2012年12月24日

湯ヶ天

クリスマスが忙しいであろう若年層は抜きにして、そうでない伴天連と縁のない人々は意外とゆとりがあったりする訳で…

湯ヶ天…ゆがてん…ゆがて…ユガテなのだそうです。

吾野のとある僻地だったりします。

なかなかふらっと自転車で行く場所ではないようです。

PC243185_R

さて、高麗駅より、まずは日和田山に登ってみるのだ。
いつもの高麗神社の道をテクテクと…

PC243193_R

こんな感じの道をゆっくりと進みます。
久々の冬の奥武蔵の山は気持ち良いのだ。

PC243195_RPC243201_R

サクサクっと日和田山の神社まで登頂完了。
少し汗をかいて気持ちが良い。

PC243206_R

巾着田の眺めは、いつ来ても絶景かな。
ホント気持ちが良いね。

PC243210_R

本当の日和田山の山頂は、神社の裏にひっそり。

PC243211_R

こっちの北東に開けた斜面は、北風が通り抜けて寒いぞ

PC243217_R

さらっと下って、物見山まで移動

PC243220_R

物見山から北向地蔵までの間のトレイルで、コーヒータイムなのだ。

PC243222_R

そして北向地蔵到着。
縁結び系な地蔵様なんですね。

PC243224_R

北向地蔵からユガテに向かう分岐です。
もちろんユガテに向かいます。

PC243232_R

峰を越え、谷を越え…
レディース軍団に抜かれました。
ヲヤヂ軍団ではダメなようですな。ww

PC243236_R

ユガテ到着です。

ユガテとは…

■昔、この地と草津の神様が、ジャンケンをして勝った方に湯を出す勝負をした。
その勝負でこの地の神様が負けて、それ以来この地はお湯が枯れてしまった。
それまで、湯が天まで届くくらいの湧出量があったので、湯ヶ天…ユガテになったとか諸説あるらしいですが、昔はこのあたりにお湯が天まで届くくらい湧き出ていたのは間違いなさそうです。

 

PC243234_R

見たとおりの山間の盆地で、幹線道路からも隔離されており、雲上の楽園と呼ばれたとされるのも分かる気がします。
季節の花々が咲き乱れ、蝶や小鳥が飛ぶ様は、素晴らしいものでしょう。

PC243237_R

ヲヤヂの昼は適当に丸棒ラーメン作って掻き込んで終了です。
先のレディース軍団は、クリスマスという事で宴会モードでしたが…無事に帰宅できたのだろうか?

PC243241_R

この虎秀地域は、虎秀やまめクラブという地域団体が山の間伐や管理を行っているそうで、ちょうど間伐材を使った製材をしているところに出くわした。

初めて目の当たりにする現地製材を見たら、大変そうだぜ…という気持ちと、やってみたいという気持ちがムクムクと…作業をなさっていた方が…やってみます?とお誘い。

しかし、豪快に音を立てるバンドソーの迫力に、泣く泣く辞退。
つか、一歩間違えたら、一歩が踏み出せない体になるとです。

PC243243_R

巨大リースに首をくくろうかという会長…もちろんご満悦である。

PC243244_R

これまた虎秀やまめクラブにより最近復元されたいというユガテへの飛脚道を福徳寺までアップダウン。途中に小さな展望スポットがあり、吾野の山間を見下ろすことが出来る。

PC243247_R

こちら側の景色を俯瞰的に眺めることが出来る場所は少ないので、なかなかのビュースポットだと思う。

PC243254_R

飛脚道を下り切って里山に出ると、武蔵野33観音霊場の第30番楊秀山「福徳寺」の本堂脇に出ます。

こちらのお寺…後で知りましたが、臨済宗の禅寺で楊秀山と称し、敷地内にある阿弥陀堂は、県下で最古の木造建築物なのだそうです。
う〜ん見てくれば良かった。

PC243259_R

さて、帰途です。
途中の製材所の材木のストック場にて…猫の団地ww

PC243258_R

かなりお気に入りの場所らしく、近寄っても逃げません。

PC243260_R

会長…オトモダチ作戦失敗…チェッ食い物持って来いよ!

PC243261_R

東吾野駅から西武線に乗車!

PC243264_R

最高の位置をゲットww

PC243265_R

高麗駅まで戻って本日は終了!

気持ちよいハイキングでございました。

posted by lantur at 14:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック