2014年07月21日

行くぜ、東北。みちのく旅情Day3

みちのくの大都会「青森」の夜を堪能し、お腹も心も大満足。
さて、今日は最終日、一番長い移動時間が待っている。

P7218283

相変わらずのニワトリ起床部隊ではあるが、3日目ともなると起床時間は各々の判断という事で。まぁ、出発が比較的遅いので、駅まで散歩がてら青森の港町をぶらぶらしてみる。

P7218286

青森駅…と言えば石川さゆりの「津軽海峡冬景色」となる訳であるが、こんな夏空の下で綺麗な駅舎となれば、昭和の終着駅たる青森駅(雪の中)の描写を思い起こすのは無理というもの。
同行のR氏は、若かりし頃の記憶とはやはり違うとの事。
その昔は、古い駅舎の目の前に行商のおばちゃんが集まったような市場があったそうな。
今はそんな面影が、近くの近代的なビルの地下街に場を移している。

P7218288

構内には、ブルートレインでお馴染みの寝台客車が停車中。
今度是非とも乗りたいものです。

P7218289

さて、本日乗車する青い森鉄道の快速です。

P7218291

マスコットキャラクターが愛らしく可愛いです。

P7218296

途中千曳駅を通過…ここは、こころ旅で火野正平さんが下りたって、何もねぇと呟いたっけなぁ。確かに何も無い…ww

P7218307

八戸駅に到着です。
ここは、有名な観光地である十和田湖や奥入瀬渓流への入り口となります。
駅舎も立派です。

P7218309

お腹もこの数日の飽食から食傷気味…という事であっさりと冷やし中華

P7218311

時間も来ましたので、リゾートうみねこに乗車の為にホームへ…
今回は、自由席なので真剣に並びます…が、肩すかしだったwww

P7218313

こやつは、八戸線レギュラー車両のキハ40系
ワシ的には、もののけ姫仕様ですな。

P7218327

そうこうしているうちにうみねこ号入線

P7218329P7218330

このリゾートうみねこ号…ベースがキハ40系なのは、その昔乗車したリゾートみのり同様です。
そもそも、 このキハは2002年12月の東北新幹線の八戸駅までの延伸にあわせて登場したキハ48ベースの改造車で、元の名前を「き・ら・き・らみちのく」というお名前です。
昭和の車両をお色直しして、リゾート気分を味合わせてくれていた訳ですな。
その後、2012年春から「青森デスティネーションキャンペーン」再度のお色直し。
八戸線に運行されて、「リゾートうみねこ」として再登場となりました。

P7218368P7218370

この車内の配…何か思い出しません?
ほらぁ…!!!
ワシ的には、E7(北陸新幹線)のカラーリングっぽいですよね。
この配色センス…なかなかいいですわ。落ち着きます。

P7218345

列車は、八戸駅を発車して、沿線を各駅停車運行です。
自由席を設定していて(指定席も設定していてと言うべきか)、地元の学生さんの足になっている事もあり、リゾートしらかみのように全車両指定席での運行よりずっと地元に優しく配慮された運行方法だと思います。

P7218347

昨年秋に行った葦毛崎…車窓からの眺めというものは違った感慨があるものです。

P7218352

して、有名な種差海岸。
高校生をおぼしき少年少女が沢山下車していきました。
こんな列車で海水浴とかイケるのはいいなぁと少しうらやましく思ったりして。

P7218375

さて、列車は無事に久慈へ到着です。
この旅のメインテーマの一つ…三鉄に乗る!
去年は乗れませんでしたからねぇ。

P7218372P7218373P7218374

綺麗なラッピングカーが並んでます。
復旧前…分断されて寂しく本線で止まっていた車両も今は同じ線路の上を走っている訳で…感慨深いですわ。。

P7218376

久慈駅構内に停車していたTOHOKU EMOTION
意外に普通にお会いできました。
コイツに1回乗って優雅に食事しながら旅がしたいぜ。

P7218379

三鉄の方が、大漁旗を振って見送ってくれた…きっと朝ドラの一コマのシーンであるんだろうな。。

P7218392

三陸鉄道に関しては、リンク先を参照して頂くとして、興味深いのは一昨日乗った秋田内陸縦貫鉄道と同じく、未開通の部分を含めた旧国鉄路線を第三セクター会社が全線開通させて今に至っている事だ。
見えないご苦労があった事は事情を知らない自分でも分かる。
それが震災でズタズタになった訳で、復旧を望む地元の方々の強い希望があったからこその早急な復旧だったんだろう。
本当に感謝しつつ、乗車させて頂く。

P7218409P7218416P7218422

高架から見える三陸の海は、本当に優しく素敵に輝いて見えている。
けど、今でもあの日を振り返る映像には、同じアングルから撮影した荒れ狂った水の塊が押し寄せてくるシーンを映し出していた訳で…
ここ、朝ドラで有名な場所なのだそうです。
でも、そういうふうに見られないのは複雑な心境です。

P7218426

この聖地巡礼に訪れる方も多いんですって。
勿論、それはそれで良い話です。
このドラマは一回見てみたいなぁ。
少しほのぼのとできるかもです。

P7218439

こうやって手を合わせに訪れる人も多い場所なのだと認識しつつ、単に物見遊山でいいのか?
こうやって訪れる事も何らかの役に立つんだろうと思うしかないのですが…
まだまだ復興という文字には遠い現実を、例え物見遊山で訪れた私のような者でも、こやって考える事が大事なのだと思うしかありません。

P7218447

そして列車は小本の駅に…
ああ…あったハズの駅舎も改修の為に取り壊されておりました。

P7218450

昨年この小本駅で北リアス線は分断されて、横取線に除雪車が、本線上には気動車が停車していましたが、今日はその後ろのトンネルから小本まで来る事が出来ました。
途中の入り江で幾重にも分断され、工事を進めていた高架が全て繋がった証です。
少しだけ、見える形で動いている実感です。

P7218452

しかし、残念ながら田老漁港は一面の荒野…
まだまだ先は長そうです。

P7218453

色々、複雑な思いを抱えつつ、宮古駅到着です。
間髪入れずに山田線のキハがお待ちかね。
ここから140分…2時間20分先の盛岡を目指します。

P7218456

そして、140分後…盛岡駅到着。

P7218457

そして、こまちに…

P7218461

18:50盛岡発のこまちは、20:38大宮着
つまり、盛岡−大宮505kmを108分で大宮まで到着する訳で…。
宮古−盛岡102kmを132分…ww

ローカル線の旅は、効率とかでは推し量る事は出来ないのであった。。。



行くぜ、東北。みちのく旅情編 旅の記録

Day1 2014/07/19

大宮駅 08:06発
[新幹線]こまち65号564km
角館 11:15着

角館 12:02発
[急行]もりよし2号93km
鷹巣 14:00着
−−構内移動−−                   
鷹ノ巣 14:07・15:58発
[普通]JR奥羽本線30km
東能代 14:34・16:25着

東能代 16:30発
[普通]JR五能線56km
ウェスパ椿山 18:00着

徒歩15分
宿泊:みちのく温泉旅館
青森県西津軽郡深浦町舮作鍋石76-2
0173-75-2011

初日移動距離 743km

−−−−−−−−−−

Day2 2014/07/20

宿泊:みちのく温泉旅館
徒歩15分

艫作 9:16発
[普通]JR五能線68km
五所川原 11:18着

五所川原 11:23発
[普通]津軽鉄道20km
津軽中里 11:59着

津軽中里 12:32発
[普通]津軽鉄道20km
五所川原 13:08着

五所川原 13:20発
[普通]JR五能線21km
川部 13:50着

川部 14:34発
[普通]JR奥羽本線31km
青森 15:14着


宿泊:【青森スーパーホテル】
青森県青森市橋本1-3-14
TEL:017-723-9000

二日目 移動距離 160km
−−−−−−−−−−

Day3 2014/07/21

07/21
青森 9:34・10:34発
[普通]IGR青い森鉄道96km
八戸 10:56・12:05着

八戸 12:22発
【リゾートうみねこ】65km
久慈 14:05着

久慈 14:10発
[普通]三陸鉄道71km
宮古 15:46着

宮古 15:54発
[普通]山田線102km
盛岡 18:06着

盛岡 18:50発
【はやぶさ32号】505km
大宮 20:39着

最終日 移動距離 839km


総移動距離1742km

posted by lantur at 14:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック