2006年09月02日

足尾の早い秋

今日は、先週に続き日光駅からR122をマッタリとサイクリング。

今回は、先週の同行者に加え、私はお初の3Kさんとご一緒する事となった。

さてさて、連続2週の日光通い。
今日はどうなる事でしょうか?


 
DSC07046-1.jpg

早朝、日光行きの文字通りトレインに乗るべく、先週は羽生経由で一端東武線を登って、東武動物公園駅にて日光線へ乗り換えたが、よくよく地図を見ると、30kmも走るとずっと先の板倉東洋大学前駅に到着する事が分かって早速トライ。

30kmとは言え、自転車での通行に限って言えば、車のソレとは違った事になる場合も多い。
用心して少し早めに家を出発。

出発そうそう辺りの様子がおかしいのに気が付く…

濃霧である。

少しぐらいの霧は残暑厳しいこの季節に非常に嬉しいのだが、気温も低めである上に、霧が非常に濃い。つまり、寒い上に、濡れるのだ。

それも、輪行前にである。

おひおひ。。。いくら何でもコレはないだろう。と、ぼやいていても埒は開かず、諦めて先ずは利根川を跨ぐ新昭和橋に到着。

新しい昭和橋は、綺麗な歩道があり非常に安全に渡る事が出来ます。
利根大堰とは大違いである。
ちなみに大堰のあれは、歩道ではなく、非常通行路であると私は勝手に判断している(笑)

さて、昭和橋を渡ると、河川管理道路が左岸下流へと続く。
走った事も無いが、とりあえず道路らしいので進んでみる事にする。

正直言いまして…東武線の鉄橋、東北道の橋に阻まれてダート走行を余儀なくされます。濃霧で濡れているのもあり…非常に不快(爆)

何とか、板倉東洋大学前駅に到着です。

その距離28kmとちょっと。
思ったよりも距離が無いですね。
先週も板倉で乗れば良かった。

現在6時半…。
電車の時間まで1時間半も余裕が…

って事で、すぐ近くに渡瀬遊水池がありますので、そちらにハンドルを切ります。

その距離…500m…orz
こんなに近いんだ。

すぐに中央エントランス方面へ行ってみますが、早朝にもかかわらずサイクリングに勤しむ方々が…周回路もあるようで、とても楽しそうな感じでした。おっと、遊水池遊びは程々にして、日光への歩みを進めます。

板倉東洋大学前駅に戻って輪行準備。

さて、ようやく出発です。
先週のメンバーに新たな笑顔が…3Kさん!お久しぶり!!





DSC07052.jpg

またまた1時間の短い列車の旅…。
それこそ、会話の途切れる間もなく日光駅に到着です。
先週と同じようなショットですね。

今日はまぁ…何とサイクリストの多い事でしょうか?
見回すと、10人近くの方が…。
一列車が到着してその数ですから…。今日は何人の方が日光入りした事やら。




DSC07054.jpg

またまた先週に続き、ガストの朝定食で補給して出発です。
今日はR120からR122を経て自宅へ戻るルートを走る予定ですが、昔の記憶を辿ると、距離100km強、時間は車で2時間だった記憶があります。
(平均速度を計算しないで下さいませ…時効時効〜♪)





DSC07055.jpg

R120を無事に走り終えて、R122への分岐です。
さて、これから日足トンネル上の旧細尾峠へアプローチを取ります。

が!

どうも記憶が曖昧で、何処が旧道の入口だか分からなくなって1qばかり迷走。皆様には大変ご迷惑を…。

山は、勾配もそれほどキツくなく、この私でさえも会話を楽しみながらの林間サイクリングを楽しむ事が出来ました。
(本当はゼ〜ハ〜していて、楽しい会話どころでは無かったとは、口が裂けても言えないのだ。。。。)




DSC07058.jpg

時に、颯爽とダンシングを楽しみつつ、軽やかにヒルクライムを楽しむ某赤ワ○氏。
本当に楽しそうですね。




DSC07059.jpg

そして、峠を上がる事12q
ようやく頂上です。
マッタリ走ったと言っても、小1時間の間で対向してくる乗物と遭遇したのはスクーターが一台っきりです。
その間、静寂と落ち葉をタイヤが踏む音だけが山間の道を占領します。

標高1193m、上り始めが740m程度ですので、平均勾配3.8%程






DSC07061.jpg

古い天然石を加工した間地擁壁は苔生し、1978年以降30年近くに渡って新たに整備されずに放置されている過去を感じさせます。

どうやら、この峠はすっかり夏を通り越して、秋の装いを身に纏っているようです。




DSC07062.JPG

私的にとても興味在る、かなり過去の側溝。
現場打ち側溝にしては、かなり高精度で施工されており、骨材の質も一見したところ良好であると思われる。

苔の生え方も満遍なく、コンクリートの中性化がかなり進んでいるが、風化や凍結の影響を考えると、原料段階の素性の良さが伺い知れる。





DSC07064.JPG

細尾峠の旧道を足尾に下ります。
上りは12qもありましたが、下りは日足トンネルのすぐ脇に出ます。
標高880m、実際距離は4qしかありませんので、約7.8%…。
こちらから登らなくて良かった…ホッ。




DSC07065.jpg

味わいのある看板…『長い長い〜峠道』
でも、味わえるのは、4q行ってからです(注)




DSC07067.jpg

R122を下ります。
基本下り基調ですんので、曲がれる程度に、制限速度を超えない程度に楽しみます。
あっと言う間に、草木ダム…。
ダム上流の草木橋にて。




DSC07070.jpg

すっかりお昼を過ぎて、そろそろ飢餓状態に…。
立ち寄った草木橋の近くでひゃく氏が『喜龍苑』なる定食屋さんを発見。
こういう食に関して一番信頼おける頼もしい氏の意見は、宝くじに等しい観光地の美味しいお店で当たりクジを引く可能性を格段に高めてくれる反則アイテムのような存在です。




DSC07068.jpg

案の定。(笑)
入ったお店は、古民家を改造したような民俗資料館ちっくな定食屋さん。

私はトトロトロロ定食をオーダーしましたが、これも…アタリです。

もっとも、何方が頼んだ定食にしてもボリューム満点で旨そうなモノばかりで、観光地として飯を食っている地方であるのに、なかなか貴重なお昼スポットでした。




DSC07071.jpg

さて、草木ダムをバックに記念写真。
まぁ、行きがけの駄賃って事で、お決まりの行動ですね。(笑)

ここからは、下りと上りを行ったり来たりの足に来る山坂道です。

下りはまだしも、上りはかなり堪えます。
道路事情も段々大型車も増えて、パスされる時に意地悪をされるようになって来ます。
んな、上りで排気ブレーキガンガン掛けてガス放出ッス。
臭いの煙いのなのって。。。
こっちだって、あんたの通り道を塞いで訳ぢゃねぇっての。(泣)

そのうちに、誰が始めたかアタック合戦花盛り。
私も足も終わりが見えているにも拘わらず、ヘロヘロと付いていく。

いやぁ…もうご馳走様です。





DSC07072.jpg

そしてそんな坂で千切られている合間の一コマ。
わたらせ渓谷鉄道…。わ89-300気動車…いい味出してます。

乗れば良かったかも…。


そんなこんなで、桐生から熊谷まで皆様をお連れしてお役ご免。
家路へ急ぐ方、温泉でゆっくり体を癒す方、それぞれでございました。


それにしても楽しい一日でした。



本日の走行 147.89km
posted by lantur at 21:06| 埼玉 ☁| Comment(14) | TrackBack(1) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1日中ご一緒は初めてでしたね。
ナンかそんな感無しでした。
また連れてってくださいね。
Posted by 3K at 2006年09月02日 21:56
連チャンの遠征お疲れ様でした
わたらせ渓谷鉄道も
しっかり押さえておられますね!!
Posted by やじ at 2006年09月02日 22:14
>3Kさん
まさにそんな感じでしたね。
しかし…ロード数ヶ月とは思えない動きに、若人トホホでした…。

>やじ様
勿論、渓谷鉄道もジッと拝見しましたよぉ〜
乗ってみても良かったのですが、ダウンヒルの魅力に敵いませんでした。
Posted by らんた at 2006年09月02日 22:26
お疲れ様でした。いやーこりゃ楽しいね。
癖になっちまう!(笑)
Posted by ひゃく at 2006年09月03日 11:03
まいど!昨日もお世話になりました。
町に下りてからの道はマニアック過ぎてさっぱり解りませんでした(笑
Posted by あか at 2006年09月03日 19:19
行ってないけど、癖になりそう(笑)
早くご一緒したいです、輪行ツーリング!
Posted by よっち at 2006年09月03日 21:18
平均3.8%は身体に優しいですねぇ
輪行袋注文しましたが、いつ来るのやら(謎
Posted by テツ at 2006年09月03日 23:00
>ひゃくさん
こちらこそ、お世話になりました。
途中、山道では先頭ばっかでスイマセンでした。
また、ご一緒して下さいませ。

>あかさん
まいど!ッス
群馬は車多いですから…なるべく車の無い所を移動です。

>よっちさん
どうせ癖になるんでしょ〜。
よっちさんは輪行は鉄オンリーね。
約束ね〜♪

>テツさん
そそ。体には優しいっすよ@細尾峠。
それに輪行…ヘロヘロでも取り敢えず帰り着きますからね。安心っしょ?
Posted by らんた at 2006年09月03日 23:30
2週続けての遠征お疲れさま(笑)。
楽しそうですねえ。
今、ヒルクラ練習中ですので、もうちょい走れるようになったらお仲間に入れて下さいね。
Posted by unidon75 at 2006年09月04日 01:15
どもどもでした!
東武日光はそのうちサイクリストだらけの予感(笑)
Posted by 赤いワニガメ at 2006年09月04日 12:31
赤ワニさんの後姿、、かっこいいですね〜(^。^)

輪行も楽しそう・・・
Posted by オリオン at 2006年09月05日 06:41
>unidon75さん
いへいへ。白石に這い上がれるなら行けますからご心配無く〜♪
今度誘っちゃいますよぉ〜

>赤いワニガメさん
何だかあの楽しさを覚えたら…
ヤバイ〜中毒になりそうな予感…

>オリオンさん
赤ワニさん自転車も相まって格好いいっす。
でも後ろからしか見られません。
(泣)

Posted by らんた at 2006年09月05日 06:45
御飯がとってもうまそう。「トトロ定食」私も食べたいです。
足尾というと足尾銅山=田中正造でしたっけ?
その足尾ですかねぇ?
それにしても輪行楽しそうだ(^^)
Posted by kuma at 2006年09月05日 08:06
>kumaさん
おっほっほ。
トトロちゃいますね。トロロッすね。

足尾=田中正造です。
悲しい日本で第一号の公害です。
谷中も含めて、今もその傷跡が痛々しいです
Posted by らんた at 2006年09月05日 12:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

リピーター
Excerpt: 昨日2日(土)は、またまた日光へ行ってきました。 金曜夜ほろ酔い気分で帰宅。ふと携帯にお誘いメールが。 こりゃ大変。目覚ましをセットしてすぐに就寝(笑) 翌朝爽やか?に目覚め大宮駅を目指す。..
Weblog: 浮雲一筆したため候
Tracked: 2006-09-03 11:04