2007年02月01日

行き着く先

さて、巷では丘陵ランニングと自転車を組み合わせたデュアスロン鍛錬が花盛り…(嘘だろ?)

何を目覚めたんだ〜と、言われる事しかり。

しかし、私にとってのランニングと自転車の組み合わせが意味する所は、決してデュアスロンではありません。

熱心に参加を勧めて下さる方もおられて気持ちは盛り上がりつつも、以前書いた足の捻挫癖は改善する訳でもなく、トラックの高いグリップやらサークルをトレースしてコロンっと転んだら、かなりダメージが大きい。

とにかくランニング競技出場なんてトンでもない足回りなのです。

ですので、私にとってのラン&サイクルはあくまで自転車を楽しく乗る為の手立ての一つ。

週末に、一週間の老廃物を一気に絞り出す良い機会な訳です。


確かに、ランニングは自転車がもたらしてくれる爽快感とは別のモノがあり、楽しいのは確かですが、その楽しさを教えてくれた源が自転車ですからねぇ。

こいつを放置してはいけません。(笑)



ただ、実際にやってみて分かった事。

走る事と自転車という同じ持久系競技でありながら、かなり違うんですね。
きっと、私の筋肉の質のよる所もあるのでしょうが、同じ屁タレ度であっても、自転車と走る事を比較すると、同じ坂を上ったら、私にとっては自転車の方が走る事に比べて数倍苦しい。

やっぱり自転車でヒルクラってのは苦手です。
でも、その苦手って気持ちがないと、何とかして克服してやろうって気になりませんもんね。
その為のランニングとローラー台だったりします。



私…ちっとは、人並みに走れるようになるのでしょうか?

少しは情けないオッサンを卒業出来るのでしょうか?

誘ってくれた仲間に迷惑をかけていないでしょうか?



自問自答しながらの模索はまだまだ続きます。



posted by lantur at 23:17| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 譫言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どこが人並みなんですか〜
どこが情けないオッサンなんですか〜
どこが迷惑かけてるんですか〜

と3タテで否定させていただきます m(__)m
Posted by ヒサえもん at 2007年02月02日 05:57
>ヒサえもんさん
私の目指す普通=kumaさんとかkaoさんでしょうか?
だと、まだまだでしょ?
相手もアップグレードするので永遠に追い付けないかなぁ
(笑)
Posted by らんた at 2007年02月02日 08:08
えーと大丈夫。らんたさん最近キレが出てきましたよね。なので明日8時関戸です。爆
Posted by ばっちゃん at 2007年02月02日 10:22
>少しは情けないオッサンを卒業
もう卒業してると思うのですが…
どんどん若返りましょう(^^)/

ばっちゃんの誘いが激しいねぇ(笑)
Posted by よっち at 2007年02月02日 13:11
> 同じ持久系競技でありながら

使う筋肉は全然違いますよね。
だから、RUNで培われた筋肉は自転車の役には立たない・・・。
RUNをしていた頃に痛感しました。

だから、デュアスロンやトライアスロンをやる人はスゴイのですけど。

でも、心肺能力のUPにはなりますから頑張って下さい。
Posted by Gibson at 2007年02月02日 16:47
自転車同様、RUNも素晴らしいと思います。
持久系競技のやり遂げた爽快感は最高ですよね!
Posted by ピユキ at 2007年02月02日 22:54
問題ないっす
かっこよいおやぢでないですか ^^

私は足も車輪も重いです(涙
Posted by テツ at 2007年02月02日 23:33
>ばっちゃん
どんな切れですか?
全くもぉ〜
壊れちゃうじゃないですかぁ。

>よっちさん
おっさん卒業っすか?
いやぁ、嬉しいですなぁ。

>Gibsonさん
私に心肺能力の向上なんざあるんでしょうか?
確かに階段の上り下りはラクになった気がしますが…。

>ピユキさん
全くもってどちらも人並みとは行かず、恥ずかしい限りです。
やっぱ鍛錬あるのみですよね。

>テツ会長
泣かせるのぉ〜会長〜
ワシも重いのよ。。。(号泣)
Posted by らんた at 2007年02月03日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック