2014年06月21日

トランポのブレーキパットを交換してみる

main
イメージ画像…ww

トランポのスパイクなんだが、車検に出したらブレーキパットが減っているから、そのうち交換したほうがいいぞ!と整備士さんから助言。
決して交換しておきます!ではないのが、素晴らしい。
じゃ、一丁交換しますか。

まず、スパイクのパットを入手せにゃいけません。
Monotaroに用があったので、地元Akabonoブレーキ製を手配。
シビックと同じ形状なんですね。まぁ、車重がシビックと変わらないので、Fitと同じなら逆に怖いってもんです。

P6217111

新品パッドでございます。
最近の純正は洒落たパッケージですな。
中身はノーマルですが…ww

P6217112

さて、ジャッキアップしてタイヤを外します。
必ず、サイドブレーキを引いて、車止めをしてから持ち上げて下さい。
持ち上げてから車が動くとジャッキと車のボディを破損します。

P6217113

ジャッキアップが終わってタイヤを外したら、タイヤをボディ下に置いておきましょう。
ジャッキが倒れたりした時に、下敷きになったり、指を挟んだりしません。
かなりの力持ちでない限り、倒れたジャッキを人力で支えるのは難しいと思いますので。

P6217114

で、ブレーキキャリパーを外しに掛かります。
ブレーキキャリパーは、通常2点で足回りのブラケットの取り付けられておりますが、単にパットの交換だけなら1本外して上げりゃいいんですが、面倒なので…

P6217115

上下2本とも外して…

P6217116

えいやぁ!!!っと取っちゃいます。

P6217117

こんな感じですね。

P6217118

んで、油圧のキャリパーピストンとウォーターポンププライヤーで押し込んで行きます。
SSTではないので、それなりに傷が付きます。
良い子はウエスでピストンを保護しないと駄目ですよ。(その前に保安重要部品を素人が手出しちゃ駄目です)

P6217119

これが新旧のパット比較です。
パットの残量のうち、全体の2/3までは普通に効きますが、1/3はベースの金属部分に密着させる為に組成が違うのだと思います。
2/3までのライフと残り1/3のライフが全く違います。タッチも違います。
多分…残り数千キロで終了かと思います。

P6217120

さて、組み付け。
泣き防止の銅グリスを塗って、元通りです。

P6217121

ネジを規定トルクで締め込んでタイヤを戻して…

車のエンジンを掛けて、戻したキャリパーピストンがパッドになじむまで何回もブレーキペダルを踏み込んで、踏み応えが出てきたら終了という事で。

因みに、パット交換してない状態でブレーキオイルを交換している場合は、ボンネットを開けて、ブレーキリザーバーからブレーキオイルが溢れないか良く観察しながらキャリパーピストンを戻す事をお勧めします。
キャリパーを戻すと、ブレーキオイルがリザーバー内も戻ってくる為、下手すると溢れちゃいます。
溢れたブレーキオイルは普通のエンジンオイルと違って、塗装を駄目にちしゃうので要注意です。

posted by lantur at 10:42| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええっ?!こんなことまでできるのですか?!www
Posted by のた at 2014年06月23日 09:07
のた様
一応それなりに出来ちゃいますが…何か?
Posted by らんた at 2014年06月24日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック