2010年05月02日

谷間に泳ぐ鯉

埠頭を渡る風ならぬ、山の谷間を泳ぐ鯉がいるらしい…それもウジャウジャ

風に泳ぐ鯉と言えば、鯉のぼり!

最近は家庭用のお蔵入り鯉のぼりが、神流町のように数珠繋ぎに空を泳ぐのも珍しくない。

けど、秩父市久那の巴川町会が掲揚しているのは一味違うらしい。

田中のファミマ0800集合という久々の早起きモードに少し不安を持ちつつ何とか起床。0630出発して嵐山経由でときがわにハンドルを切る。
槻川を越えたら後ろから忍びの気配…

『おひさし鰤〜♪』

久々にケンちゃんにお逢いする。キャノの炭バイクがパワフルなライディングが身上の彼にピッタリの感じだった。

とりあえすファミマまで同行。ファミマで仲間と再連結して出発。

西平を過ぎて少しずつ勾配が増すと、それだけで苦しいワシ…orz
白石入口を過ぎると、更にキツイ…大野線の入口までの1kmがもっとキツイ…と思っているのはワシだけ?

結局大野線に上がるまでに出来上がっている訳で…まぁ、出来上がっていなくても同じような結果なのは否定せんが…

ヤギに出会ったら勾配が緩くなるって…アプローチの方がキツイ峠ってのはナンだよって…思いません?

ヘロヘロなんですが、怪鳥が休ませてくれません…

這々の体で大野峠まで上がると、思い思いの自転車にサイドバッグを装着したキャンプ少年達が沢山〜♪
微笑ましくてニコニコしながらスルーしようとすると、明るく『コンニチワ〜』と挨拶を頂きました。清々しいぞ!若人ガンバレ!

丸山林道を下る…こんな長かったっけ?
久々に訪れた丸山はヘタれた身体にキツかった。。下りなのに…

下りきったら、羊山公園は今の盛り芝桜の見学渋滞。
車、車、車、人、人、人…酔いそうだww

裏道使って荒川渡って…久那の巴川町内に入ると、激坂ですww
死人に鞭打つと言いますが、強盗にポケットの奥からへそくりを鷲掴みにされて持って行かれた気分ですわ。。。なんのこっちゃ。

という訳で、谷間を泳ぐ鯉のぼりな訳です。
大きさが分かり難いですが…この鯉のぼりデカイですよ。かなり。
5mクラスでしょうか?

一般家庭には掲揚できないサイズです。
いわゆる裕福な家庭サイズの鯉のぼりウジャウジャです。。ヤッホー

という事で、昼飯です。

孫悟空さんというチャイナです。

とても美味しかったのですが…空腹にワレを忘れて、写真を取り忘れた事に気がついたのは、完食後でございました…orz

秩父で満腹になっての帰り道というのは、何故か丸山林道なんですよねぇ。
誰が決めたんでしょ?まぁいっか。

という事で、思い腹を抱えて丸山上りましたよ。はいはい。
途中でトレランの男の子に抜かされました…orz

その後は、大野峠−高篠峠−西平−ときがわって感じでヘロヘロで帰って来ましたとさ…

あ〜ちかれた。GWはあとどこに行こうかノヲ…

posted by lantur at 23:00| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なな、なんと「ユルさは保証付企画」の謳い文句なのに
登りか下りしかないようなルート設定ではないですかっ!
恐るべしFL企画(笑

おつかれさまでした〜!
Posted by く〜ま〜 at 2010年05月03日 08:52
私も3日に丸山林道に始めて行ってきましたが、
大変きつかったです><

FLの「ユル企画」っていつもこんなんですか?
これは私にとっては「ハード企画」ですww
Posted by K田 at 2010年05月06日 07:29
いいんですよ。
集まった人見て場所とルート変わりますからww
ワシの平地哀願を切り捨てて、怪鳥がチョイスした丸山ですから…ww
Posted by らんた at 2010年05月06日 07:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック