2012年06月23日

平標山

この所、FL登山部の活動が盛んである。

前回は名栗の蕨山にハイキング。そして今回は一気に敷居を上げての平標山(たいらっぴょうやま)へトライ。

事前調査では、ワシの苦手な階段が延々と続く箇所があるらしい。

くわばらくわばら。


深夜発で群馬県境を越えて新潟県に…。
苗場を過ぎて火打山を越えれば、平標山の登山口である。

5:30起床
お仲間も集結して、準備万端

6:30出発

 

登山口を登り始めて、ファーストウインドまでがキツイ。

ザックの重量と勾配が脚裁きを鈍らせて、思うように歩けないし、妙な汗はかくし…

途中の大鉄塔までがダルさのピーク。

鉄塔を過ぎると、徐々に上空の雲が晴れてきて、なんとなくコレから行く行程が…コレが中間点の松手山(待って〜山)ww

松手山を過ぎてからは、谷川連峰独特の低い森林限界が訪れる。

ちらほらと高山植物が咲き、飽きない程度にその姿を見せてくれる。

そして、本日のメインディッシュである平標山に到着。スタートから3時間弱。
コースタイムを外さない素晴らしいテーブル管理はさすが会長である。

  

平標山からランチ場所である仙の倉山までこれまた1時間程度の道程なのだが、広く広がる山の尾根に一面に高原植物の群落があり、あれこれと花を観賞しているとあっと言う間に目的地…

 

な訳はない。ガスの奥に見える突端が仙の倉山!

ハンガーなワシの胃袋には、この距離と延々と続く階段が萎えるのであった。

 

仙の倉山到着!!

180度のナイスビューに大満足。

日光連山から赤城・子持・荒船・浅間・北アルプス・苗場山…あと新潟に山々…

手軽にこんだけ見えるってのは、なかなかポイントが高いと思うな。

 

雲海に浮かぶ、苗場山…

新潟側は雲海に沈んでおりました。

 

して帰り。。。
この階段を下る必要が…ああ

 

途中、赤谷川の支流の沢なのだが、雪渓も残っており美しい。

 

ようやく平標山まで戻ってさて山小屋…と思ったら…

また…階段なのね…orz

そう、これから断続的に階段が1時間以上続くのであった。。。。

 

え…翌日ですか?

初めて自転車に乗った時を思い出しましたわww

さて、次はまた何処に行きましょうか?

 

posted by lantur at 23:22| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 山遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でしたー
階段好きなのは稲川さんくらいじゃないかね

お借りした金子はいつの日にか必ずや〜w
Posted by テツ at 2012年06月25日 22:27
いやぁ…
脚がまだ言うことを聞かないぜ(笑)

運動不足だな
Posted by らんた at 2012年06月26日 18:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック