2012年05月13日

長野強化練-2日目

夕飯後に寝落ちした朝…4:30起床。風呂に…飛び込むww

早起きヲヤジへの大自然の贈り物…

ここに泊まった真の目的の雲海だ。

本当は冬に放射冷却が起こると現れるモノらしいですが、昨日は降雨もあったり冷えましたから…もしやと思いつつ、宿の窓から覗くと…あらバッチリ!

刻々と形が変わり、生きているように感じます。

太陽の日射が谷間に注ぐまでの短い時間のショータイムでした。

 

さて…朝から2度も風呂入って…ああ腹減った。

という事で、朝食も2杯のお代わりさせて頂いて、胃袋も朝からトレーニングモードですww

さすが妻有練だけあります。

 

既に戦闘モードな…かいちょ。

しかもモンベラージャジ着用で気分が盛り上がります。

 

本日は、大町市の道の駅美麻にデポして、小川村−鬼無里−白馬を満喫してしまいましょう。

ひとまず、K31を東進して、小川村を目指しますが、幹線道路故に車の通行量も多く、意外に気を使います。

ようやくK36の分岐に辿り着き、これからヘロヘロと大洞の峠へと登って行きます。

 

少しずつ現れる北アルプス…う〜ん。ここでこんなにも…ですよ。

もっと上はどんな世界なんだろ?

 

途中に…こんな時節モノを発見。

ほほぉ…スカイツリーまでワシらは上がって来たのね。

緑の木々と、アルプスの雪山のコントラストが眩しい。

 

途中で、立派な三重の塔は発見して立ち止まる。

(疲れて休憩…とも言う)

高山寺三重塔と言いまして、かなり由緒あるお寺さんのようです。

三重の塔から山並みが美しいでしょうね。ここから見て見たいものです。

 

楽しくヒィハァすると、大洞峠のベストビューが待ちかまえてました。

これなら、メシ3杯行けますな。。

真っ青なバックに雪山…では無かったですが、これまた次への課題。

と…いきなり鬼無里を抜けて白沢峠に…ww

もう…ハンガーノックでフラフラで、記憶が…補給は鬼無里のおやきスポットのいろは堂と決めておりましたが、バイクツーリングの方々数十台で占拠されておりましたので、白馬まで我慢…

意外と距離がありました…15kmぐらい?

しかし…オートバイも単独では良いのですが、数十台も連なって走ってると、排気ガスで目が痛くなりますね。

集団で走っている方々は、目とか肺とか調子悪くなったりしないんでしょうか?

本日のお昼…白馬のグリンデルさん。ウリは…

ベーコンステーキ!!

今回は、ライス大盛りで胃袋の鍛錬を忘れません。

さすがに、これだけ立派なベーコンステーキと、これでもか!ギュウギュウ詰めてズッシリと重いライスは…想定外でございました。

これでかなり登坂能力のハンディキャップが…orz

本日のメインディッシュ。「青鬼の棚田」

姫川第2ダムの脇を死ぬ気になって2キロ近く登りました。

まるで先日の萩の道の再現でしたわ…うう…情けない。

 

しかししかし、苦労して登った甲斐あって、棚田は素晴らしい眺めですっかり満足。

風が無ければ逆さアルプスが拝めたのになぁ…残念

 

さて、白馬の町内を通って美麻まで帰途につきます。

白馬の市街地を抜けたところで姫川自転車道がK33と平行に走ります。

 

こんな感じで、荒川CRとは大分趣がチガウ。

道は幅も広く走りやすいし、何しろ路面状況が良い。

 

K33を大町市美麻に向かって進むと、オリンピックに伴って掘削された美麻トンネルがある。当然迂回ルートとして旧道を進む。

ここで面白いのは、普通は行政界と分水嶺とがリンクしているのが普通であるが、このあたりは、美麻トンネル前に既に大町市(旧美麻村)に入っている。

その後、旧道を進むと分水の嶺である峠峠に到着ww

ここ、『峠』という名の峠なのです。言い訳しない潔良さww

 

しかもバス停付きです。一日数えるぐらいしか通りませんが…

ここからは、一気に下って道の駅美麻へ…着替えてサクッと高速移動して帰宅と相成りました。

 

群馬もいいが、長野もいいねぇ。

posted by lantur at 22:34| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガス欠だったんか
本番までに燃費の向上も必要だねw
Posted by テツ at 2012年05月16日 21:56
>かいちょ
朝飯だけじゃ足りないのよ…ww
おやきを期待して補給なしが失敗のもと
Posted by らんた at 2012年05月16日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック