2012年05月12日

長野強化練-初日

ツールドTSUMARIというイベントは、確かに絶え間ないアップダウンに足を削られ、容赦ない日射しに更に体力を…それにも増して、各エイドステーションで振る舞われる補給食の誘惑と、それを消化する強力な胃袋が必要なのである。

この極限の状況を再現する訓練…それは、360度山に囲まれた場所で、飽食三昧できる場所が望ましい。

それは…

長野!!

って事で、行ってきます。


さて、高速を飛ばして2時間半。

長野インターを下りて、さてさて。天気予報はそれほど悪く無いハズなんですが、曇りの上にパラパラと雨が…ww

おまけに気温がヒト桁中盤。ヲイ…いきなり冬かよ。

仕方なく、長野発のサイクリングルートは諦めて、午後に回復するという予報を信じてしばしドライブ。

 

今日のお宿を確認する為に、R19からK31-K452-401と繋いで、虫倉山の山麓を結ぶ道を行く。

お宿を過ぎてしばらく行くと…中条村の地京原長宮地籍にて御花畑&鯉のぼり発見!

ここは展望も望めてなかなかいいのだ。

 

して、栃倉の棚田発見!

 

多少、耕地整理化されておりますが、なかなか立派な棚田です。

 

さて、鍛錬1。

最初に胃袋かよ!というツッコミ無しで、美味しいお蕎麦に舌鼓を打とうかと。

大町市の山品さんでございます。

 

10割蕎麦にございます。

ざる蕎麦というのは、蒸籠に乗っているので見た目よりボリュームがないのが普通ですが、ここのはざるに直盛り!意外と量がございます。

それに+して、蕎麦焼きですな。

ホットケーキのようなフワフワ食感と味噌の絶妙なコラボ。

食後のデザートには最適。

さて、満腹のお腹を抱えて何処に行きましょうか?

 

そう、午後は木崎湖畔から登り始める小熊黒沢林道にトライ。

ランドナ系の方々にはとても有名な林道ですな。

林道入口に大町市営のキャンプ場がありまして、そこで無料デポさせて頂きました。この時期は無料なのかな?

今日は風が強く気温も低くて…((((;゜Д゜))))ガクガクブルブルです。

着るモノに気を使います。

一応冬装備で挑みましたが、登りは汗だくです。でも下りは極寒…ww

さて、登り始めましたが、満腹でウォームアップ無し=リバースの方程式が目の前をちらつきますが、グッと飲み込んでペタルを踏み込みます。

もう…最初からfinallow…orz

途中で拝める木崎湖の湖水がせめてもの慰め。

 

途中、こんな展望に癒されつつ、頂上を目指します。

 

おお〜

ここが小熊山のパラ基地ですな。

下界から見えた米粒のような芝生に立ちました。

ミニチュアのように木崎湖と大町−安曇野の町並みが見えます。素晴らしい。

 

フォッサマグナ(大地溝帯)と呼ぶに相応しい風景。

5月14日の早朝にちょうどこの辺りを震源の地震が起きたようですね。

あまりにタイムリー

 

黒沢に下りるダウンヒルにて…北アルプス…!!

  


帰りの下りは、雪を被った山並みに癒されました。

美しいですね。しかし、とても厳しそうな山です。

どんなに晴れても夏の軽登山な装備で行ける場所ではないですわな。。。

 

無事に下山して、宿に…と、まだ時間があるので、法蔵寺さんに立ち寄る。

なんでも、猫寺として有名なのだそうだ。

ちょっと場違いなアニメちっくな猫地蔵。

 

時間調整もバッチリで、本日のお宿「やきもち家」に。

こちら、古民家を移築して宿泊施設として使用しております。

本館新館がございまして、本館は古民家改造、新館は現在の建築です。

内部は準和室で、なかなか快適。

 

ここのウリは何と言っても、囲炉裏で炉端焼きをして夕食!なのです。

入ってそうそう感じたのは、宿全体がいつもの焚き火キャンプの香りなのです。

普通の人だと躊躇するやも知れませんww

温泉に入って疲れを癒し美味しい食事と、美味しいお酒。こりゃ極楽ですわ。

おまけに、胃袋の再訓練まで行いまして…

夕食後は、星空を見ようと思っていたのに…部屋に戻った途端に瞼のシャッターが落ちました。多分20時過ぎ…ww

posted by lantur at 22:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック