちろん嘘ですが、気持ち萎えかけていたので本当に助かりました。ありがとうございました。

またぜひご一緒させてください。
Posted by yuzito at 2007年08月30日 12:12
>ピユキさん
どうやらSPDのクリート位置と、ソールが撓む事が影響していたようです。
日本海の夕日…ピユキさんもどうっすか?

>hiroさん
本当にその辺からフラリと現れたかのように長旅を感じさせない様子は本当にビックリです。
R17で新潟入りは恐れ入りました。

>ゆともさん
膝はだんだん復活です。
体力的には全く…というか、秩父をウロウロしている方がシンドイ気がします。
奥志賀林道はお見事!!
私も行ってみたいと思います。

>tetsuさん
覚えてますよぉ〜
越生も三浦もね。
お互いにあんな所でお逢いするなんて…。
マゾですねぇ(笑)ブログリンクOKッス。
ワシもリンク張らせて下さい。

>あるちゃん
宴会の発砲麦酒は最高でした。
そういうあるちゃんもパンツの件では(--)ム!でしたが、走り終えた満足感に恵比寿顔でしたよ〜
また走りましょう〜〜

>yuzitoさん
もう、今日からローラー解禁です。
曳くなんて…ヲホホ。
屁タレぶりが白日の下に晒されてしまいましたねぇ。
こちらこそ、湯田中までお付き合いありがとう。
心が痛みに折れずに何とかGOALできました。

また!!
Posted by らんた at 2007年08月30日 22:52
お疲れ様でした。そして完走おめでとうございます。
その後膝の調子はいかがですか?
完全に痛みが治るまで無理せぬよう。

渋峠の写真いいですね。
私もぜひ行きたいです。
Posted by ussy at 2007年09月01日 12:46
>ussyさん
膝は何とか収まってくれています。
まぁ、騙し騙し行くしかないでしょう。

渋峠…結構ラクですよ。

二部構成で、草津までと渋峠までを別々に考えると良いかと思います。

途中の草津でゆっくり休めますからね。

渋峠を越えたら、そのまま292で下りて長野まで行って夕飯。
旦那様と宿泊してゆっくりしても良し。
新幹線で帰れば2時間半で東京です。

近いっしょ?渋峠。
Posted by らんた at 2007年09月01日 20:57
お疲れ様でしたー
荒川組の方々には見事にお会いできてませんです(爆)らんたさんの苦しさは物凄く良く分かります。。。せっかく同じお宿にいたのに、もっと早く着けばよかったです。今度は一緒に走れるといいですけど(笑)
Posted by ikeda at 2007年09月02日 11:44
>ikedaさん
ホントに残念でした。
もっと長く起きていられる体力増進からですね
また是非ともご一緒いたしませう。
Posted by らんた at 2007年09月04日 00:28
読んでて泣きました
今世紀最大の感動をありがとう
Posted by かなこ at 2008年04月03日 12:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

日本海まで最後の1ピース
Excerpt: 太平洋から日本海までガッツリ走ろうって言い出している人がいることは、お盆のエント
Weblog: かぜになりてぇい
Tracked: 2007-08-29 05:03

直江津集合! みんなの足跡
Excerpt: 0825 「19時だヨ 直江津集合」、0826「6時だヨ!直江津集合」オフ このオフ会では「足跡ログ(FOOT PRINT)」という紙を配布していました。 当日持っていかなかった人もいるし、5..
Weblog: あぁ、湘南の夜は更けて
Tracked: 2007-08-29 21:35

江ノ島→直江津の旅 序章
Excerpt: とうとう、行っちゃいました。8/24〜8/25 太平洋→日本海の日本列島を縦に走る旅へ、 偉大な先人の記録を眺めていつか自分も…と思ってましたが、 意外と早く実現できてしまいました。 偉大..
Weblog: knight2000 どきメモ ver2.0
Tracked: 2007-09-03 00:34