2010年08月14日

上都賀紀行

久々に輪行したい…そんな欲求に即座に答えてくれる友人を持っているのはとても贅沢な事なのだ。

前日に、輪行すべ…とメールしてあれよあれよと適当にルートを選定して、さっさと乗り合う電車を決める。

輪行に必要な最低限の取り決めはそれだけ。
相手の足や行動がわかれば、それだけで必要十分なのだ。

板倉東洋大前駅から東武日光行きに飛び乗る。
本日の下車駅は、樅山駅(もみやま)です。
当初有人駅かと思いきや、無人駅でした。
磁気カードも使えるのは意外…当たり前かww

残念ながら少し霧雨…山は霧に煙って見えません。

粟野のr15を進みます。
進みますというより、コレより他にルートありません。
車の量はそこそこ多いですが、道幅も十分にありまったく恐怖感はありません。

本日のくろすけ(RFX8)
フロントフォークをレイノルズのOuzo-proに交換して初めての本格的なお山の堪能です。

粕尾川を遡るあたりから、雨も止んで蒸し暑く…orz

本日の一発目。【粕尾峠】

アプローチのダラダラ坂の方が萎えます。
定峰のレッドカーペットのようですww

この1〜38ぐらいまで上りとなりますが、九折れが入るので比較的走りやすい。

しかも、木陰が多く涼風に身も心も癒されます。
う〜ん。来てよかった。

知らない間に粕尾峠のピークハントを逃す…
でも、はっきりココと分かるだけに、看板ぐらい有ってもいいなぁ。

次に訪れたのは、今や日足トンネルの旧道としての認知しかされていない、細尾峠。
日足トンネルができたお陰で、細尾峠の名前も歴史の闇に包まれる日もそう遠くない感じだ。

足尾側からピークまではおよそ4km
300m程の高度を一気に駆け上がる。

途中にこんな看板が…ゲップ…

程なくして、細尾峠到着。
鞍部を割った峠には、足尾側から心地良い風が吹き抜ける。

苔生した石積擁壁が、日足トンネル開通からこの峠の時間が止まった事を物語る。

火照った身体を涼風に晒し、汗もようやく止まった。
さて、ダウンヒル8kmをこなして、日光入りだ。

お盆休み中という事もあり、日光界隈は比較的人が多い印象。
高速割引が適用されている日だけあって、車の数が多いが、駅は割と閑散としている気がする。

郊外の温泉に浸かって、まとわりつくような汗を流す。

4時前の電車にゆられて無事に出発駅に到着。

約80kmの素晴らしい上都賀紀行でした。

posted by lantur at 19:59| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
14%はいらんがよいところっすね
輪行のやりかた覚えてっかな 心配だw
Posted by テツ at 2010年08月14日 22:19
>回腸
なかなかいいべ?
板倉に車を留めれば簡単にイケる
Posted by らんた at 2010年08月15日 07:48
涼しげで雰囲気のいい道ですね〜
車デポでそのうち行ってみたいっす

「長い長い峠道」・・
行けば難儀するのは間違いなさそうだけど
魅力あるコピーっすねw
Posted by く〜ま〜 at 2010年08月15日 09:10
おちかれさまでした

朝はバタバタとすんませんm(__)m

思ったよりいいコースで楽しいサイクリングを堪能できましたよ。
距離は少なく感じますが、スケジュール的にはちょうどいいかもでしたね。

またよろしくです!
Posted by ワニガメ at 2010年08月15日 12:09
>く〜ま〜さん
難儀する?いへいへ。
楽しんで苦しんで峠まで頑張ればいいんですよ。個々に楽しみを見出して行けば面白いハズです。

>ワニガメさん
うふふ。いいんですよ。
結局辻褄は合ったわけですから。
また、お付き合い下さい。
Posted by らんた at 2010年08月18日 06:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック