2019年01月13日

旧東上線線路跡を行く。

東武東上線は、東松山を過ぎると本来向かうべき嵐山に線路は向かず…だいぶ北寄りを進んで、最後に一回ひねりを加えて嵐山駅にアプローチという妙な路線経路となっている。

なんでも、戦中に飛行場計画があり、その用地として東上線がルートとして被った為に北側に移設を余儀なくされたという話らしい。

しかも、東上線時代の用地は未だに健在で、境界杭もそのままという、路鉄にはたまらない状況。

これは行くしかあるまい。

P1140139

さて今回の出発は武蔵嵐山界隈の線路際です。

ここから不自然に曲がる東上線…

P1140133

直線にすると、この何の変哲も無い道路になります。

P1140135

道ばたを見れば、すぐに東武鉄道の境界杭が…ww

P1140138

どうやら、頭がポイントのものと十字のものがあるようです。

P1140139

そのままR254まで

P1140142

敷地はR254を横切り、現在の武蔵嵐山病院あたりで若干北寄りに向きを変えて…

P1140148P1140151

大きな工場(BOSCH)裏で再び道路形態となります。

P1140152

そして工業団地を隔てる道路の一部となって東松山工業団地に飲み込まれます。

P1140156

森林公園駅の界隈で再び道路として現れます。

P1140160

K47(旧有料道路)を過ぎると…

P1140162

再び境界標が姿を現します。

しかしコイツ↓よっぽど焦って製作しているのか、頭の平坦部が傾いています。

決して写真がゆがんでいる訳ではありません。

P1140164

お見事な埋没杭…

P1140165

P1140167

そして現在の東上線まで来ました。

そしてこのあたりは…

P1140172

設置は最近でしょうね…TOBU界プレート真鍮製

P1140175

これが格好いいくらいの配列で並んでいるんですよ。

痺れるぜ。

P1140176P1140178

さて、廃止路線の探索も終わって、箭弓神社に行ってみると これから出初め式が…というナイスタイミング

P1140179

いやぁ…お見事なものです。

素晴らしい。

P1140202P1140225

posted by lantur at 21:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | 先人の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]