2016年02月07日

「秩父34」−1

行ってみた。「秩父34」
P2070934

前日深夜の雨はすっかり雪に…
別に雪で困る事は無いが、交通機関がヤバそうな気がする…

P2070860P2070866

見てのとおり、山は白く凍てついて、橋梁はこのありさまだ。
ホントの凍結路。
コレで秩父まで行くと思うと、気が重い。

P2070867P2070870

そんな心配も寄居を過ぎた頃から杞憂に終わった。
何故かあの秩父に近づくごとに、道路脇の雪が減って、仕舞いには完全ドライ!
すばらしい巡礼日和と相成った。

P2070872P2070874

先ずは、秩父札所1番の誦経山四萬部寺まで、西部秩父駅より皆野行きのバスに揺られる事20分…到着。
納経所には様々な札所巡りグッズが販売されており、何の用意も無くても札所巡りを始める事ができる。至れり尽くせりだ。
今回は、秩父札所34用の納経帳を購入。
コレ…1〜34までの札所番号順に能書きが書かれており、なかなかの情報量。
うん、コレは良い買い物をしたぞ。
無事に初の参拝を済ませて、納経所で御朱印を頂く。

P2070875

朝は、まだまだ雪が残っており、地蔵様の周りもこのとおり。

P2070877P2070878P2070880P2070879

次の2番札所、大棚山真福寺に歩を進める。
道中、様々な道標が道端に設置されており、迷うことはおろか、興味を引くものばかりでなかなか歩みが進まない程だ。

P2070888P2070889

2番札所の大棚山真福寺は、少し小高い山腹にあり、山里を抜けると昨夜の雪がまだまだ残っていた。
当然凍結していて、気を緩めると確実に転倒する事請け負いだ。

P2070894

這々の体で大棚山真福寺に到着。

P2070897

眺めは随一と言われるだけあって、遠くまで望める展望は、雪の白さも手伝って美しさはこの季節ならではだと思う。来て良かったと思う瞬間だ。

P2070900

綻び始めた梅も、この雪にびっくり。
雪の白さと梅花のピンクのコントラストも眩しい

P2070902P2070903

下山は登坂の往路より厳しかった。
何せ滑る…凍結路よりも、雪が残る昔の山道を選んで楽しむ。
う〜ん、楽しいぞ

P2070908

途中、風に揺れる木々からのプレゼント。
ほぼ吹雪き状態…ww
これが秩父クオリティ!

P2070914P2070913

2番札所の大棚山真福寺は、無住職の寺社の為、納経所は下山した先の光明寺となる。
札所ではないがこの光明寺も立派なお寺さんです。

P2070915P2070916

昼食は泰山北斗さん。
自転車で訪れた時も美味しい中華を楽しませてくれた。
今回も楽しみなのだ。

P2070917P2070918

ランチは確か3番…鶏唐黒酢餡掛けの定食にしてみた。
目一杯お腹が減っていたので、ライス大盛りの暴挙…

で、これが完全に裏目

オードブル…?な小ラーメンから始まって、大きな餃子、そしてメインディッシュの鶏唐とどんぶり飯…完全にオーバーですって…ww

P2070919

さて、お昼も済ませて巡礼を続けましょう。
3番…岩本山常泉寺

P2070921P2070922

本尊の竜の彫刻が素晴らしい。コレは拝見出来て正解。
昔の職人の腕は、時間を越えた感動をいただけます。

P2070925

4番高谷山金昌寺への道すがら…素敵な人通橋が…
この車社会に、人様を渡す為の橋がちゃんと維持されているっていいですよね

P2070926

4番高谷山金昌寺到着。
このデカ草履…子の権化を彷彿とさせますね。
仁王様の健脚に奉納されたのだそうです。

P2070928

なんと言っても此処の目玉は、所狭しと並んだ石仏です。
様々な表情の石仏が巡礼者を待ってくれています。
じっくりと眺めました。

P2070929

本堂は唐風建築で、少し変わった雰囲気です。
軒の裏側は、通常の寺社建築とは明らかに違います。

P2070930P2070931

ふと見回すと、昭和を代表する秩父の政治家「荒舩清十郎」氏の墓標が…。
そんな場所なんですね。

P2070933

そして5番小川山語歌堂
こちら、慈覚大師作とされる准胝観世音菩薩が祀られていて、日本百番観音霊場の中でも、この菩薩様が本尊とされているのは、この秩父札所五番の語歌堂と西国札所十一番の上醍醐寺のみなのだそうだ。いわばレアカードですな。
こちらも無住職な寺社なので、近隣の長興寺で御朱印を頂いた。

本来なら次は6番に進む所ではあるが、物珍しさと見所の多さに各札所での滞在時間が長く、とても納経所の開いている時間に間に合いそうも無い。

と言う事で、今日はここで折り返して戻る事に…
が、帰りにも札所があるのですよ。

まぁ、秩父札所巡りは、堅苦しいルールがある訳ではなく、巡礼順序も番号どおりである事が必ずしも強く求められるという事もないので、気軽に飛ばして行ってみます。

P2070934P2070935

10番 萬松山大慈寺
アニメ「心が叫びたがっているんだ。」のロケ地の一つなのだぞうです。

P2070936

ここは、有名なんだってさ。このアニメ見てみよっと。

P2070937P2070938

そして、本日の最終…
11番 南石山常楽寺
羊山公園近くの寺社なのですが、芝桜の時期には参拝客に混じって、見物客までが駐車場を占拠し押し寄せて大変なのだそうです。
本来のお寺さんのお仕事が麻痺してしまうなんて、とても大変ですね。

さて、巡礼初日は無事に終わって次なる札所に行きましょう。
いつになるかなぁ。

posted by lantur at 14:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック