2011年05月22日

Zacco110522

ようやく温かみが戻った武蔵の大地。
しかし、春を過ぎたのに雨も降らずに状況は厳しい。
どこの河川も水量が少なく水垢が川底から取れずにコンディションは最低だ。


久々に都幾川H橋にて竿を出す。

ライズはあるが、フッキングまで持っていくのはなかなか骨が折れる。
何せショートバイトの上に、サイズがイマイチなのでフッキングと同時に飛翔体となって飛んでくるww

昼を目処に都幾川に見切りを付け、越辺川にチェンジ。
パスタ屋で腹ごしらえ中に通り雨…orz

馴染みの喫茶で少し休憩すると、通り雨もいつしか小降りに…

あまり期待せずに、越辺川のM橋に向かってみる。

川は20cm程度増水して、ド茶濁りまでは行かないものの、透明度10cmほどだろうか?数時間のうちに増水した為に、様々なモノが流れてくる。

竿を出すか迷ったものの、消化不良の午前中もあって、決心。

いつもの瀬頭を流すが、イマイチ反応が薄い。

Zaccoって以外とドラグが掛かって不自然な動きに反応する事が多いけど、今日はナチュラルに流心に乗っている方が反応がいいのだが、濁りと流れに乗る障害物でフライの動きがコロコロ変わるので、相手も食いきれないでキャッチには至らない。

散々責めあぐねた挙げ句、お気楽なダウンな釣りから、アップにキャスト。
米粒ほどのフライが曇天の笹濁りの水面を漂う…
ダウンでドラグが掛かっていれば容易に発見できるも、アップだとみえねぇ…。

ようやく見馴れて来て、逆光の水面にライズを発見。
追い風に乗ってピンポイントにフライを滑り込ませてみると、一発でフッキング。

元気なZaccoにご対面。

こやつ、立派な体格の大学生サイズ。
引きもなかなかの味わいにニコニコ。

更に釣り上がって、少しトロ場で更フッキング。

結構良い引き味を堪能して上がって来たのはカワムツ君。
丸々太って貫禄十分。

久しぶりに竿を曲げてくれるお相手に大満足な一日でした。


posted by lantur at 21:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック