2013年02月17日

焚き火キャンプ

どうやら、焚き火癒されたくなる年頃のようだ…ww

まぁ、キャンプをするってのは、普通に考えれば暖かい時期という固定概念があるが、寒さを考えなければ、冬の方が何かと都合が良いのだ。
■不快な虫が居ない
■寒いのは焚き火なり服を着れば良いが、熱いのはどうにもならない
■食い物が美味いのは寒い時期である

P2163569

と、いう事で、物好きが神奈川の僻地に集まった。

P2163573

ワシも今回初投入の笑’sの"B6君"
大変評判の良いコンパクト焚き火台というか、ネイチャーストーブの類の製品である。
この商品は、なんと地元埼玉県の県産品であり、浦和に拠点を置く有限会社昭和プレスさんの製品なのです。これは使わねばなるまいです。

おまじないの松ぼっくりを事前に集めておいて、少量の紙の焚き付けだけで即着火です。
さすがに練られた商品だけあって、そつのない作りこみに感激すら覚えます。
松ぼっくり5〜6個の種火で木炭に着火。

P2163574

これ…素晴らしい。
炭を使えば、小型スキレットを自在に扱える熱源として重宝するし、木炭の火力が持続するので、1〜2名の調理に必要な火力を容易に得ることが出来ます。
一人焼き鳥して〜♪(笑)

P2163575

お仲間は、豚肉と白菜のミルフィーユを作成
これも美味そう…

P2163576

表では、本格焚き火釜土を使って暖を…うふ

P2163585

焼き鳥・鴨ねぎ焼き・豚キムチ…こりゃ、ヤバいくらい美味いぞ。
酒も話も盛り上がる。

P2163586

表では、仲間が焚き火を囲んで気持ちよく寝ているし…ww
素晴らしき、焚き火キャンプ。

楽しい夜は、静かに過ぎて行きましたとさ…

P2173590

んで、翌日。。。テント内が凍結…ww かなり寒いですわ。。。
お近くの八王子では、マイナス6度を記録したとか。
放射冷却が厳しいこの場所は、更に数度は低かったに違いない。

P2173595

表に放置していたバッグはすっかり白く…ww

こんな楽しみも冬のキャンプですな。


帰宅して、ひと段落したところで、久々にカブのメンテ。
オイル交換やらメーターケーブルの保守等々。

最後に少し乗ってあげて終了となりましたとさ。

P2173611

posted by lantur at 09:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 山遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック