2007年05月26日

気持ちよく周回

いよいよ来週は富士ヒルクライムだ。

気分はそこそこで、なかなかモチベーションも高い。
低いのは、我が身のエンジンぐらいなものだ。

今週前半の当てにならない天気予報は週末の悪天を予想していた。

日曜に乗れない事が確定しているので、土曜に最終調整を考えていただけに、週の前半は憂鬱だったが、週末が近づくにつれて好天の予報に変更〜♪

最終調整だからガッツリ走っちゃえ〜。

 
さて、相手は富士ですから、それ以上走っておきたいところです。

そもそも富士は、

□距離 :25km (計測部分24km)
□標高差:1,270m(計測部分1,255m)

第一候補は、大弛峠  30kmで1700m…
第二候補は、二度上峠 30kmで1100m…

どっちにしようかと。。。


で、結論は奥武蔵でぐるりん。


ワニさんの練習メニューに相乗りさせて頂きます。


何でも、定峰経由でどっか行くらしい。




DSC07422.jpg

朝っぱら最近のマイブーム


高谷角山線


林道と名が付きますが、何て事はない丘陵を越える道です。
この辺りは夏は蛍が乱舞する素晴らしい所です。

緑が綺麗で心和みます。

朝からマッタリな俺…ww



DSC07425.jpg

松郷入口で合流予定でしたが、時間が余ったので松郷のPeakまでお出迎え。

とにかく新緑が眩しい。




DSC07426.jpg

松郷出迎えたのは、ワニガメさんにあかさん、そしてお久しぶりのピユキさん。

新車のオルカが輝いておりました。

その後、『マッタリ走る』と言い残してあかさんが御堂線に向けて旅立ち、残った3人で定峰を上ります。

案の定…数qで一人旅です。

それにしてもピユキさんはぇぇぇぇぇ〜汗

あっちゅう間に見えなくなります。



そして、定峰のPeakで…


『走り足りないので、秩父側へ下りて、定峰線経由で帰宅してランします』


だそうです。はい。恐れ入りました。

しかし、怪物やなぁ。 ぁぁ怖い怖い。

ぬっち教官といい、ピユキさんといい。

化け物や。このあたりは、お化け屋敷かいなぁ。






DSC07428.jpg

んで、下って横瀬の珍達そばでお昼です。

今回は前から美味そうに見えたチャーハン逝ってみました。

ワニガメさんはお初でして、お決まりの珍達そばを所望。


 お昼の会議で裏有間決定〜♪
(つかそもそも決定してたってかぁ)





DSC07429.jpg

R140を下ると、秩父駅の先の踏切で偶然SLに出くわします。
元鉄だけに血が騒ぎますな。

力強いSLを見て、血湧き肉躍って…元気回復かぁ?

でも、相手が裏有間だもんなぁ。
表から下ってもかなりしんどい。

って事は上がるのはもっとヤヴァイ。





DSC07431.jpg
DSC07432.jpg

しかし、今日は暑いです。

浦山ダムへ上がる道…車通りが全く少ないです。

初夏のような日射しに焼けたアスファルト

容赦なく屁タレを襲うダムサイトへのアプローチ。

冷蔵庫のようなオアシスのトンネルを抜け、ダム湖の湖畔へ。



陽炎立ってます。 おひ。真夏かよ。



ボトル1本7割水入り…。

自販機・昇天商店極めて少ない…


そして裏有間…。


すっげ〜身の危険感じてますが…何か?








DSC07433.jpg

あぁ…とうとうこんな看板がある所まで来ちゃいましたよ。

いよいよ今度は人家もないエリアに。

確実に人間より動物の数の方が多いです。



本格的な山に入って、ワシに容赦なく降り注ぐ直射

喉がぁぁぁぁぁ〜からからやぁ〜



ボトルを取る回数…激増!!


でも、あまりゴックンしちゃうと、ホント洒落になりません。

沢水が美味そうなんですよねぇ。

でも、昨日の雨でちょっと濁ってます。


飲めるかなぁ…と、そんな事を考えるようになりました。



気が付くとワニガメさんがおらん…orz


置いて来ちゃったかなぁ…  って妄想が…  かなり危ない俺。





DSC07434.jpg

そそ、裏有間ですが、これがね。。。

意外とイイんですよ。

いつも下ってばかりでしたけど、上ってみて再認識です。


初っぱなの浦山ダムサイトの上りは12%とかしっかり明示してあっていきなり萎えますが、実はそこが一番の難所だったりします。


焼けたアスファルトの洗礼を受けるさくら湖畔は、数ヶ所のトンネルが涼を提供してくれますし、本格的な山間に入れば、茂った木々が適当な木陰を作ってくれます。

何より、秩父側からのアプローチである裏有間は進入が北斜面側になるので、日陰が比較的多いのです。

冬場に降雪が最後まで残るだけあって、日照が少ないんですね。


正直、給水をしっかりやれば丸山林道よりラクかもです。
(って思っているのは俺だけ?)




DSC07435.jpg

そして稜線をトレースし始めるとようやく到着です。

置いてきたハズのワニガメさんが何故かPeakに居たぜ。
(まだ言うか!!)

景色を眺めてゆっくり下山。

干物を水で戻す為に、さわらびの湯の脇の売店で命の洗濯を敢行。


干物が戻ったので、永田までワニさんと2両編成でクルクル。

永田でトレインを切り離して日高団地で鈍行に乗り換え。

脚が回りません(号泣)



ホントは毛呂山経由でR407とか、旧有料道路のr173が順当なんですけどね。

珍しく、川島CRから荒川CRと伝わって…




DSC07436.jpg

ここで、30分昼寝〜♪

…って、17:30からだと夕寝?

30分間死亡したら、少し戻りました。




帰宅して風呂入ってサッパリだぜ。

風呂上がりに目方に乗ったら…10数年ぶりの数字だった。

上がって3分したら戻ったけどね(爆)

麦茶1L一気飲み〜


プハ〜うめぇ〜



って事でして、非常に有意義な直前練習でした。



ワニさん、ご苦労様でした。



本日…172km  


posted by lantur at 22:29| 埼玉 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆さん、頑張って登ってますね〜^^
焦ってきた。orz
Posted by katsu at 2007年05月27日 12:03
遅くなりましたが、お疲れさまでした。
翌日はなんだか結構脚にきてましたよw
思ってたより距離あったみたいね。
でも、裏有馬案外好きかも!
Posted by ワニガメ at 2007年05月28日 11:08
>katsuさん
いへいへ。
いいんですよ。そのままで。


つか、katsuさんもしっかり走ってんじゃん!!
油断大敵やなぁ。

>ワニガメさん
私的にはなかなか良いかと思います。@裏有間
緑が多いし、淡々とこなして到着出来ちゃいますので。
また参りましょう。
Posted by らんた at 2007年05月28日 12:35
ども〜!お疲れ様でした。
富士前の最高のトレーニングになったようですね!
これで、ばっちりですね。(^^)/
Posted by ピユキ at 2007年05月29日 00:26
>ピユキさん
お疲れ様です〜。
ピユキさんはサイボーグ化が進んでしまって、いよいよ後ろ姿も霞んで来ましたなぁ。
バッチリと言いますか、昨年より向上が目標に下方修正。。。orz
Posted by らんた at 2007年05月30日 00:05
>化け物や。このあたりは、お化け屋敷かいなぁ。
我がチームも同じです〜^^;
それにしてもみなさん、、よく乗って、よく登りますね〜
尊敬。。です〜

私も今週末は「乗鞍ヒルクライム」です。
スカイライン側を登ってきます〜
お互いに楽しみましょうね〜(^。^)
Posted by オリオン at 2007年05月30日 06:30
>オリオンさん
おお〜お互い(って言っても、レベル違いすぎですが…)頑張りましょう。
楽しんで下さいね。

Posted by らんた at 2007年05月30日 08:15
裏有間いいですよねぇ
あのいつもの下りをゆっくり登ると、いつも下りで見えなかったものが沢山みえますもん(^^)
Posted by よっち at 2007年06月04日 12:37
>よっちさん
裏有間…結構好きになりそうな予感。
裏の方が路面も良くて日陰も多いですね。
夏にはいいかも〜♪
Posted by らんた at 2007年06月04日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック