2016年03月20日

「秩父34」−5

秩父34−4の続きとなります。

さてさて、今回の道中が秩父34を回るうちで、最長の寺社間を誇る区間となります。

P3201240

三峰口に降り立つと、三峯の山々は白く煙って、全体がベールを羽織った感じに見える。 花粉が粉体爆発すんじゃね?ってレベルの濃さ。
すぐに手もかゆくなる…まいっか。
という事で、荒川を渡り贄川宿の集落をトレースしつつ、阿弥陀寺を通過。
ルートロストを地元の方にフォロー頂く。
なんでも、道そのものが明後日に行っているとの事ですが…

P3201241

少し山に入ると、すぐに出てくる不吉な看板…ww
崩落してるって…言ってましたけど、通れるんか?

P3201242

踏み跡の少ない山に入って、花粉浴をします…ww
眼鏡に黄色い粉が…

P3201245

で、出ました ボスきゃら。
ボスキャラってのは、ステージの一番最後に出てきて…なんですが、今回は最初っからかよ!

P3201247

足場はすっかり抜け落ちて、踏み跡に見えますが、渡した枯れ木に落ち葉が積もっただたけです。気軽に乗っかると、踏み抜いて30mぐらいは滑落します。
概ね怪我します。
前の写真の大きな石のところを右に大きく巻いて崩落ヶ所を避けて通過してください。
落ちたら洒落にならないような場所ですよ〜

P3201248

贄川沿いを進むと、苔むした鋼柱を渡した簡易の橋を多く見かける。
これはこれでなかなか風情があってよろしい。

P3201249

昼なお暗い杉林。雰囲気は最高だ。(呼吸は最低だが…)

P3201250

暗さも手伝って、苔も沢山生えている。
苔リストには垂涎ものなんだろうな。

P3201251

まもなく、何の前触れもなく巡礼道が消える。

P3201252

よく見ると、手前の巡礼道看板の奥…川を渡った先に巡礼道が続く…
つまり…

P3201254P3201253

こーゆー事だった。
雨の少ない時期は良いが、少しでも増水しているとこうは行かない。
写真の彼は、2m越える大男なので、スキップで渡り切るが、ワシは奥の石を飛び石代わりにして通過。
こんなところが都合4ヶ所。
グループで行かれる場合は、じゃんけんで負けた方が犠牲になって裸足のまま、他の人を背負って行ってあげれば、問題なし。。。?か?

P3201256

再び、県道に出てあとは道なりの道中。

P3201257

沿道には、山桜とおぼしき桜が花をほころばせる。
ピンクの花びらが可憐だ。

P3201260

途中、風情のある酒屋さんの前を通る。
旧近藤銘醸さんの社屋兼住宅だそうな。
大正12年の建物は、今も現役として立派に通用しそうな感じだ。

P3201261

お昼は道の駅両神温泉藥師の湯へ…
温泉施設脇の食堂でランチを…美味かったぜ

P3201262

間髪入れず、隣接する法養寺薬師堂

P3201264

相模の日向薬師、三河の鳳来薬師と共に、「日本三体薬師尊」とされ、眼病に良いとされているそうな…当然、ワシの目玉の厄難をどっかに飛ばしてくださいませとお願いしときました。

P3201266P3201267

両神小学校裏には、かわいい木橋が…
ピアはコンクリート製ですが、なかなか風情があってよろしい。

P3201268

がしかし…川を隔てた急峻な斜面は、かなりえぐい…
風情とか情緒を蹴飛ばして、捨ててやりたくなる。

P3201269

みちすがら、何故か八重桜…もう、季節ですな。

P3201270

両神から栗尾に向かう橋は、よく見ると昔の橋門が残されていた。
なかなか立派だ。

P3201273

R299に出ると、31番 鷲窟山 観音院までの小さな道しるべ石が…

P3201276

途中、299を通る機会の多い者として、とても気になっていた「たらちね観音」を拝観する。

P3201278

垂乳根(たらちね)観音という観音様なのだが、不謹慎ながら垂乳根どころか爆乳の上に張りがあってパツパツとしとる…これなら、メインテーマである母と子の絆を繋ぐ…には十分ですな。

P3201280

そして、どっかで見たことあるような風景…

P3201279P3201281

紫雲山地蔵寺…水子供養ブームの先駆者である、橋本徹馬氏が昭和49年に落慶した水子寺です。
まぁ、新興宗教みたいなもんです。
山間にスピーカーでお経が流され、気味が悪い場所ですわ。

P3201282

そして大竜寺源泉!♪
近所の温泉旅館は全てこちらの源泉を利用しているだとか…
施設脇からわき出る水もぬめぬめとしてここ特有の温泉感がある。
なかなかレアな場所。
ちなみに100円で40リットルの源泉が購入可能なのだ。

ポリタンク片手に行ってみるのも手だな。

P3201284

そして、31番 鷲窟山 観音院 到着
でも、ここから300段近く、石段を上がる必要が…

P3201286

ゼイハァしながら到着。

P3201289

山の裏には、すぐに聖浄の滝と呼ばれる60mもの高低差を持つ滝があります。
なかなか立派なのですが、残念水量が極端に少なくて滝としての迫力はありませんでした。

P3201292

さて、帰路につきます。
栗尾のバス停までとことこと歩いて戻ります。
あらぁ…風情ある巡礼標ではありませんが…いいですねぇ

P3201293

栗尾のバス停でバス待ち…パカパカと聞き慣れない音が…
おお!近所の牧場から乗馬を楽しむ方々が…いいなぁ。ワシも乗せてくれ。

P3201294

と、そんなこんなで、仲良し双体道祖神様が…ハート(トランプ)
なかなか癒やしの表情がステキ

posted by lantur at 14:33| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うひぃぃぃなんか怖いですねwww
そして爆乳^o^
Posted by のた at 2016年04月20日 11:46
のた様
だろ?
Posted by らんた at 2016年04月22日 21:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック