2013年07月13日

見送りするなら軽井沢

先週の直江津集合のサブ企画
「どうせなら刻んで楽しむ船見まで」(そんな企画ありません)
その2-高崎から上田までの約100kmが密かに開催されるらしい。
是非とも見送りくらいはしたいものである。

CIMG8743

密かに高崎入りし、準備OK!
駅前にて捕捉予定のハズが、FLガリガリ君ジャジの某MM氏が仁王立ち。
どうやら、前日入りして今か今かと手薬煉引いて待っていたようだ。

CIMG8745

3名のアシストを従えたエース登場。
輪行も板について頼もしい限り。
天候は少し小雨が落ちてくる普通なら生憎の天気と言いたいところだが、この酷暑の続く毎日にしたら、願っても無いコンディションの自転車日和と言っていいだろう。
う〜ん。平素のワシの行いがいいからな。

CIMG8746

三味線を弾きまくるオジちゃんは、最後尾から一気呵成に…じゃ、まだない。

CIMG8749

途中、達磨寺の面々がお出迎え。

CIMG8750

ナビゲーターのKoseさんに曳かれるまま味のある木橋に…
すっげーオイカワ居そうな感じにウハウハ。

CIMG8753CIMG8754CIMG8755

そうそう、この日は横川までSL碓氷号と競争ww
C61-20号機…昔華蔵寺公園で飾ってあった機関車です。
よくぞここまで復元されて、走れるようになったものです。
感動しとしお。。。

CIMG8757

高崎から安中まで、CRと旧中仙道を繋いで進みます。
ここにはおそらく現存する数少ない旧中仙道の杉並木が…残っているものですね。
途中、板鼻宿・安中宿・松井田宿と重要な宿場町の中を通過。
板鼻宿では、ちょうど地元のお祭りの最中だった。

CIMG8762

して、横川といえば釜飯。釜飯といえばおぎのやな訳です。
でも、いつの間にか1000円になっとったとです。。。

CIMG8763

横川の碓氷峠鉄道文化むら…いきてー。
キハに会いたいぞ。

CIMG8764

碓氷峠が始まると、すぐに旧信越本線の軌道跡が…歩きたいなぁ…などと写真撮影をしていると某MM氏が本格的にエンジン起動。あっと言う間に見えなくなる。

CIMG8767CIMG8768CIMG8769

碓氷第三橋梁…いわゆるめがね橋です。煉瓦橋としては立派な建造物です。
どうしてこんな構造なんだろうかと不思議な作りでもあり、設計図書でも見てみたいものです。

CIMG8770

さて、夕方には帰りませんと…です。
皆様とは、惜別ながら軽井沢にて連結解除。

CIMG8773

あさま号ととき号に乗り継いでバビューンと帰宅。
こりゃ楽しい輪行だわい。

また行きましょう。

posted by lantur at 14:29| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様〜。
次回は関田峠に誘い込みなさいw
Posted by テツ at 2013年07月14日 09:27
釜めし値上がりしすぎだなー。

>会長
チャウチャウに会えますねw
Posted by かきz at 2013年07月16日 22:31
>テツ会長
その役目は会長に…

>ウニ君
だからワシは行かないっての@関田峠
Posted by らんた at 2013年07月17日 07:02
釜が重そうで横川でとりもも弁当買ってめがね橋で食べましたよ〜

熊の平から先の方がおもしろそうですたよ〜
Posted by のたそ at 2013年07月17日 10:55
こんどアプト道を探検したいのだ。
Posted by らんた at 2013年08月20日 06:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック