2011年03月04日

MTB………。-9

塗装も乾いて…多少梨地だが(笑)パーツの組み付けに取りかかる。

先ずは、重要な部品のひとつであるヘッドパーツ。
こいつを組めばフォークも刺せるので、自転車として形が出来る事になる。


このヘッドパーツを組むのが一苦労。いわゆる圧入という作業が発生するのだ。

車のハブベアリングとか、サスペンションブッシュと同じく、強い力で金属の筒にベアリングの入ったアルミのassyを押し込むのがその作業。

実際は、ネジを回すトルクを利用してヘッドチューブにヘッドパーツを押し込むだけの事ですが…ww

ヘッドパーツを組み込むと、フォークも装着出来るので、ようやく形になります。

なんとなく、マウンテンちっくに…ww

さて、週末には組立本格化!

posted by lantur at 07:35| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 物欲の虜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
このフレームは、塚本岳が作ったダスティーのリボルバーですね。
Posted by 7070 at 2011年07月21日 13:27
7070様
70様と同じ方でしょうか?
素性が分かって良かった。
ありがとうございます。
Posted by らんた at 2011年07月23日 00:58
こんにちは。
同じ内容を2回書き込んでしまいました。
すみません。
お役に立てたみたいで、良かったです。
Posted by 7070 at 2011年07月25日 12:51
>7070様
いえいえ。
そんな事より、ホント役立ちました。
何と言っても、リプレースエンドが手に入るって素晴らしい話ですからね。
7070様には後光が差して見えます。
Posted by らんた at 2011年07月25日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック