2012年10月21日

Thoork(ソーク) 3兄弟

今年の春先から、万能尻かと思われていたワシの尻に人並みの悩みが訪れた。

サドル股ズレ(爆)

今まで、ブルックスのサドルを初導入した時に、血尿という痛手を負って以来のトラブルだ。
どうも、尻がしっくり来ないで、100kmを過ぎたあたりから明らかに沁みるような擦過傷のような感じの刺激が不快なのだ。
当然帰宅してそのあたりを見ると赤くなっており、風呂は要注意な感じ。

これで人並みの悩みを抱くようになった…という事で、サドル選びの旅に出なければいけないという物欲を満たす口実ができたのだった。

SELLE ITALIA にThoorkなるサドルがある。

某氏のオキニのサドルであり、以前から突飛な格好のサドルだと思っていたのだが、よくよく見ると今までのサドルとは違って、横のしなりではなく縦のしなりで受けるタイプらしい…。
まぁ、モノは試しなので、某氏よりお借りして試してみる事にしたところ、なかなかの出来であることが判明。

 

で、調べたですよ。。。Thookってサドルを。

したら…あるわあるわ…。ノーマルソーク・ソークジェルフロー・ソークチームエディション…

しかも名前が違うだけじゃなくて、サドル形状、シートレール、レールの取り付け方法まで違う…これって別のサドルでしょ?って感じです。

CA3I0610


奥から、Thoork Gel Flow ・ Normal Thook ・ Thoork Team Edition

ええ、試しましたよ。全て。

形状的にはNormal Thoork と Thoork Team Edtion には共通点がありますね。Thoork Gel Flow は穴あきということで、少し違います。

逆に、レールと本体との取り付け方法は、Thoork Gel Flow ・ Normal Thook とは共通点がありますが、 Thoork Team Edition はかなり違います。

詳しい事はググってもらうとして、表も裏もそれぞれ待った違うモノでありながら、同じ名前ってのはなかなか興味ありますな。


って事で、次回はレポートでも書くことにしましょう。
posted by lantur at 22:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック