2016年04月10日

「秩父34」−0

さて、秩父札所巡りをする上で、秩父市が作成した江戸古道MAPというとても為になる資料があります。
そもそも秩父札所巡りは江戸時代からの観音信仰の高まりから始まったとされているようで、当然人口の多い江戸からの巡礼者が圧倒的に多かった事でしょうし、その為のルートもその当時…
■@現在の17号→140号で秩父に入るルート
■A川越(河越)から安戸(東秩父)→粥新田峠経由で秩父に入るルート
■B吾野→正丸峠→横瀬から秩父に入るルート
の3ルートが主流で、特にAルートである河越→粥新田峠経由が人気だったようです。と、いう事でここを制覇してしまうべ…という今回。
ここを経由せずに結願はあり得んだろ?と言う事で、東秩父と札所1番の四萬部寺を結んでみました。

KIMG0586

小川にデポして、バス待ち。
1時間近く早い到着でしたが、東京のハイキングの団体さん、w大学のワンゲル部の10数人が次々に集まって、既に長蛇の列…
30分前にバスが発車待機で乗車可能になったのですが、中は押し寿司状態。
各々リュックを背負っているので、それがまた邪魔…ワンゲル部は60Lクラスのバックパックを持ち込んでおりますので、更に状況は悪化…と思っていたら、さすがイーグルバスさん!臨時の皆谷行きのバスを増便してくれて、ようやっと普通の握り寿司になったよ。しかし…最近の高齢者は口が悪いねぇ。
「スイカ使えないなんて、バス会社として怠慢だ」とか、来て乗っていながら「俺はこの辺りの山でいい思い出ないんだよ。来たくない場所だよ。何が好きでこんな大挙してこんな山奥行きたがるんだか」…オッサン!あんたの気持ちはいいんだよ。
嫌なら帰りなさい。

P4101638

落合交差点に到着。
ここから徒歩で秩父まで行くのだ。

P4101639

平野部の桜は既に終わった感が強いが、沿道の桜がまだまだ咲き誇る。

P4101642

テクテク歩けばそれほど掛からず、橋場に到着。
ここから山道を通って粥新田峠に行くのだ。

P4101644

なんでも、この交差点に巡礼の道しるべとなる道標があるハズなのですが、今ひとつコレと言ったモノを発見出来ず…コレかしら。

P4101645

橋場交差点からは、一気に高度を稼ぐ舗装林道がキツい。
途中の桜が美しく、息が上がった苦しさを紛らわせてくれる。

P4101647

ここからが巡礼古道となるようです。

P4101648

紫のツツジとヤマブキのコントラストがゲージツを感じた瞬間…
でも、それを切り取る技術はない…

P4101650

こんなステキな野道が待ってます…♪

P4101651

ぐるっと回って、先ほどの舗装林道に出ると、立派な庚申様が…
りりしいと言うか、金精崇拝にも通じる気がしません?

P4101653

ここから舗装林道と別れを告げて、再び古道に入ります。

P4101655

杉並木を縫うように歩いて…これが楽しい。
少し汗が流れて、木陰からの風が気持ちいいのだ。

P4101658

そして、サミット到着前に…こんなのがニョキニョキ生えてました。
調べたら、アミガサダケなる食用キノコらしい…。
生クリームやバター、パスタと相性の良い高級キノコだそうな。
ツンツンすると、結構な弾力があって美味そうではあったけど…ww

P4101659

粥新田(かゆにだ・かいにだ)峠到着

P4101660

道標アリ 従是西北埼玉県秩父郡三澤村←行く方面

P4101661

このあたりから眺める秩父は、いかにも盆地!

P4101664

まむし草三兄弟

P4101668

粥新田峠からの下山途中、少し開けた場所で音花火が次々と打ち上げられます。
何事かと近寄ってみると、地元のお祭りのようでした。

P4101669

榛名大神祭り…どうやら、この山の神社のお祭りらしい。

P4101676

うんちくは、こんな感じ。

P4101675

いかにも山の祠の大きい版といった感じだ。
けど、氏子さんの数やら気持ちは半端ないぞ〜

P4101672

焼き鳥…@80円

P4101674

ところてん@プライスレス!ハート(トランプ)
おにぎりを食べて、一休みです。

P4101679

下っていくと、ようやく巡礼道の道標が…

P4101680

そそ、これぞ江戸古道!

P4101683

お久しぶりの巡礼道板がこんにちは!

P4101685

山里近くは、桜と菜の花のコラボなのです。

P4101688

麓まで降りてきました。
一番まではあと数キロです。

P4101695

曽根坂峠入口では、これまた古い道標が…

P4101697

沿道の桜もこれぞとばかりに咲き誇りますなぁ。

P4101698

現在の峠の少し手前に昔の古道があります。
少しわかりにくりのですが、いままで通ってきた古道そのままの形状にコレとすぐにわかります。

P4101699P4101700

峠の少し前ですぐに新道と合流してしまうのですが、馬頭観音、四萬部寺の五重塔を刻んだ石がおもむろに置かれています。

P4101701

曽根坂峠サミット
新道になって峠の掘り割り化が進んでほぼ昔の状態を伺い知る事はできないが、馬頭観音が二つも峠の入口にあるって事は、荷を背負った馬が往来出来ずに居たって事だろうから…きつかったに違いない。

P4101703

峠を下りれば、目の前に四萬部寺
境内裏の道路には、秩父界隈の道標が…

P4101707

さて、ようやく秩父札所1番 四萬部寺です。
これで繋がったぜ!

P4101708

帰りは大野原から寄居−小川まで電車移動

P4101709

自分に甘く…補給。@ひかり食堂/焼き肉定食

posted by lantur at 11:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436799300
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック