2013年06月08日

カロバンから音が甦る

そういえば、いつから仕事車のカロバンから音が無くなったんだろうか?
1年や2年じゃないぞ。
少なくとも4〜5年は前からだと思う。
少し音が歪んだ感じがして、とても聞いているには耐えがたくなって、そのままラジオすら聞かなくなったのだった。

先日、どうしてもラジオを聴こうと久々にスイッチを入れると、鉱石ラジオかよ?と聞き違えるような割れた音がした…と、同時に始めて電化製品に電気を通したような匂いが…コレは明らかにヤヴァイ。

重い腰を上げて、ドアの内張りを剥ぎに掛かって…驚いたが、ひとまず元に戻して対策を練る…練るというより、部品探しの旅…

カロバンに何か起きていたのかを平たく言えば、狭い隙間から見ても分かるくらいにスピーカーが朽ちていた…のだ。

これは、交換するしか手立てが無い。

そこで、手軽に交換部品を入手するには、中古部品をインストールするのが手っ取り早い。入手先は…買って知ったるヤフオクだ。→最終的にはこの選択は間違いではないが、正解とは言えない結果だったと知る。


さて、ヤフオクでスピーカーを入手する場合、いくつかハードルが立ちはだかる。
まず、自分の車のスピーカーの大きさが何なのか?これは、特殊な加工をしない場合に於いては、今の車に純正で装着されているスピーカー径と同じ大きさにする事が、無加工ポン付けの基本となるので、その大きさを把握する事は重要となる。
幸いにもカローラバンの後期タイプは10cmが取り付けてあるそうなので、その辺は気にせず、オークションで気に入ったスピーカーを探せばいい。(ぢつは、最終的にあるヲチがあったのだが、それは後ほど)

現在の市販サードパティー製スピーカーは、コアキシャル(同軸駆動?)型とセパレート型が主流らしく、純正のチープなワンウェイスピーカーなんてお目にかかる事もないようです。
単に音がすりゃいいんですが、その手のスピーカーを探すと、そこそこの値段がします。
もちろん中古の汚い品であってもです。
例え1000円であっても、送料も1000円近く設定されておりますので、何年前のスピーカーが分からん怪しい品が、2000円ですぞ。
新品の廉価スピーカーが2000円ぐらいから落札できますので、敢えてそれを選ぶ必要もないですな。

と、いう事で新品を狙う事にしたんですが、問題は国産メーカーを狙うか、怪しいアジアンな品を狙うか…

ここに、付属品の同梱の有無が問題となります。

スピーカーはメインユニットからコードを通して信号供給される訳ですが、通常のメーカー純正の配線は、ドア側からスピーカーに向けての配線を各々の車メーカーがコネクターを使用して取り付けてあります。
音の良し悪しを考えるならば、当然専用配線を引いて半田付けなりすりゃいいんですが、ポン付け命なので、コネクターを生かしたい。
と、すればスピーカーから配線のコネクターをメーカー別の配線変換コードを買わなきゃいけません。
その変換コードってのが、国産スピーカーメーカーの国内向け製品には同梱されとるんですね。(国内メーカーでも、海外向けのはそういう変換コードが同梱されてないモノもある→外車には使えんからね)別に買うと、1000円以上するんですよ。これ。
ですので、オークションの狙いは国産メーカーの国内販売向けの製品を狙えば、一番簡単に交換できるということになります。(と、信じておりましたww)


で、オクでKENWOODのKFC RS100なる製品を無事落札。
まぁ、最廉価価格帯商品ですから、多くは望まないということで。

2013-06-08 14.53.24

送料含めて、40k…あれ?

kakaku.com は、見なかった事にするww

さて、ちゃっちゃと取付しちまいましょう。

2013-06-08 15.16.52

忘備録の為に記しておきまし。
カロバンのドアの内張りの外し方。

1.ドアノブを固定しているネジを外す

2013-06-08 15.16.56

2.ドアの持ち手を固定しているネジを外します。

2013-06-08 15.18.54

3.ガッツウインド(死語ww)のウインド上下ハンドルを外す。
(クリップが外れ止めとなっているので、ハンドルの隙間からクリップを写真のように押し込めば、クリップが下にずれてハンドルが開放される)

2013-06-08 15.19.34

Aピラーの付け根にあるドアミラーの隠し蓋を外す。
(単に引っ張れば取れる)↓

2013-06-08 15.19.38

ここを取る事と、内張りを外す事はリンクしないように感じるが、実はある。

2013-06-08 15.20.18

下から裏爪を引き上げつつ、上まで内張りを外す。
上部にドアロックノブがあるので、最後は引き上げる。
ドア開閉ノブは、内張りを90度回してドア本体に残してOK

そして…いよいよスピーカーと対面!!


2013-06-08 14.52.002013-06-08 15.21.112013-06-08 15.21.192013-06-08 15.23.532013-06-09 09.34.31

おお〜

素敵過ぎるぜ。

コーン紙は破れて、というか朽ち果てて無くなってます。
後ろのマグネットもかなり腐食が進んでおりまして…こんな状態でも鉱石ラジオ程度には音が出るものだと感心してしまいます。

この、マグネットに集まった錆が、後ろの配線まで被っていたので、それが電気臭い感じの元凶かな。

まぁ、無事に取り付けできましたので、やれやれでした。

しかし…良く見るとFujitsuTEN SA-1273Bと書いてあります。
もしかしてこの車のスピーカー…12cmでした?まいっか。

posted by lantur at 09:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック