2017年02月05日

雨が降るまで歩いてみる

なんでも、今日は午後には雨模様との事で、秩父34Rは順延。

少し身体が重めなので、歩いて絞る事にする。

郊外にデポしてスタート。

http://yahoo.jp/TR2P4I

 

 

嵐山駅を過ぎて、里山を行くと満開に近い梅が咲いていた。

仄かに香る梅の香りが心地よい。

 

P2050939

 

里山の集落の道は、すぐそばに県道や国道が走っている事も忘れさせるくらいの静けさ。

あ〜極楽だわ。

 

P2050940

 

道端にふと…神社。

こんな場所にも神様を祀る昔からの信仰があったんだなぁ。

地元の方が大切にしているのが分かる手入れ具合。

今度行ってみよう。

 

P2050941

 

集落から離れると、本格的な里山の道。

美しい。

これ…好きだな。

 

P2050942P2050943

 

しばらく気分良く歩いていると、静かな里道には似つかわしくない構造物…

まぁ、人の暮らしの便利さと引き替えには仕方ないのか…。

 

P2050946

 

 

 

 

歩みを進めれば、感じの良いため池に出た。

風もなく、里山の林の景色が鏡のように映り込む。

忘れなければ紅葉の季節に再訪したいものだ。

 

 

P2050947

 

稲架掛(はざがけ)の稲藁が残る風景もあとどのくらい見る事ができるのだろう。

 

P2050948

 

里山の林を抜けると、耕地にはガチョウが三羽放し飼いになっていた。

人慣れしているのか、近くに行っても逃げず、こちらを威嚇してくる…ww

 

P2050954

 

昼飯は「一力」天ぷらの有名な店である。

 

P2050955P2050956

 

しかし、今回は美味そうに見えた唐揚げ定食。

これもジューシーで美味かった。

一力で一撃で補給完了…どころか、過剰摂取となった。

 

P2050957

P2050958

 

その後、竹沢方面に向かうと、以前から気になっていた店を…

まるやま食堂である。

中華料理の看板が上がっているが、どうみても大衆食堂のソレだ。

怪しすぎる…今度是非行ってみたい。

 

P2050959

 

竹沢駅を過ぎて、またもや里山の道へ…

脇には電化された鉄道が通り、その先には近代的な工場が見えた。

あと何年この風景が残されているだろうか。

 

P2050962

 

空模様も少しずつ暗さを増し、あと一歩で雨が落ちそうになってきた。

今日は男衾で帰途に付くことにした。

帰りは東武の青い鳥号に乗ることが出来た。ラッキー!

 

P2050966

posted by lantur at 09:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446688932
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック