2012年11月20日

デジカメのF-X

現役デジカメが酷使により引退寸前の状況に陥ったので、次なるF-X(時期主力戦闘機)を購入すべく物色…う〜ん何にしようか…悩むぞ。

olympusc21_Rデジカメを初めて導入したのは1998年のOLYMPUS C21が最初。
まぁ〜写真を撮影しても現像しなくても画像を見たり加工したりできるなんて…!!
とにかく、取って取ってとりまくった。軽快で楽しいカメラだったな。

olympusc21uz_Rデジカメのおもろさに2000年に同じくOLYMPUS C2100UZを導入。
コイツは楽しく使えたので、数年に渡り愛用。
200万画素機ながら10倍ズームと手振れ補正機能が当時としては画期的で、笑っちゃう絵が撮れました。

4700_R2001年には、美しいデザインと当時デジカメとして画期的な形状を有して発売された
Fuji FinePix4700Zを購入。 いよいよ300万画素突入!


u60_R2003年に持ち歩けて防水性能が高い SONY DSC-U60を購入。
コイツがまた変わった形状で、本体が斜めっているという変り種。
しかし、片手で撮影することが前提のこのカメラは、ハンドリングは最高。
絵も比較的綺麗で、アウトドアで遺憾なくその実力を発揮。
当時、ノーマルボディで水中撮影のできるカメラは無かったですからね。

 
canon20d_R2004年 Canon EOS 20D
何も言いますまい…中堅機のベストセラー

r3_R2005年 RICOH Caplio R3
自転車活動用にちょっと気取った機種がほしくて購入。
絵も独特で、RICOHだなってすぐに分かるのがお気に入り。
落下が相次いで現役引退。


r4_R2008年 RICOH Caplio R4
R3引退後、次世代を某会長より安価購入。
購入後1ヶ月で落下後に後続車に踏まれるというアクシデントで他界…

ex-v7_R2008年 EX-V7を購入。
RICOHの高倍率ズームとコンパクトボディに惹かれて初のCASIO機
コンパクトさは持ち運び頻度を増やし、撮影機会が増える。
しかもCASIOの電池長持ち設計はうれしい。
しかし…長年使用していると、ちょっとした振動でも電源切れたりして…それに色々故障が多発発生して入退院を繰り返すこと度々…orzPB210143-R最後には、ガワの一部にクラックが入るようになり、かなり怪しい状況に…

と、新機種導入を決意したのでした。


p310_R最初の候補は、フィルムカメラ古老のNikonさんちのP310
高級コンパクトの血統を引くデザインと操作性で尚且つF1.8の明るいレンズを持っております。マニュアル操作もお手の物でなかなか使い勝手も良さそうです。
しかもコンパクトでハンドリングも良好ときている。値段も17k前後と手頃で買ってし魔王の降臨しそうな勢い…危ない危ない。

s110_RそんなNikonさんの優等生を横目に、次に目に入ったのはこれまた古老のCanonS110。
雰囲気的にはP310に似ておりますね。デジイチがCanonなので、好意的なんですが、昔のIXYの苦い思い出があり断念…嫌いじゃないんですよww

rx100_R

そして…そうなんですよね…こういうの欲しくなっちゃうわけです。
SONYのRX100です。でかいセンサーでウハウハなんですよ。
SONYさんって何故かスイスのカールツァイスのレンズなんですよね。
仕事柄、プロ用の光学系の最高峰はカールツァイスって決まってますから、あこがれちゃうんですよね。ああ…今やこんな高級機が実売50k切りですよ。
ああああ…迷います。

olympus_xz1_R
と、悩んでおりましたら…お店の片隅でワシをジッと見つめる視線を感じる。
ん?キミはつい先日までOLYMPUSの高級コンパクトとして誉れ高かったXZ-1じゃないか?何をそんな悲しい顔をしてワシを見るんだ?

何…?XZ-2がリリースされるわ、ツルっとした外観が低価格機とあまり区別がつかないで混同されとる?おまけに後継機が出た今…在庫のみで売り切りしたい製造元の意向もあって、発売当初の6割引…投売りだよ…え〜ん。(泣)

なんか…あまり綺麗じゃない捨て犬が、冷たい雨に震えてワシを見ている感じ。

XZ-1といえば、OLYMPUSの高級コンパクト投入の第一弾として、大判CCD受光部と明るいZUIKOレンズを組み合わせたデジカメにしては珍しい、レンズありきのカメラとして評判を得た機種だ。
ガワの酷評はいいとして、画像としての評価は非常に高い。

そんなXZ-1が捨て値の在庫処分…店員さんも、是非嫁にと…
あまり綺麗じゃない捨て犬…が、実は川上犬だったみたいなもんだよな。
もうね…呼ばれたと思って嫁にもろた。

CA3I0638_R
つるんとしたシャッター下のボディには、後付グリップを装着。
これ無いと…つるつるで指から滑り落ちます。

CIMG8142_R
レンズキャップは、単純な被せ式。でも、中のシルバー部分はちゃんと金属の輪っかが埋め込まれているのだそうな。
ぷらぷらして邪魔だから…そのうちに自動開閉キャップを買っちゃいそうだ。

CIMG8148-R
上のガワはこんな感じ。
プラ素材をなるべく排除して、金属パーツをふんだんに使って、なかなか重厚感がありますね。
上部はヘアライン仕上げだし、ボディ本体は梨地の艶消しで、よく見ると金の掛かった機械に見えます。

操作系は、まぁOLYMPUSらしいっちゃらしいんだけど、難解で分かりにくく、簡単に操作できるもんならやってみろってんだ!ってこちらのチャレンジ心を揺すぶられる。
要は、分かり難くて面倒…ww

でも、撮影が楽しくなるカメラですな。

見た目のままで気軽に撮影できるって感じなので、旅にはもってこいかも。
レンズも明るいので、夕刻や室内の光量不足な場所でもフラッシュ不要だし、何しろマニュアルで弄りながら撮影するって事に楽しみを見出せるのは久々の機械だ。

いやぁ、エライおもちゃを嫁にしたもんだ…明らかに操作する人間に対してオーバークオリティだよ

posted by lantur at 16:07| 埼玉 ☔| Comment(6) | 物欲の虜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分もE-PM1が捨て値&軽量だったので購入しました
初めての一眼レフですが、やっぱりミラーレスでも違いはわかります。
確かにメニューはわかり難いかもしれない。。。
ではまた
Posted by at 2012年11月26日 13:25
R4の最期が壮絶すぎるwww
Posted by かきz at 2012年11月26日 22:45
>潮様
E-PM1も素晴らしいカメラですよね。
上手に使いこなしてバッチリな絵を撮影してくださいませよ〜

>ウニ君
そーなんだよね。
R4の最後はそれはそれは見るも無残…
Posted by らんた at 2013年01月02日 20:37
はじめまして。
私もXZ-1で四苦八苦しております・・・笑

google画像検索でグリップを探していて、こちらのブログに辿り着きました。
おしゃれでいいなと思ったんですが
メーカーや買われた場所等教えて頂ければとコメントさせてもらいました。
よろしくお願いします。
Posted by wata at 2013年03月19日 18:47
wata様
こちらの商品は、HAKUBAのフリップバック カメラグリップ G4 がその商品となります。
ご参考になれば幸いです。
Posted by らんた at 2013年03月19日 23:58
返信ありがとうございます。
いろいろ探してみましたが売切れみたいでした・・・
Posted by wata at 2013年03月20日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。