2011年10月16日

お近くはカブで…

自転車、釣り、焚き火と色々と欲張ると、なかなか全てを満遍なく楽しむのはなかなか難しいのだあった…。

このところ、赤株1号に乗る機会が少ないので、ちょいと15kmばかり先の用事を済ませに乗ってみる。


普段なら自転車でスイスイと行けば良いのだが、少しの間ではあるが駐輪する事もあり昨年もランドナで来ていながら、少し心配しながらの用事足しだったので、株ならラクができそうだ。

と、雨も上がった10:30出撃!

同然、30分も掛からずに目的地に到着…が、時間が余ったので付近の散策に出掛ける。 

江南の塩地区の例の古木…今は木々の緑も鮮やかで、冬の寂しい風景とは違って、『この木なんの木?気になる木』状態。巨木の木陰で昼寝したいぜ…と思ったら、木のウロには黄色スズメバチの巣が…orz まぁ、冬になれば居なくなっちゃうでしょうから。また来年。 スズメバチも益虫ですからね。

巨木の裏をウロウロしていると、間伐が行き届いて綺麗な杉林が…
しかし…、杉林の中に妙にヘンなお椀型の盛り土が…

いかにも自然物ではありませんと言わんばかりの様子に進んでいくと…塩古墳群だそうです。存在は知っておりましたが、目にするのは初めて。

とても静かな杉林の中に佇む墳墓…ヘタに賑やかに観光地化した近所の古墳よりとてもお墓してていいぞ!。ワシはこっちの方が好きだな。

 

帰宅したら大きなダンボールが…アウスタさんから〜♪

これで旅準備出来ちゃいました。

どっか行きたくなっちゃいますねぇ。

posted by lantur at 20:30| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | (株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カブとかよくわかんないんですけど、
らんたさんのは砂利道時代の雰囲気のするバイクですね。
川本育ちですが、塩古とか初耳なのでw
行ってみたくなりましたよ^^
Posted by なおきち at 2011年10月16日 23:09
>なおきちさん
塩地区は、武蔵丘陵がその面影を残している場所の一つだと思います。
山里と雑木林、そして溜め池と小川…
いつまでも変わらないで居て欲しい風景です。
Posted by らんた at 2011年10月17日 00:37
ホントですよね、いくつも趣味があると満遍なくって難しいです。
年に一度とかってのも多くなっちゃって。
カブのパーツもいろいろ買ってますね。
早くしないと寒くなっちゃいますね。
カブでキャンプツーリングで焚火ってのがいいのでは。
Posted by サトシ at 2011年10月17日 16:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック