2012年02月19日

えがった東北ー1

いきなりですが…

そう思い立った訳です。


3月までしか発売されていないウィークエンドパス。
2/24の運転シーズン最後の急行『能登号』
パスの範囲は、直江津が最西…ってば…。
しかも、2日有効のウイークエンドパスをこれでもかとシャブリまくり。

熊谷から乗れば、能登は24:35発…要は土曜日になっている訳で、乗れば自動的に直江津な訳ですから、利用しない手はございません。

えきねっとで能登の指定席を購入。その後に直江津から話題の急行『ゆきぐに』に乗車して新潟へ…そして、愛するキハ40系を堪能する為に、羽越本線で酒田まで。
その後に陸羽西線で新庄、新庄から陸羽東線で…との段取り。

がはははは!!! 完璧なプランニング!

日付が変わる深夜に、意気揚々とJR熊谷駅の階段を上がるワシであった。

 

 

がしかし!!!

駅に到着早々に…怪しげなアナウンス……

え…?


コイツのせいで、運休らしいですよ…

もうね…アホかと…。

冗談じゃねぇよ。。。もう、帰って寝ちゃおうかと思いました。

 

しばし脳内で考える…。

1・帰って寝る。

2・朝イチの新幹線で新潟に向かって、いなほで予定のキハ40系に追いつく。

3・東北本線経由で東北に向かう。

う〜ん。
試練がワシを襲う…ここは、初心貫徹だよな。

新潟の一番列車に乗る!

コレだろ!男だからな。と、気になってネットを見て見ると…

 

 

碇指令!
 

日本海側は、豪雪の影響で長距離の寝台列車は全て運休しています。
明日の朝の除雪の状況も未だに判明していませんので、ダイヤがかなり乱れる可能性があります。

現在遂行中の計画ですと、0900時以降の作戦遂行は不可能かと思われます。
計画変更の指示を下さい!!!!

 

う〜ん。どうしよっかなぁ。。。。
新潟から羽越本線ではなく、米坂線で米沢に向かって…

ヲイ!まだ結論も出ないのに、否定かよ!!
米坂線も運転未定かよ!

仕方ない。

日本海側は綺麗サッパリ諦めて、本州縦断じゃ!

それでいいか…碇? 初心の欠片もないぞ。

ああ…計画の揺らぎは想定のうちだ。
東北に行きたいコンセプトは全く違っていない。

だろ…冬月?(頼む…ウンって言って)


機は熟した…! 

あとは、行動あるのみである。

 

まぁ、一般的な人が考えれば、大雪で電車が止まるぐらいの気象条件ならば、ホイホイとルートを変えてまで目的地にと考えるヤツは間違いなくヲカシイヤツである。

  

改めて使徒の到達軌道計算を…

指令!

大宮経由で宇都宮、その後に新幹線で山形、山形から奥羽本線で新庄経由で、陸羽東線のリゾートみのりに間に合います!!

よし、これならイケる!

 

エヴァ発進!…

じゃなくて…

 宇都宮線で発進!

そして、宇都宮で乗り換えて…。

山形新幹線『つばさ号』 これだ!

いわゆる、ミニ新幹線E3系1000番台ですな。

ワシ…新幹線の中でこのつばさって一番好きなんですよ。名前は由緒ある伝統を次いでいる訳で、最初はなんか新幹線でつばさ?冗談じゃないよな。って思ったんですけど。キハ82系のつばさなんて乗ってみたかったぜ。。。

しかし…時にこのロゴ部分?車体ロゴには、萌え萌えなのです。カコイイ

 

新幹線の道中、宇都宮から福島までは日本海側のあの騒ぎは全く感じさせない晴天の北関東から南東北…がしかし…福島で『やまびこ号』と連結解除して奥羽本線に入った途端に…雪全開!板谷峠なんて文字通り難所と化していた。

一面の銀世界!それも鉄道路線のすぐ脇を1mを越える積雪が…

 

そんな山間部を越えると、JR山形駅に到着。

数年前に行った独りBRM428山形400で一息ついた魚民も健在。
しかし、こっちに来ると、ほっこりした気分になるのは何でじゃろな。。。

さて、山形に来て新幹線には乗ったという事で、次に目指すモノ…それは…

コレだ。

JR東日本719系5000番台車

なーんの変哲もない近郊型の719系の電車に見えるが、福島−新庄間の奥羽本線は、JRのミニ新幹線規格である標準軌(1435mm)で統一されている為に、現在のJR在来線の標準的規格である狭軌(1067mm)用の車両は走れない。

つまり、普通の719系車両に標準軌用の台車をブチ込んだ、この路線だけのスペシャル車両!明らかに線路の幅が広いわな。。。

して、揺られる事1時間…

新庄駅到着!帰って来たぜ!

やっぱり、山形と言えば…

芋煮でしょ〜。里芋には味噌なワシですが、この芋煮は美味しい。

醤油仕立ても美味いねぇ。

お腹をキツクして、本日最後の…今回最大の目的を果たす為に、新庄駅の奥へと進んでいきます。

リゾートみのり号

ケッケッケ。

キハ48のジョイフルトレイン化車両ですよ。ベースはキハ48!

DMF15HSAの進まないエンジン音は健在でしょうか?

興奮の為に、記憶が失せて割愛…

鳴子温泉駅到着です。駅に到着していきなり温泉臭い(硫化水素臭い)。

本当に全てがこけしと温泉…ww

そして本日の宿…○○○の湯。

ここの選択理由…温泉が最高なのです。(メシの旨さも特質)

風呂がね…閉め切っちゃダメなんですよ。硫化水素ガスで天国に近い温泉宿になっちゃうようなので、雪が降り込みます。

ヌルヌルのスベスベなこの温泉…ホカホカで気持ちいい。
この宿の最高の資産ですな。湯治もできるように自炊施設があり、素泊まりなら格安です。

うう…1週間ぐらい滞在したいくらいの良さ。ワシが30分入れる温泉なんてそうそうありませんからね。(←知っている人はこの意味の凄さが分かると思う)

地酒をチビチビやりながら夕食を頂くと、もう〜死にそうな予感。

気が付くと、気絶して長い一日が終わったのでした。

翌日に続く… 

posted by lantur at 21:24| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 飽食紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーむ、漫画とブログの迎合、なんと素晴らしい。
2日間の旅、大変楽しまさせていただきました^^

このこけしの佇まい、大好きですw
Posted by なおきち at 2012年02月28日 23:35
>なおきちさん
じゃ…行きますか?自走で…藁
Posted by らんた at 2012年02月29日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック