2012年07月22日

奥武蔵山麓ライン

ってそんな通称の林道がある訳ではありません。

奥武蔵グリーンラインに上がる山麓は、その林道同士を結ぶいわばバイパス的な林道で繋がっており、その林道を繋ぐと縫うように奥武蔵をショートカットして横断できるという一見便利に見える林道群を仮称として呼んでみます。

一見便利そう…とは、この道は恐らく沢沿いに生活する集落同士を、救急や災害から守る地域の非難道的な山道だったのだと思います。
越生や旧都幾川町にしても、奥武蔵の山々に源を持つ沢筋に多くの集落があり、近年でも土砂災害によって下流側のライフラインと分断される事も珍しくない土地柄…なので、昔から隣り合う沢筋の集落を結ぶ峠道を開設する事も重要だったのでしょう。

まぁ、ドカチンなワシが見ても、なかなかエグく見えるルーティングだったりします。何せ尾根線を真横に横断する訳ですから、距離こそ短くてもドーナツマークの路面マークが道路に描かれているような所が多い訳ですが…。

まぁ、一回どんな楽しい所が試してみないとイケマセンね。


まぁ、ルートはかなり入り組んでおりますな。
それも一興ではごいざいますが…


CA3I04720001 さて、今日はここから行ってみます。

仲間内のお約束ですと、ロードデビューの方を連行してイジる場所として有名ですな。
もちろん、比較的勾配も緩やかで、最後の景観の良い場所もあるので、登った高さよりも充実感を得やすいという…



CA3I04730001今日は生憎の天気でして…一日曇りの予報なんですが、霧雨が止みませぬな。
その霧で、ご褒美が見えませんww。



 CA3I04760001滝ノ入線を下りて、すぐに対面の梅本線に…
2kmばかりの登って、龍ヶ谷川の橋を渡って山猫軒の看板右折…すぐにコンクリ坂…ww



CA3I04770001距離が短いので何とかクリア。
苔生していて、霧雨と相まってとてもスリップしやすくて、コントロールが難しい。
ワシも気を付けていたが、グレーチングで危うく…

危ない危ない。

山猫軒から下って、あじさい公園に向けて麦原川沿いを遡上。
住吉神社脇を上谷に向けて登る。

先ほどのえげつないコンクリ坂と違って、こちらはアスファルト。
20%弱の坂…のハズ。
ってそんな事を考えながら走っていると、後輪が小石を噛んで跳ね飛ばした…と同時に…

ぷしゅ〜〜〜〜〜〜〜!!

久々のカットパンク。何年ぶりだろうか?
忘れているくらいに久々のパンク。

そそくさと替えチューブに交換してCo2ボンベで原隊復帰。



CA3I04780001

ワシの活躍で、時間ロスしてしもた…ので、上谷から一端県道沿いまで山を下りてくる。
久しぶりの甚五郎でお昼。中盛りは腹にキツイぞな。



CA3I04800001昼食後は、改めて上谷の大楠に向けて出発。
満タンの胃袋がかなりの負担。

ご馳走様状態で大楠を通過して、そのまま大附のそば道場脇をキコキコ。ここもコンクリ坂…orz

そのまま梨花カントリ脇を抜けて…いつもなら萩日吉神社側に下りるのだが、今日は椚平方面に下りてみる。
路面状況も良好で、なかなか走りやすい道だ。

こんな雨の生憎の状況であっても、安心して走れる。



CA3I04810001

さて、宿の交差点まで下りてきてアンケート。

1 七重に登る
2 七重に登る
3 七重に登る

誰も選択肢にない【4 山田屋】でかき氷だそうです。

そのままでは、きっと寒いと思いますので、松郷-横松郷ラインを提唱…却下の選択肢は無しという事で…

無事に山田屋さんでかき氷を堪能して、本日のジテンシャ活動は終了!!

posted by lantur at 13:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック