2013年02月23日

カブのメーターケーブル交換

先日オイル交換をして試走
バッチリで満足のハズだったが、メーターが動いていない事を発見。
見ない事にしようかと思ったが、走行スピードが分からんってのもどうなので、ケーブルの交換をしてみる。

まずは、ケーブルの入手をしなければいけません。
通常は、パーツNo:44830-GBJ-000
これがホンダの純正部品です。
千円ちょっと致します。

たまたま、モノタロウでバイクカバーを購入しようとポチしておりましたら…
あれ?社外品を扱っておりますね。
MSH001がワシのカブのモノタロウの該当パーツナンバーです。
しかも560円!!


P2233613

さて、まずは古いワイヤーAssyの撤去から。
固定ボルトを抜いて、ケーブルを抜きますが…

P2233614

切れたワイヤーはおろか、破片すらありません。
どこに行っちゃったんでしょうか?

P2233615

次に、メーター裏にアプローチするために、ライトの脇のビスを2本抜いて、ライトユニットを外します。
ほら…20分ぐらい放置してカップヌードルみたいな配線の束が…
これを掻き分けてメーターを固定しているクリップを外して、メーターを上に持ち上げてケーブルを露出させてスクリューナットを回してケーブルを取り外します。

基本的にケーブルの取り外しは、下から抜いて下から入れる。

※コラムクラウン下とフロントフェンダーのクリアランスが少ないので、ギア側のケーブル取り付け部の補強が邪魔して、上から入れた場合曲がりが足らずに通らない。
メーター取り付け部だけであれば、十分フレキシブルであり、狭いクリアランスでも入っていくことが可能。

P2233616

で、このままですとスクリューナットが下から押し込んだ瞬間落下しますので…

P2233617

こんな感じで落下防止して突っ込みます。

P2233619

下からギュギュって感じで押し込めば、ニョキっと出てきます。
これで終わったも同然。

P2233620

メーターに取り付けして…元通りにメーターを取り付けして…。

P2233621

ケーブルギア部分をちゃんと所定の深さまで突っ込んで…

完了です。。。。以上!!

posted by lantur at 06:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック