2011年03月11日

三流以下の…

超巨大地震が引き金になって…

建物の倒壊被害による災害

10m越える大津波による災害。

犠牲者1万人強…

運良く難を逃れた人々に追い打ちを掛けるように、4基の原発が大津波の影響で次々トラブルを起こして放射能被害が地元近隣を襲うかも知れないという絶対絶命のピンチ…


作家がこんな災害偶発連鎖小説を真面目顔して執筆したら、いくらストーリー立てをしっかりても、担当者に『こんな突飛な事…起こるわけない…もっと現実味のあるストーリーじゃないと読者は頷かないよ…この作品は三流以下だね…』と言われるだろう。平成23年3月11日までは…

でも、恐ろしい事に、そんな現実味のない無理矢理作ったようなストーリーが今、現実となっている。

小説と違うのは、決してヒーローやヒロインは一人ではなく、被災された方々全てが大変な思いで頑張っているという事。

そして、決死の覚悟で一線を越えないように不眠不休で命を張っている企業戦士やJSDF…

頑張って下さい。

ワシに出来る事はそれほど多くないけど…
■節電します。
■募金しました。
■カードポイントは被災者還元に回しました。
■仕事頑張ります。
■買い占めしません。
■停電我慢します。

一刻も早い被災地の復興と、被災された方の生活の安定が訪れますよう願っております。

posted by lantur at 21:08| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 譫言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやあ…
三流パニック映画ばりでも深刻ですよ

いつ帰れるかが…
判らないのが
Posted by LEMOND乗り at 2011年03月18日 19:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック