2015年01月11日

1月定例野営焚き火会

2015年初めての定例会は、嵐山の都幾川沿いの学校橋へ…

P1104471

新年あけて、最初の野営会…
某、Royajiさんとご一緒して、耐寒訓練と相成りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午後になってゆっくり出動。
今日はいつものRoyajiさんと焚き火を囲みます。

P1104462

今回はお気楽仕様な装備で挑みます。
暖めるか焼くかすれば食えるモノだけとも言う…ww

P1104464

本日は、ゲストの方がお越しになられております。
居着き猫のじまじろうです。。。

P1104461

今回の学校橋は、広くてなかなか居心地がよろしい。
ただ、河原はペグダウンしにくいんで、風が怖いのであった。

P1104470

オイカワの釣れそうな良さげの雰囲気の河原…ジュルジュル

P1104472

寒さもボチボチで、極寒訓練にはチト冷え込み足らずと言ったところか。
でも、意外に冷え冷えでしたけど。

P1114473

翌朝…パリパリのテントを朝日を浴びにモゾモゾと這い出る。
結構霜も降りて、冷え込みは厳しい。
某P氏が野営した朝は15mm厚の氷が張ったという事だが、ワシのコッヘルのコーヒーは、10mm程度しか凍っておりませんでした。

P1114474

とりあえず、寒さ凌ぎに焚き火再開!
最近は着火も上手に早く出来るようになったのだ。

P1114475

ワシのマイ焚き火台にも着火!
朝は炭では無く、薪で暖を取る。
コレ…宮古市のやまか商店さんのリリースするB6君用の薪『コンパクト焚き火台用薪 こまきちゃん(細) 15cm±2cm』なんだけど、これが専用だけあって素晴らしくいいんですよ。
しかも、大きな焚き火台に大きな薪に火を付ける為の焚き付け用途でも優秀。
十分に乾燥していて、きちんと燠火になってくれます。
しかも専用の大きさなので、B6君の投入口から簡単に薪を投入できる!
燃焼時の煙の発生も少なく、香りもいいです。
焚き火をやってくると、薪の材料ってのは快適に過ごそうとすればするほど、その質がとても重要だと知らされる訳です。下手な薪は、煙ばかりでちっとも勢いのある炎を出さないまま、挙げ句の果ては燠火にならずに灰になって消えてしまいます。。。
山中では、現地調達する事が前提ですから、あまり贅沢は言えないのですが、炭を持参して色々な焼きモノを楽しみたい場合は、切炭を持ってくる訳ですので、マイ焚き火台用には、自分の使いたいモノを…と思ったりする訳です。

という事で、朝からマイ焚き火台で焚き火しながらソーセージを焼いて食べて朝食にしましたとさ。。。
その際、ワザと発火させずに煙を出させてソーセージを燻してみましたが、この薪…香りもいい!美味し! という事で大満足。

10時…ゆっくりボチボチと撤収して終了!

ああ…のんびり楽しい野営でした。

posted by lantur at 11:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンプ野営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それほど寒くないとはいっても、じゅうぶん寒いですよね(^_^;)
焚火はいつやっても最高です。
あの炎のゆらめきに癒されます。
Posted by サトシ at 2015年01月13日 11:40
サトシさん
寒さと焚き火の有り難さは相関関係ですからねぇww
ホント癒やされますね。
今度は是非ともご一緒しましょう
Posted by らんた at 2015年01月14日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック