2014年11月02日

日本を代表する神様に逢いに行ってみる−帰還番外編

PB029905

那智大社のリベンジを果たしたワシ…帰り際にふと気付いた。
新宮市を見渡す山に、気になる祠が見えたのだ。

PB029891

地図を見てみると、神倉神社というらしい。
由来も何も分からず、行ってみる事に…

PB029893PB029894

能書きを見れば、昨日の速玉神社の分家のようなモノと判明。
コレは行かねばなるまい。。。。

PB029895

ってな。
早速登る事にしたんだが…
この写真で分かるだろうか?

PB029896PB029898

階段がより遙かに高低差がキツイ…。
45度より急角度な階段なのだよ。
それも、濡れて苔むしているときている。
ここにお年寄りを登らせるのは、かなりリスキーじゃねぇのか?
と心配していたら、かなり高齢のジジババがひょいひょいと登って行きおったよ。
恐るべし…熊野パワー。

PB029902PB029904

そして、歩く事10分で到着。

PB029905

こんな感じ。
新宮さん、ゴチ!ってね。俺のモノ新宮!と勘違いしそうな眺めに大満足。


と言う事で新宮を後にして、帰途に…
順調に紀勢道から伊勢道路、伊勢湾岸道路を経由して東名に…

で、浜名湖SAで寄り道してみたよ。

PB029972

と言うのは、浜名湖遊覧船なるものが…
これは乗らねばなるまい。

PB029928PB029929PB029943PB029952PB029954PB029959PB029961

一周20分程ですが、漁船を改造した遊覧船で、非常に楽しいひとときを過ごす事が出来ました。

これは面白い。

運転に疲れたら、気分転換に最高です。


程良い気分転換も出来て、運転の疲れも感じないまま帰宅。
う〜ん。思い出深い旅となりました。

posted by lantur at 14:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 先人の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック