2019年03月30日

JA22ジムニーのベルト交換

単なる備忘録

ワシのJA22、来月車検なのでボンネット内を覗くとベルトがヒビヒビ…。

早速交換用のベルトを手配。

オルタネータ(発電機)用のベルトが駄目なんですが、どうせ交換するならエアコン用のベルトも一緒に交換してしまいましょう。

P3305817

部品番号は写真のとおり、95141-84040と17521-80F52となります。

合ってるかは外して比較してみないとわからんですが…

P3305814P3305815P3305816

作業手順は以下

@オイルレベルゲージのガイドパイプをヘッド脇のボルトを外す。

Aガイドパイプを上に引き抜くと、簡単に外れる←パッキンも一緒に外れるので忘れずに。

Bそのままでも作業はできるが、レンチを振る空間が欲しいので、電動ファンを外します。

C電動ファンは、4カ所で固定されているが、ラジエターリザーブタンク脇のボルトだけは、妙なブラケットがついていてスパナしか使えず難儀。

D電動ファンは、エアコンのレシーバーに多少干渉しますが、ファンを90度回せば外れてくれます。

Eエアコンのコンプレッサーのアジャストボルトを2本緩め、コンプレッサーをエンジン側にスライドするとVベルトが取れます。

Fオルタネータのベルトは、テンションプーリをアーレンキーで取り去ります。テンションプーリーは2本のボルトで固定されていますが、黙って2本とも取り去る。←プーリーごと外れる。

Gベルトを外して点検。

H一応、プーリーを見てみるが、変なごりごりも無く、それほどの劣化は認められないので、再使用←意外と簡単なので、甘くみている。

I改めて新しいベルトを組み付け、テンションプーリーを旧来位置にセット。六角スペースに10ミリのアーレンキーを突っ込んで、所定テンションを掛けて固定。

JエアコンVベルトは、コンプレッサーにバールを掛けてテンションを維持してアジャストボルトを締め込む。

K解体手順を逆に追って組み付けて終了。

P3305827P3305826

オマケ…

P3305813

posted by lantur at 12:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]