2013年04月19日

癒しの溪で吹雪に遭遇する

噂では、こんな季節にもかかわらず、爆弾低気圧が訪れるとか何とか。
いやぁ…なんてこった。

心配していても始まらない。
何とかなるってもんです。

P4203992

これから大荒れになるというのにそこそこ混雑している高速とは対照的に、目指す溪のアプローチであるメイン幹線の国道は、土曜日にもかかわらず閑散としていた。

溪の近くの外気温は5度…この時点でドライしか考えていないワシは既に負け組である事に気づけば良いのだが、 能天気なワシは全くそれに気づかず…ww


2013-04-20 15.08.50

最初の溪…魚の姿は全く見えず。

2013-04-20 15.17.52

次なる溪…魚はいずこ?

そうこうしているうちに、雨?あられ?ん…??雪です。
4/20ですよ。あ〜信じられん。

P4203994

さっさと撤収です。
装備はわかさぎ仕様ですが、トランポが丸腰のスタッドレスでは、雪ならいいですが万一凍結なんてしたら、洒落になりませんからね。

という事で、這う這うの体で群馬県境まで…雪がだんだん強く…

P4214008

仕舞いには吹雪だぜよ…ww

P4214025

翌朝は一面銀世界な上野村
つか…未だに雪が降り続いてますが…

P4214030

と、いう事で上野村で溪魚に癒される計画は、あえなく中止。
志賀坂峠をクリアして…

P4214031

戻ったぜ、埼玉。雲海がうほほだのを…

P4214033

小鹿野=鹿の子なワシ。
ウマウマうはは。

P4214035

せっかくなので、浦山ダムに登って、御岳山をぱちり。

P4214038

丸山林道に上ってパチリ

P4214040

最後に、堂平に上ってパチリ。

そうそう、今日は例の外秩父7峰縦走ハイキングの開催日だったようで、ハイカーがアンデッドのような出で立ちでウヨウヨしておりました。
雨雪で足元はドロドロ、雨合羽はボロボロでヘロヘロ。
屍のようでございました。

季節はずれの雪に翻弄された休日でした。

posted by lantur at 21:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック