2017年01月29日

秩父34R-3

今回は、秩父札所巡りのうち、最も区間長のある31番〜30番間を、いつもながらのメンバーでとぼとぼ歩いてみた。

P1290876

今回は、前回の続きとなり、小鹿野の栗尾バス停からのスタートです。

バスまで少し時間があるので、こちらの松本製パンさんのコッペパンを所望

P1290865P1290863P1290866

 

こりゃ美味い!

岩手の福田パンもいいが、こちらのコッペパンはパン自体が本当に香ばしく美味い。

コレを喰わずして、コッペパンを語るなかれという感じだわな。

 

P1290867

 

戻って秩父駅。

何となく武甲山が近いぞな。

 

P1290868

 

栗尾に降り立って、巡礼スタート。

 

P1290869

 

いつも通る牧場は、牛さん放牧最中。

ナンだコイツ!って感じでじっと眺められちまったww

 

P1290870

 

宮平橋からは車の往来の少ないのんびりといした道を進む。

これが秩父の田舎道って感じで、とても気持ちが良い。

 

P1290871

 

薄川に掛かる木造橋に至る道は、まさに民家の庭先を辿る。

 

P1290873

 

すぐその先は、雪でも降ったら絶対に登れない急坂ww

 

P1290875P1290876

 

途中の民家のガレージには、素敵な旧車が…乗ってみたいぞ。

 

P1290878

 

法養寺藥師堂で小休止。

目への御利益があるとされるので、こんな絵馬が沢山

 

P1290880

 

道の駅両神温泉藥師の湯では、地域資源活用センターでミニかつ丼蕎麦セットをオーダー。

かつ丼は鹿の子に任せてけって感じだが、蕎麦は美味かったぞ。

 

P1290881

 

腹もきつくなって、本日最大のイベント。

巡礼古道を行く。

ここは渡川が数カ所あって、道も至る所で分岐しているので、迷う巡礼者も多いのだ。

今回は、冬期という事もあり川の水も少なくて…それっぽくなかった。

 

P1290885P1290889P1290890

 

途中の崩落箇所は、昨年よりも路肩がしっかりしており、意外と危険なくクリア。

雨や雪の後は、危険なのだお薦めできない。

落ちると、地方紙の三面記事にのっちまいます。

 

P1290891P1290893

 

あくまで、自己責任で行ってね。

 

P1290892

 

そして、白久駅まで辿り着いて、30番は次の機会へと繋いで終了!

 

P1290895P1290896

posted by lantur at 11:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]