2018年11月03日

能登に行ってみた。その3

氷見でしこたま飲んでご満悦の朝…
残念ながらこれにて能登とはお別れ。
帰り際に見た能登鉄道は鮮烈なイメージだった。(次は乗ろうと心に決めた)

帰りのルートは、糸魚川を経由しての大糸線を巡るルートに決定。
程なく長野県に入って、秋の深まりつつある北アルプスどぉぉぉん である。
これは見とかんとイカンでしょ?
という事で、適当に走ると「岩岳ゴンドラリフトノア」発見。
こりゃ乗って目の前でどぉぉぉんを見ましょう。

悩ましい事に、ここはMTBコースがあって、ゴンドラにMTB乗せてコースを走れるようなんです…
あ〜乗りてぇ。ここもまたこよう。

ゴンドラを降りると、ちょこっと見えるその雄大な景色…

来たぁ!! お見事です。

山は素敵ですなぁ。
特に雪山は美しい。
あの山から見える景色見てみたい…。
と昔から思っているのですが、そもそも寒いの無理。
致命的です。あ〜残念。

白馬に来たら…やっぱり、嶺方峠ですね。
お約束です。

そして、ふとこんなポスター見ちゃったんです。
佐久で…

リンちゃんの言う事はごもっとも。
飲んだら乗らない!乗るなら宿泊!
は〜い、追加一泊決定で…。

だよね。だよね。だよ〜ね〜♪

で、何故かいつものエビが登場しちゃって…byTrattoria SIN

葡萄酒になっちゃいました♥
いやぁ〜これもうめぇ〜
能登の夜は長野まで引きずってうめぇのなんの…という事で、能登旅行これにて終了。

posted by lantur at 22:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | 飽食紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]