2010年11月03日

Zacco初ゲト!

Zaccoと書くと雑魚を思い浮かべるが、オイカワとは学名をZacco platypusという。

詳しいウンチクはググって頂くとして、雑魚=ザッコ=Zacco=オイカワって事でいいらしい。正確には雑多な魚としての位置付けだが、数ある日本の雑多な魚の中でオイカワが代表として選ばれた訳だ。

そんなZaccoと是非ともお逢いしたい…

しかし数日前の豪雨で、フィールドは増水であっぷあっぷ。
都幾川のT橋では、友人がポツポツと釣るもののワシの竿は曲がらず…。

午後から越辺川のKに訪れる。そそくさと入川してドライを操るが、全く無反応。
困った…皆釣れている…気がする。

下手なのは分かっているが、魚の姿が全く読めない。

釣れている人と同じ場所を流しているが、それでも…でない。釣れない。

んがぁぁぁぁ…と、諦めついでにそのままダウンに放置したら…

ポコッ…!

…ん?

…へ?

あ… あぁ  

きゃぁぁぁぁ〜釣れたぁぁぁぁ!!

正真正銘のZacco君です。ようこそいらっしゃいました!
という事で、無事にZacco初体験。

素敵なヤツでした。おもしれー。

しばらく夢中になりそうな予感。


忘備録

RiverRuns Brown Stone Pack 7'0'' #2/3 7'0'' #2/3 6pc
DT3Fで投げるがさすがに#2/3だけあって、竿のしなり具合は満点。
悲しいかな、7ftという長さは10mを超えるようなキャストにはあまり向かない気がする。#3というか、#3/4ぐらいのロッドを振ると明らかにテロンテロンな感じが拭えない。これが悪いかと言うとそういう訳じゃない。
小場所でチョイ投げがZaccoの醍醐味だとすれば、川幅が10mを越える川で遠投して狙う事はまず無いし、魚の大きさの絶対値があまり大きくないので丁度良いと思う。

※マルチピースのロッドは、継ぎ手の点検を忘れずに…
(夢中になって穂先が飛んでいって大汗をかいた…)

posted by lantur at 20:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック