2010年11月20日

BlueHeron ”Expert”


青鷺工房のExpertが来たので、早速実戦に投入してみた。

都幾川のH橋にて初投入したのだが、残念ながら手持ちのラインがこの竿に合致するものがなかったので、友人からレンタル。幸運にも1番も2番も持っていたので両方を試してみる。

しかしこのロッド、2pcのセクションからなるロッドなのだが、ティップセクションに低弾性カーボンを、バットセクションにグラスコンポジットという一風変わったロッドだ。ちょっと考えてもトルクフルなバットセクションから繊細でパラボリックなティップセクションへのベンディングカーブの繋がりがどう考えても急角にならざるを得ないのは明白なのだが、そのあたりの処理をどのようにしているか大変興味ある所であり、釣り味やアキュラシーを確かめたいと思う。


まず、1番のラインを使ってのキャストは…意外にもちゃんと投げられる…意外というと失礼なのだが、対応番手より軽い番手を使って投げるとラインにパワーが伝わり難く、上手く行かないものも多いと聞いていたが、十分に許容範囲。柔らかいプレゼンテーションにはむしろこちらの方がイイかも知れない。但し、無風の場合に限る…1番ラインは風に弱い…

次に2番を使用してみる。こんどはしっかりとラインウェイトを感じ取れてフライキャスティング独特のヨッコイショという感じになる。指定番手だけあってキャストは楽々だし、ナナハンというロッドレングスは私のやっている小河川には丁度良い。


気になるベインディングカーブだが、確かに急角だがそこまで極端ではない。
ロッドのガイド位置や継ぎの補強が上手なのだろう。
軽いロッドである事も相まって、キャストは軽快そのもの。
実際に魚を掛けてみて、ティップがグッと入って曲がるのを見るとこのロッドの美味しい所が味わえますが…これは面白い。

キャストの時はしっかりとしたバットがラインを自然に押し出してくれますので、キャストは楽々です。但し私のフォームでは若干ゆっくりしたタイミングで振る方が素直にラインが伸びて行ってくれます。


総括

いいね…

え?これじゃ話にならない?(笑)
ええ…7xあたりのティペット使う魚を獲るにはいいですね。
それ以上はティップとか継ぎ手がアブナイかも知れません。
でも今のターゲットであるZaccoには最高の片腕です。

BlueHeron様。いやぁ…楽しいロッドを有り難うございました。

posted by lantur at 19:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック