2014年07月20日

行くぜ、東北。みちのく旅情Day2

さて、東北も最果て、五能線にゆられて訪れた「みちのく温泉」に宿泊。
初日はしっかり乗って呑んで食ってぐっすり眠った。
さすがに21時なんて信じがたい時間に就寝したせいか、まだ夜も明けきらない午前4時に起床。ヲッサンは朝が早いのだ!

P7207977 P7208010

早朝から一番列車を狙ってシャッターを切る。
まぁ、風景画ですな。
海と気動車の美しい景色です。

P7208015

朝食を済ませて、艫作(へなし)駅まで宿の方にお送りいただく。
艫作駅は、舟の艣(とも)(後尾)を模した駅舎です。
へなしの由来自体は、付近の岬が舟の艫の部分に似ている事から名付けられたとの事ですが、いずれにせよ舟の後部が関係ある訳ですな。
海に面したこの辺りならでわの名前です。

P7208017P7208028P7208036

簡素な無人駅ですが、ウェスパ椿山駅が開業するまで、リゾートしらかみが停車していたれっきとした有人駅だったそうです。 (1971年(昭和46年)10月1日 - 駅無人化)
入線してくる五能線の普通列車の右に別れる路線…相対式ホームないし横取線の当時の面影が少しだけありますね。

P7208053

車内は…はは。。。
乗車客少ねぇです。大丈夫か五能線…。

P7208066

車窓からの景色と言えば…もう、満点。100点。

P7208071

何だか、絵はがきの世界ですわ。

P7208076P7208080

大好物、無骨なキハ…昭和の香りですね。

P7208102P7208127P7208138

車窓の落書きが昭和なんだなぁ。。。

P7208147P7208148

鰺ヶ沢では、昨日乗ったリゾートしらかみの橅号と待ち合わせ。

P7208169

この先にわさお君の住処ががあるのだが、遠くからチョコッと見えただけ。
肝心のわさお君はおらなんだ。。。

P7208195

さて、五能線の旅も終盤。
五所川原駅で途中下車して、今度は津軽鉄道である。
しかも、乗り換え時間が数分しかないのに、予約を入れた駅弁をダッシュして受け取りに行くタイトロープww

P7208172

これが、人生最後の短距離走をしてまで入手した駅弁
だざい弁当…けっしてださい弁当ではない。

P7208176

これが…素朴な食材をセレクトしているのに、本当に美味い。
奇を衒った目を引く事を主とした駅弁も多いが、コレは質実剛健を地で行っていると思ったよ。

P7208177P7208181

車内は、秋田美人ラインでもそうだったが、アテンダントさんが乗車して沿線ガイドから旅行の案内までを細かくしてくれていた。
地方鉄道の生死を賭けた生き残り戦略ではあるが、接客という重要なお仕事、ご苦労様なのでした。

P7208179P7208187P7208198

車窓からは、津軽平野を延々とまっすぐ伸びる津軽鉄道が、地元の八高線のそれと重なって、何だか親近感を覚えたよ。

P7208205P7208208

さて、終着の津軽中里駅。
ここから折り返し運転で五所川原までトンボ返りなのだが、発車まで少し時間があったので、さきのアテンダントさんからお聞きした地元のお薦めスイーツ、シュークリーム屋さんがあると言うので、レンタサイクル(無料)でお買い物。

P7208204P7208203

自転車を飛ばして1分…ww
松しまさんのシュークリーム。
カリカリのシューに、購入分だけ中にプリプリのカスタードクリームを入れてくれる。
そんな美味そうなシュークリームが120円!!

P7208209P7208210

これこれ!
パリパリのシューにトロトロなクリームが…あああ…至福の時間

P7208242

そうこうしているうちに、五所川原到着。
川辺まで最後の五能線キハに乗って別れを告げる。

P7208255

そして、青森到着だぁ。

P7208256

青森と言えば、メモリアルシップ、八甲田丸なのだ。
かつて、青函連絡船として本土と北海道を繋いできた立役者だ。

P7208259

昔の国鉄マーク【Japanese National Railways、英略称: JNR】は味があって格好良かった気がする。古き良き時代の遺物か…

P7208262

艦橋から津軽海峡を望む…

P7208267

船倉には、大好物が鎮座…なつかしのキハ82ですな。これは101号車
北海道で主に特急として使われていたようです。

P7208272

して、DD16
コヤツは青函連絡船の移送貨車の移動を担っていたそうです。
埼玉あたりを走り回っていたDD51からすると、エラく小型で可愛いですな。

P7208279

メモリアルシップの見学も済んで、ホテルにチェックイン前に小腹が…ww
駅前にある、ホタテ釣りの食堂へ…
500円払って、この水槽の中のホタテ貝をトレブルフックでつり上げて、それを調理してくれるという仕組み。
釣れなくても、数個はくれるので払い損はありません。

で!竿頭ゲットだぜ。。。ww

P7208276P7208278

う〜自分で釣ったホタテはうめぇぜ!

P7207214

ホテルにチェックインして、一風呂浴びたら夕刻のあおもりの街へ…

P7207215

本日の夕食処…津軽じょっぱり漁居酒屋
こちらで夕飯とお酒を頂きます。

P7207220

いやぁ…予想以上の美味さと言うか、生鮮品より加工品なんですよね。
冬場の食材は生鮮品はないですから。
特に、鮎の卵の塩辛である【うるか】は、日本酒には最高の友でした。

P7207222P7207224

焼き物もね…全部100点です。。

P7207225

そして、夜は津軽三味線の音と共に更けていくのでありました。

posted by lantur at 14:26| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電車の落書きいいですね〜
お弁当もめっちゃ美味しそう^q^
そしてなによりお天気最高!ええ旅になりましたなあ
Posted by のた at 2014年08月12日 09:08
お陰様で絵葉書のような海岸線を堪能できました
Posted by らんた at 2014年08月13日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403582868
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック