2014年09月13日

越後妻有に逝ってみる

さて、富山に宿泊した翌日。
富山観光がセオリーではあるが、ここは一発越後まで戻って、欲望を満たしたい。

NCM_3048

おはようございます。
朝食からモリモリ食べますよ。ww
最近、無料朝食付きのビジホが増えて、旅の自由度が増しました。
結構、地方都市は朝一の食事に困る所も多いですからねぇ。

P9138966P9138967P9138968P9138970P9138976

さて、駅までゆっくり自転車を漕いで、富山市内の路面電車を見学。
こういう交通機関が地域に根ざしてくれると、車社会の弊害を少なくする事が出来ると思うのですが…
都電と違って、モダンな車両とそうでもない車両。
それぞれ味が合って素晴らしい。

P9139073

さて、戻る事にしましょう。
富山から直江津まで、2時間程度のローカル線の旅

P9138981

お土産を見たり、駅舎を見学しているとすぐに時間が来ました。
惜別の情を感じつつ富山を離れます。
大阪まで行く、特急サンダーバードがここが関西圏の都市なんだと分からせてくれます。確かに、ホテルのロビーでは、関西弁が飛び交っておりました。
特におばちゃんの力強い事…ww

P9138986

昨日と同じ電車で直江津に向かいます。

P9138989

車窓からは遠く立山が…

P9138990

富山平野万歳な訳です。
とてもダイナミックな風景に圧倒されますな。

って事で、次は新幹線で富山にやってきて、制覇しようかと…

P9139008

コレにも乗りたいですし。

P9139027

車窓は素敵な日本海を進みます。

P9139033

行きに眺めた親不知海岸。
道路の橋脚は完全に日本海に足を付けてます。
鉄道も迫り来る海岸に補強工事は欠かせないのだそうです。

P9139074

さて、直江津到着。
今度は、越後妻有を目指してR253を東進します。
ふふ。目的地はあそこです。。。

P9139076

そう、あの

P9139077

孤独のグルメで紹介された

P9139078

儀明の峠の茶屋『蔵』さんです。

P9139079P9139084

まぁ、ここに行くのは別に孤独のグルメの舞台になったからというのは二次的な話で、ワシのお気に入りであるほくほく線鍋立山トンネルの地である事が大きく、比較的食事をする場所が少ないこの地で、以前から牛すじ煮込み定食が旨いという話は聞いていたにも関わらず、なかなか行く機会に恵まれなかったというのが正直な所。
ましてや、ツールド妻有の儀明ASから本当近くにあるので、一回訪れたいっていう気持ちも強かったのでした。

12:30過ぎに到着しましたが、私が対応できる最後の客…
ご主人と奥様で切り盛りしているお店ですので、自ずと対応できるお客さんの数が限定される。
昔、11:00ぐらいに訪れて未開店。翌年は14:00ぐらいに行ってこれまたCLOSEDの憂き目にあっていますから、今回も何かあるかなぁと思ったら、私の前に7人の団体さんが到着。7人も対応していては、1時間近く掛かりっきりになっちゃうとの事で、この後のお客さんは諦めてもらうしかなようで…私ギリギリ。
出来れば、ご夫婦2人で切り盛りしているんですから、4人以上で訪れる際には、店側にその旨を言って、事前に用意して頂く方がよいかと思います。
特に田舎の店は、そんなに急にお客さんがどどっと来る事はあまり無くて、親戚うちの慶弔事の納会とかがメインですからねぇ。
でも、ここは孤独のグルメで舞台になって、慣れっこって事でしょうか?
営業中の札が、準備中に変わってからも数人に方が店の玄関に立ちました。
何だか申し訳ない気分でいっぱいになっちゃいます。
特に、ロードで松代側から上がって来た若者は、ハァハァ良いながらヘルメットを脱いで、自転車に施錠して…一応それなりに身支度を調えて、玄関の支度中の文字を発見して途方に暮れておりました。←若者よ。。。自転車海苔にはそんな試練は次の旅へのスパイスじゃ。耐えるのじゃぞ。。。。

P9139085P9139086

こちら、牛すじ煮込み定食1080円
ハッキリ言ってバーゲンプライスですね。
まぁ、地方の田舎の街道沿いのお店ですから、この値段に付けるコメントはありませんが、大変美味しく、わざわざここに来て食べる…価値は十分あるかと。

P9139095P9139098

食事が終わったら、腹ごなしに観光です。
儀明と言えば、鍋立山 鍋立山と言えば星峠
星峠と言えば…棚田な訳です。
日本の原風景 棚田百選のうちでも上位に名を連ねる名所です。
素晴らしい棚田の風景と、来週には刈り取りが始まるであろう稲穂のコントラストが美しい。
この時期の棚田も心に残る絵になりました。

で!

そして!

コレはワシの単なる趣味の域

 

P9139107

さて、いきなり現れたこの煙突、この下を通る北越急行ほくほく線の鍋立山トンネルの排気立坑です。





この動画、ほくほく大島側からの入坑してくる電車の物なんですが、この動画を撮影する前に通過した松代側からのはくたかの容赦ない突入は、あまりの轟音に絶句でした。
入坑時のスピードが速ければ速い程、ピストン圧縮効果が顕著で、この排気立坑を吹き抜ける風と音が強くなる訳で、大島側からと松代側からの両方の入口から時を同じくしてはくたかが進入したら…考えるだけで、鳥肌…ハート(トランプ)

P9139116

辺りには、綺麗な山野草やら、沢山。
う〜ん。
コレはツリフネソウかな?

P9139117

これは、和製ホップのカラハナソウかな?
何だか楽しい。

ウロウロしているとあっという間に時間が経過。

P9139127

そして行きたかったその2である、ここに…

P9139129P9139134P9139135

美人林です。
うん。これは問答無用で、造形美…そしてブナの美しい森。
見て感じる。これが一番の景色。

P9139136

越後妻有の最後は…名湯『松之山温泉』
ここの塩化物泉に使って蕩ける…もう満足。

P9139137

そして満足ついでに、帰りには、あおぞら本店!
焼肉とカルビクッパを腹に押し込んでこの楽しくも至宝の時間にピリオドを打った。

ああ…あまりに欲張って、身体が悲鳴をあげております。

posted by lantur at 14:52| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 飽食紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まつのやまーの雲海のお風呂入りたいですっ!!!

うしさん美味しそう…^q^
Posted by のた at 2014年09月16日 17:12
松之山はいいっすね。
塩泉まんせー
Posted by らんた at 2014年09月16日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック