2011年08月12日

梅ちゃんのご機嫌伺い

梅本線を再登坂してみる

何度か登ると楽になるんじゃね?と希望的観測。


結論から言うと…答えは…『一昨日きやがれ!』

はい、顔洗って出直して来ます。

途中水場でゴシゴシ。

う〜ん。なんかリズムの掴みにくい峠道なのだ。

昔の道というのは、登山道も含めて徒歩での往来が基本であり、その延長として道路は開削されて今の姿になったモノが多い。

こんな道なんて、昔からの道だったりして…雰囲気も全てヨシ

しかし、完全に新設されている林道の多くは、道路構造令なる数字から道を作る方法によって整備される事が多い。

そのしっぺ返しは、悪天による道路破損の被害が物語る。

昔から使われた道の方が痛みが少ないのだ。

理由は簡単…ダメなルートは無理して道路にしていないから。

当時の道路構築の技術も工事を行う人達の知識も稚拙だから、先代や祖先の教えを守っていたので、例の震災被害も昔の道の被害が少なかったようだし。

梅本線…どうも昔の道って感じがしない。

作り物っぽいのだ。

特に新しく舗装になった区間から先ね…。

って事で、梅本線のご機嫌を伺ったのだが…ご機嫌斜め。

仕方なく、GLを定峰まで縦走。

県道を下って久々のラジュモハン。

最近自転車海苔の方の人気はチャスカの名を良く耳にするが、吉見まで腹が持たねぇ。。。と、ランチを胃袋に納めて、デザートを求めて裏松−横松と炎天下をすっかり忘れて自殺志願。

山田屋さん家に着いた時には、日干し状態。

冷たいイチゴで乾物を戻して終了!

最近山田屋さんの欲求多いなぁ。。。。

posted by lantur at 16:08| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック