2011年12月25日

外秩父(5/7)峰縦走ハイキング

もうね…最後までやらんと気が収まらんわいな。。。

外秩父七峰縦走ハイキングコース

前回は、白石峠まで歩みを進めて白石車庫からバスで帰宅した。

今回は、再度白石峠まらの挑戦。

 

本日は、橋場バス停にデポして、バス停6つ分ぐらいで終点の白石車庫です。

意外とお気楽なんですが、山並みを見ると意外に憂鬱じゃ!

 


 

今回はこんな感じ。。。

 

白石車庫から白石峠へ、前回苦戦した下りを登り返し…歩き始めて身体が暖まってないのでヘロヘロ。

45分程掛けて到着。

槻川源流の碑を見つけて休憩。

つっちーの源流碑…最近なんやな。

ちなみに白石峠の東屋の裏です。。はい。

 

さて、ここから出発!

 

げ!!最初から階段…しかも176段もあります。

初っぱなから身体が削られる…ああ。

 

途中の山道は埼玉のふるさと歩道となっており、様々な看板があった。

あなぐま…イタチの仲間なんですね。狸の仲間だと思ってました。

そんな発見もあったりして…

 

白石峠−定峰峠間のいつも凍結している区間。

案の定凍結してますね。知らないで突っ込んで来た車がハーフスピンしてました。

 

獅子岩というそうです…どこだ?

あ…確かに獅子に見えますね。

 

ダイダラボッチ…もののけ姫で一躍有名になりましたが、埼玉の東秩父あたりでは結構メジャーな存在だったりします。今や全国のアイドル?(笑)

 

旧定峰峠到着です。

今の定峰峠よりもだいぶ東にあります。車用の道ではないので昔の主要道だったのでしょうね。

見事な鞍部の掘り割りに感動!

実に峠らしい峠です。

 

その後、高原牧場脇の有刺鉄線沿いを進みながら杉林を進み、いきなり景色が開けるとそこが大霧山です。

しかし…いくら県有地とはいえ、登山道の脇を有刺鉄線の柵が延々と続くのはどうかと思います。結構な勾配ですから下りで足でも滑らせて鉄柵に身体を預けたらと思うとぞっとします。

いくら官主導開発とはいえ、あまりにお粗末で憤りさえ感じます。柵を設置するなら、登山道沿いは通常の鉄線で良いかと思います。わざわざ有刺にする意味がまったく分かりません。

 

大霧山でのビューは想像以上にすばらしかった。

今回の七峰縦走の中でも一番ではなかろうか?(あと2峰残っているけど)

 

さて、一気に下って粥新田(かいにだ)峠着。

フラフラと橋場方面に下って、帰宅となりました。

9:50スタートの13:30帰着。

食事に30分ほど要したので、実質の縦走時間は3:30くらいですね。

残り2峰…

 

次回 外秩父(残り6〜7/7)峰縦走ハイキングその4。

 

 

 

帰宅したら、細長いクリスマスプレゼントが…

強化補助食品まで同梱…ww

 

posted by lantur at 15:20| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 歩こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おつかれさま。
大霧山の見晴らしはとってもいいですよね。
前に登った時は旧定峰峠には行かなかったんですけど、行けば良かったなぁ。
とっても良い雰囲気の峠ですね。

大霧山から下っていく途中の右手に、なぜかトロッコのレールが捨てられているんですよ。
わざわざ余所から持ってくるとは思えないし、謎です。
Posted by サトシ at 2011年12月26日 10:47
>サトシさん
やっぱりあれは軌道のレールなんですか?
軌道があったとしたら、橋場バス停あたりと、粥新田峠あたりを結んでだと思うんですよね。
しげしげと眺めずに損しました。
Posted by らんた at 2011年12月26日 22:57
6kgレールという、もっとも低規格のやつです。
鉱山鉄道とかのトロッコや森林鉄道で使われたのですね。
どこかあの近くに鉱山があったんですかね。
Posted by サトシ at 2011年12月27日 17:22
>サトシさん
丁度、県道を挟んだ例の廃鉱の中には、搬出隧道とトロッコレール、そしてインクラインの遺構とトロッコ用のターンテーブルがあるので、索道でそこまで目と鼻の先であるこの大霧山の山中でも採掘していたのかも知れませんね
Posted by らんた at 2011年12月27日 20:39
>サトシさん
再度検証しましたが、私が見てレールだと思った物体は単なるCチャンでした。。。残念
レールはもっと違う所かも知れませんね。
Posted by らんた at 2012年01月02日 15:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242546182
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック