2020年04月19日

ジェベル200がやってきた。

4月19日 唐突だが、車庫には見慣れた黄色のグラストラッカーに代わって、ジェベル200がやってきた。

KIMG3172.jpg


ジェベル200と言って何人が分かるやらというシロモノ、既に販売終了となって20年を越える、昔のキャブ制御のオフ車だ。

KIMG3173.jpgKIMG3174.jpgKIMG3175.jpg

そもそも、何故今更ながらそんなバイクを手に入れたのか?
謎が謎を呼びそうなので、ここで備忘録として記しておこう。



昔々その昔…某社のGSX某というバイクに跨がっていた古き良き日。
訳あって封印した単車人生が四輪生活に変わってかなりの年月が経過、そろそろ人生も後半戦になって、単車生活にリターンしたくなったという話。

さて、どんなバイクが良いかな…と見るんだけどね。
はぇぇぇぇ〜バイクばかりなんですよ。
見掛けも格好良くて早そうなんだけど、実際早い。
とてつもなくえげつない運動性能です。

車のえげつないのも乗って来ましたけど、車両の限界性能が高くなってくると、破綻した時のリカバーもそれに比例して早くやらんと、ダメだった時のダメージは、限界の低い車からするとコレは二乗に比例していくんですよ。コレが。

ですので、反射神経が鈍ったこの年代に、目も追い付かない乗り物を乗ってはいけません。

という事で…

1.トコトコ走れるバイクが良い。(早いのは危険)
2.最低の逃げ道である高速も乗りたい。(125cc以上)
3.維持費は安い方がいい(250cc以下)
4.荷物が載る方がいい(ツーリング仕様)
5.林道も走れる方がいい(野営は林道だろ?)
6.夜道も明るい方がいい(強行軍に夜間はつきもの)
7.航続距離は長い方がいい(夜間の林道なんてガス欠の危険を考えたくないぜ)
8.車体は軽い方がいい(どうけコケッチするんだから起こすのがラクに限るってもんだ)
9.メンテナンスが楽なほうがいい(複雑な複数気筒なんて無理)
10.初期費用は安い方がいい(なるべくボロじゃない方がいい)

で、候補に上がったのが以下
1.YAMAHA TT250R レイド
2.SUZUKI ジェベル250XC
3.HONDA XR250BAJA
4.SUZUKI ジェベル200

このラインナップを見ると「どうだ!」と胸を叩きたくように見事なくらいMillennium前後を飾る変態車ばかりだ。
まぁ平たく言えば、俺を満足させる条件を満たせば満たす程に、バイクは変態の域に進んでしまうようだ。

そして、篩い分けをする…入手性、価格、程度…。
全てを満たすバイクを探した結果…

あれ?いいのがあった!!

KIMG3172.jpg

という事で、ジェベル200がガレージに鎮座する事となった。

さて、うちの個体であるが…

型式 SH42A-118XXX
営業機種番号 DR200SAY→概ね2001〜02年モデル
通称名 ジェベル200
SUZUKI DJEBEL 200(ジェベル) DR200SEY

DJEBEL200
-SEP 1993/3〜 No.100001〜
-SER 1994/5〜 No.103930〜
-SES 1995/2〜 No.105801〜
-SEV 1996/12〜 No.109300〜
-SEW 1998/2〜 No.112424〜
-SEY 1999/9〜 No.114262〜
-SEK3 2003/7〜 No.120127〜
-SEK5 2005/4〜 No.121665〜
全長(mm) 2150
全幅(mm) 805
全高(mm) 1150
シート高(mm) 810
乾燥重量(kg) 108
総重量(kg) −
キャスター角(度/分) 29/
トレール(mm) 112
ブレーキ型式(前) 油圧式ディスク
ブレーキ型式(後) リーディングトレーリング
タイヤサイズ(前) 70/100-21 44P
タイヤサイズ(後) 100/90-18 56P
エンジン・トランスミッション
型式 H402
エンジン種類 空冷・4サイクル・単気筒・SOHC・2バルブ
総排気量 199
圧縮比(:1) 9.4
ボア(mm) 66.0
ストローク(mm) 58.2
最高出力(kW/rpm) 15(20PS)/8500
最大トルク(N・m/rpm) 18(1.8kg・m)/7000
始動方式 セルフ式(キック式併設)
点火方式 CDI式
クラッチ方式 湿式多板コイルスプリング
変速機型式 常時噛合式5段リターン
燃料供給方式 キャブレター
潤滑方式 ウェットサンプ
燃料タンク(L) 13L(無鉛レギュラー)
リザーブ 2.5L
スパークプラグ NGK ND
標準型 DR8EA X24ESR-U
冷え型 DR9EA X27ESR-U
焼け型 DR7EA X22ESR-U
バッテリー YTX7L-BS
メインヒューズ 20A
推奨オイル粘度 SAE10W40
オイル量
850cc(通常)
1100cc(O/H時)
チェーン RK520M0
リンク数 112
キャブレター BST31
メインボア φ31
アイドリング 1500rpm
推奨空気圧 前1.50 後1.75

だいたいこんな感じである。
整備書をいちいち引き出して見るのは面倒なので、ここを見れば良いようにしているつもり。
だからここの暗号は増えるかも知れません。

posted by lantur at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | ジェベル200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]