2012年01月28日

赤株雪道に散る

先週末に日本列島を駆け抜けて行った冬将軍が、奥武蔵に白い置き土産をして去っていった…。

ここは、雪山を楽しまない手はない…だろ?マウンテンかぁ?

と、思っていたのですが…。

ありゃ?

気が付いたら、ワシの赤カブの前オーナーあかさんと東秩父に繰り出す事となった。


早朝…アイドリングして温めてやらにゃイカンでしょ?と、凍てつく朝に縮こむ身体に鞭打って、バイクカバーを剥がしてU字ロックを回して…ん?回らないではないか?

どうやら、先週の雨やら雪やらでロックのシリンダーが浸水して凍結した模様。

CRC吹いたり、手で温めたりしたが、何をしても回らない。

コーヒーを飲もうとヤカンでお湯を沸かしていている事を思い出してコレ幸い。ジャブジャブ掛けてカギを溶かして事なきを得る。

焦っている時とか、出先でロックしておいてこうなったらアウトだろな。
対策を考えなきゃ。

 

支度をして出発!
荒川を渡った頃から、徐々に風か出てきた。
それでも町並みのある街道沿いは良いが、郊外の田園地帯は遮蔽物も無く、風上の白い山々の抱いている雪風をモロに受ける。
う〜小川は一味違うぜ!

道の駅でお待ちかねのあかさんと合流して、小川から目指すは東秩父の林道。
いつもながら行き当たりバッタリな道中だ。

主要道から外れてしばらく走ると、凍結路面登場。
最初は押したが…もう体力の限界。

で…

ロープで簡易滑り止め装着。

なかなか良い出来じゃ!。

果たしてコレで雪道を走ることができるのか…それが今回の課題である。→のハズ

 

あかさんの赤カブ2号 ロープ滑り止めは快調の様子だ。

 

ワシの赤カブ1号も、簡易滑り止めのお陰でフラフラしながらも順調に進むも、本当にツルツルの場所や轍の深い所では力任せの押しあげるのみ!

徐々にパワーレベルが下がって…もうフラフラ。

限界も近づいて、下山を決意。

冷えた身体と体力の回復を図る…と言えば…ひかり食堂!
ロース焼肉定食で決まり

少々カロリー高いが、まぁ…回復薬という事で。

posted by lantur at 20:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | (株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック